通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
(085)自己愛モンスター (ポプラ新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 多少のスレ等ありますが、中身はきれいな状態です。.お届けした商品とコメントに大きな相違がある場合速やかに対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

(085)自己愛モンスター (ポプラ新書) 新書 – 2016/3/1

5つ星のうち 2.3 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書, 2016/3/1
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 204

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • (085)自己愛モンスター (ポプラ新書)
  • +
  • 他人を攻撃せずにはいられない人 (PHP新書)
  • +
  • プライドが高くて迷惑な人 (PHP新書)
総額: ¥2,462
ポイントの合計: 76pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ふくれあがった「自己愛」が暴走し、やがてモンスターに……。
現代社会では、誰もが自己愛にとりつかれる危険性がある!

自分の欲望をコントロールできずにトラブルを起こす人が増えている。拒否する相手を追い回すストーカー、店員に土下座を強要するクレーマー、医師や看護師に暴力を振るうモンスターペイシェント……その根底には「自分は特別な存在」という自己愛が潜んでいる。
三鷹ストーカー殺人事件、スマイリーキクチ中傷被害事件、PC遠隔操作事件、STAP細胞騒動など、広く知られた事件やトラブルを通して、自己愛がふくれあがって暴走する仕組みを、気鋭の精神科医が解き明かす!


内容(「BOOK」データベースより)

ふくらみすぎた「自己愛」でまわりが見えなくなっていませんか?自分の欲望をコントロールできずにトラブルを起こす人が増えている。拒否する相手を追い回すストーカー、店員に土下座を強要するクレーマー、医師や看護師に暴力を振るうモンスターペイシェント…その根底には「自分は特別な存在」という自己愛がある。自己愛がふくれあがる仕組みと背景を、気鋭の精神科医が解き明かす!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 180ページ
  • 出版社: ポプラ社 (2016/3/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4591149463
  • ISBN-13: 978-4591149461
  • 発売日: 2016/3/1
  • 商品パッケージの寸法: 17.5 x 10.9 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.3 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 94,471位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.3

トップカスタマーレビュー

事件などをケースとして書いているので読みやすかったです。

本を読んでもいない人がレビューを書くって何?

あなたも自己愛モンスターなのでは(笑)
1 コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
近年起きた事件を題材に、自己愛が膨れあがり、暴発する仕組みを解説した書。

恐らく、この膨れ上がり、暴発する、というメカニズム自体はそれなりの論理があるのだと思う(このような書き方になるのは、著者の他の書と一緒で、誰がどういう形でその仕組みを説明しているのか、という論拠が一切示されないため)
しかし、それを実際の事件の犯人、中心人物に無理矢理に当てはめるため、ただのデタラメな本になっている。

というのは、著者は、その犯人や中心人物に一切、接見をせず、さらに、その人物について自分の目で取材などをすることも一切せず、ただ「こうだったのだろう」「こうだったと思われる」「こうだったかも知れない」と憶測を重ねているだけだからである。その上で、「こうなのだ」といきなり断定口調の結論になってしまうためである。
どのような内容なのか、他の方のレビューでも名前が挙がっているSTAP細胞騒動の中心人物、小保方晴子氏についての部分を紹介してみる。

まず、著者は小保方氏の生育暦について次のように綴る。
「子どもの頃からあまり叱られず育てられたのではないか」「失敗しても許されてきたのだろう」
ハッキリ言って著者が「思っただけ」。何も調べていないのに、なぜか著者は、叱られたりすることなく育てられたという前提
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
現代の様々な社会問題を作者がこういう心理状態であると勝手に決めつけていく、そういった感じの内容でした。
お世辞にも為になるとは言えません。読んでいると少しずつ腹が立っていく本は久しぶりです。

そして文章の中に作者の思想といいますか、フェミニズムがところどころに見られます。
男性は凶暴でストーカー気質、大量殺人犯、危険。女性はストレス耐性が高く優秀、男性と違って割り切っているので強い。
といった感じでしょうか。
それだけでしたらよくある女性の男性叩きだろうと流せたのですが個人的にどうしても許せない部分がありました。

秋葉原の加藤容疑者は教育熱心な母親の愛のスパルタ教育を受けていたのに人間としての能力が低いため進学先で落ちぶれ、社内でも居場所をなくした。その落ちぶれた個人的な怒りを秋葉原事件に向け多くの人間を殺害した。あまつさえ自身の能力の低さを母親の教育のせいにした弱く最低な男だ。男は大量殺人を犯すので危険、女性は強いので大量殺人なんてしない。

と要約するとこのような内容が書かれております。

彼の詳細については(あまりに悲惨なので)ここでは省きますが、少しでも加藤容疑者について調べた方であれば彼の母親が常軌を逸した、現代であれば即児相と警察が介入するであろう
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
自己愛について興味があり購入した。確かに自己愛の肥大は人間関係に悪影響を及ぼすが、作者が会ったこともない犯罪者たちが自己愛によって犯罪を犯してしまったとはいいすぎであろう。自己愛の理解が深まるどころか、犯罪者と自己愛の関係の理解という別の方向にいってしまい、途中からシラケてしまった。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告