この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

007 ゴールデンアイ アルティメット・エディション [DVD]

5つ星のうち 4.3 65件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:6¥ 272より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でゴールデンアイ (字幕版)を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【20世紀FOXストア】 『デッドプール』、『X-MEN』、『ダイ・ハード』、『007』、『24 -TWENTY FOUR-』、『glee/グリー』ほか、新着タイトルや人気ランキング、海外TVシリーズ情報など

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ピアーズ・ブロスナン, ショーン・ビーン, イザベラ・スコルプコ, ファムケ・ヤンセン
  • 監督: マーティン・キャンベル
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Limited Edition, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日 2006/11/22
  • 時間: 130 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 65件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000IU38NI
  • JAN: 4988142421623
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 84,136位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

007シリーズ第17弾。
ピアース・ブロスナンが5代目ボンドとして華麗に登場!


<キャスト&スタッフ>
ジェームズ・ボンド…ピアース・ブロスナン(神谷 明)
アレック・トレヴェルヤン(006)…ショーン・ビーン(小川真司)
ナターリア・シミョノバ…イザベラ・スコルプコ(塩田朋子)
ゼニア・オナトップ…ファムケ・ヤンセン(弘中くみ子)

監督:マーティン・キャンベル
製作:マイケル・G・ウィルソン/バーバラ・ブロッコリ
脚本:ジェフリー・ケイン/ブルース・フィアスティン

●字幕翻訳:戸田奈津子 ●吹替翻訳:佐藤一公

<ストーリー>
ボンドは強奪された兵器「ゴールデンアイ」の追跡調査のためロシアに向かう。だが、そこには世界経済破壊計画を遂行する国際犯罪組織「ヤヌス」の陰謀が。しかもボンドを待ちかまえていたのは、任務遂行中に死んだはずの006だった……!

<特典>
【Disc-1】
●マーティン・キャンベル監督とマイケル・G・ウィルソンによる音声解説

【Disc-2】
●MI6:機密書類保管庫:
(1)未公開シーン集――マーティン・キャンベル監督のイントロ付き
(2)マーティン・キャンベル監督の記録
(3)より最高のボンドを生み出すために
(4)帰ってきたボンド:プレスへの製作発表
(5)カー・スタントに魅せられて:レミー・ジュリアン
(6)スタント大解剖:戦車VSペリエ
(7)模型作りの天才:デレク・メディングス
(8)ピーター・ラモント ロケを語る
(9)シークレット・ファイル
(10)シークレット・ファイル――キャスト紹介
(11)ストーリーボード:冒頭シーン――マーティン・キャンベル監督の音声解説付き
(12)クレジット
●秘密任務:
(1)007の履歴書
(2)ボンド・ガール
(3)味方
(4)敵
(5)アクション・マニュアル
(6)Qの秘密兵器
(7)魅力的なロケ地
●任務遂行レポート:
(1)ドキュメンタリー:“ザ・ワールド・オブ・007”
(2)メイキング・オブ・『ゴールデンアイ』
(3)パブリシティ用映像
(4)ミュージック・ビデオ“ゴールデンアイ”byティナ・ターナー
●007プロパガンダ:
(1)オリジナル劇場予告編集(2種)
(2)TVスポット集(12種)
●イメージ・データベース:1995年『ゴールデンアイ』

Amazonレビュー

   ロシアのオウルモフ将軍がロシアン・マフィアの美女ゼニアと組んで、「ゴールデンアイ」と呼ばれる電磁波攻撃用の衛星システムを入手した。そしてロンドンが標的に。ボンドがロシアへと飛び立つが…。
   歴代ボンド役者の中で、もっともセクシーでスマートと評判を取った、ピアース・ブロズナンの第1作。プエルトリコ、スイス、サンクト・ペテルブルグ、モナコ、リヴィエラと、世界を半周するようなエキゾチックな地域が舞台となる。ボンドを助けるヒロインにイザベル・スコルプコ、そして妖艶な悪女にファムケ・ヤンセンと、新たなボンド・ガールたちも快調だ。そしてお約束の、目を見張るカーチェイス、断崖絶壁から飛び下りるバイクと見せ場が満載。中でも度肝を抜くのは、ボンドが戦車を奪いレンガの壁をぶち破るアクションだ。(アルジオン北村)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
ピアース・ブロスナン主演のスパイアクション映画。1995年公開で原題は「007 Golden Eye」。6年振りに製作された007シリーズで5代目のピアース・ブロスナンに交代しています。製作スタッフや、OPのシーンが変わってたりと新生007と言える作品です。派手なアクションシーンがガンガン盛り込まれるのが嬉しい。残念なのは登場人物が多過ぎてこんがらがる点。もう少しスッキリさせれば肝心のストーリーが分かりやすいのにと思いました。ナターリア役のIzabella Scorupco、ゼニア・オナトップ役のFamke Janssen、マネーペニー役のSamantha Bondなど美女揃いでした。

ボンドはバンジージャンプでダムから飛び降りてソ連の化学兵器工場に潜入。親友の006ことアレックと合流して爆弾をセット。アレックがウルモフ大佐に見つかって銃を突き付けられ、そして射殺されてしまう。ボンドは急いで脱出してセスナ機を奪い逃走。一時、引きずり落されてしまうが、バイクで追いかけて飛行機と一緒に崖からダイブ。空中で飛び乗って急上昇し爆弾が起爆して燃えさかる工場を後にする。
9年後、ボンドはドライブ中に煽って来たゼニアという美女とチェイス。その後、カジノで再会して素性が気になったのでこっそり撮影して本部に確認を要請。ゼニアは旧ソ連のパイロットで犯罪組織ヤヌスのメンバ
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
自分が初めて観た007だったので懐かしくなり購入しました。
丁度このシリーズからMが女性のジュディ・デンチになっており
自分にとってもジュディ・デンチのMが一番のお気に入りです。
いまでこそ、ダニエルグレイグのボンドが一番のお気に入りですが
それまではブロスナンのボンドが好きでした。
改めてゴールデンアイを観て当時の映像技術の高さや世界観の広さに
シリーズとして一番最初に観れたのは幸せだったと思う。
他のブロスナン007シリーズを購入してしまいました(笑)
寝不足な日が続きそうです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
映像の質感に始まり、特に接近戦でのアクションシーンは二作前からのティモシー・ダルトン期で酷かった描写が完全に払拭され、本来の素晴らしい緊迫感を感じさせてくれました。戦車でのカーチェイスシーンは流石に圧巻の迫力で、このシリーズでしか描き出せないゴージャス感まで含まれていることが実に見事でした。

残念だったのは、本作でもダブルヒロインを呈していましたが、そのどちらもが前作よりも大幅に良くなった感はあるものの、やはり物語に対して不足を感じずにはいられませんでした。特にファムケ・ヤンセン演じるクレイジーなオナトップという役に至っては、脚本の問題がほとんどかとは思いますが、本筋に対して噛み合っておらず、見ていて理解不能になる展開が多すぎました。もう一人のイザベラ・スクルプコ演じるナターリアという役もだいぶマシではありながらも同じ感が否めず、キャスティング以前に台本を見直すべきではないかと思いました。

制作された年代的に無理もなかったのかもしれませんが、工場全体があれだけの大爆発をしてもなお、まだコンピュータや回線だけは生き残っているという設定には、20年以上経過した今になると誰が見ていてもいくらなんでも無理があるだろうと思うことでしょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/2/24
形式: DVD
アクション物は普段あんまり好きじゃないのであまりみないのですが、
ショーン・ビーン見たさに見てみると意外におもしろかったです。
派手目なアクションがテンポよく入ってきて飽きません。
敵のくせに、レディーに手を上げることはしないショーン・ビーン演じるアレックが何故か微笑ましかったです。
ただ、せっかく敵のボスがボンドの親友であり同僚だったというのに、
それをあまり生かしきれてないようで、おいしい設定なだけに残念でした。そして、主役の二人をさしおいて、敵の女スパイがすごく印象に残りました。早く記憶から消えて欲しいのに(笑)
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
前作終了後、007の製作プロダクションであるイオンプロは版権をめぐり法廷闘争に突入。製作は6年間ストップしてしまう。この間にティモシー・ダルトン氏の契約は終了し、1994年彼は降板を発表した。そして、リビングデイライツで果たせなかった5代目ピアース・ブロズナンが登場となった。

前作がアメリカでズッコけたことから今作ではロジャー・ムーア時代の「誇大妄想」的な要素をもった敵が復活しており、また、ブロズナン氏のロジャー・ムーア的な「戦闘中でも余裕の仕草」も散見される。一方で今作の敵がジェームズ・ボンドと双子のような関係であったり、ジェームズの個人的背景も語られるなど、前任者を引き継いだ部分もある。(ラストの「For England James?イングランドのためか、ジェームズ?No,for me! いや、自分のためだ!」が特にそう感じさせる)この作品以降の三作よりもピアース氏はシリアスな演技だしね。でも、それ以上にアクションをつるべ打ちにテンポ良く演出し、またシリアスさとユーモアをバランス良く配分したマーティン・キャンベル監督(カジノロワイヤルもそうだが、転機となる作品で良い仕事をしている)が今作の大ヒットの功労者ではないかと思う。そうそう、この作品からMが大好きなジュディ・デンチ氏になった。シニカルだけど007の腕を信じている感じが良い。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す