007は二度死ぬ [Blu-ray] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

007は二度死ぬ [Blu-ray]

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,057
価格: ¥ 927 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,130 (55%)
残り16点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 927より 中古品の出品:1¥ 615より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【20世紀FOXストア】 『デッドプール』、『X-MEN』、『ダイ・ハード』、『007』、『24 -TWENTY FOUR-』、『glee/グリー』ほか、新着タイトルや人気ランキング、海外TVシリーズ情報など

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 007は二度死ぬ [Blu-ray]
  • +
  • 女王陛下の007 [Blu-ray]
総額: ¥1,854
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ショーン・コネリー, ドナルド・プレザンス, 浜美枝, 若林映子, 丹波哲郎
  • 監督: ルイス・ギルバート
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日 2015/10/07
  • 時間: 117 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B011QCTIGC
  • JAN: 4988142113115
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 37,517位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

007シリーズ第5弾。WELCOME TO JAPAN Mr.BOND! ボンドが日本で大活躍!

映画の言葉“君を守るのにふさわしい男がいる――私だ”


<キャスト&スタッフ>
ジェームズ・ボンド…ショーン・コネリー(若山弦蔵)
エルンスト・スタヴロ・ブロフェルド…ドナルド・プレザンス(稲垣隆史)
キッシー鈴木…浜美枝(小林沙苗)
アキ…若林映子(八十川真由野)
タイガー田中…丹波哲郎(谷口 節)

監督:ルイス・ギルバート
製作:ハリー・サルツマン/アルバート・R・ブロッコリ
脚本:ロアルド・ダール
原作:イアン・フレミング

●字幕翻訳:菊地浩司 ●吹替翻訳:平田勝茂

<ストーリー>
米ソの宇宙カプセルが謎のロケットに捕獲され、軌道上から姿を消す事件が続発。イギリス謀報部はその妨害ロケットの基地が日本にあることを突き止める。ボンドは日本に飛び、日本の諜報機関に所属するタイガー田中の協力で調査を進めるが……。

<ポイント>
●007シリーズ第5弾。WELCOME TO JAPAN Mr.BOND! ボンドが日本で大活躍!

<特典>
●ルイス・ギルバート監督と製作スタッフ、キャストによる音声解説
●MI6:機密書類保管庫
 ・日本へようこそ ミスター・ボンド
 ・「ウィッカーズ・ワールド」1967年放送のBBCドキュメンタリーからのハイライト
 ・ケン・アダム ロケを語る
 ・クレジット
●任務遂行レポート
 ・メイキング・オブ・『007は二度死ぬ』
 ・ドキュメンタリー:“007のオープニング・シルエット”
 ・アニメーション・ストーリーボード:墜落していく飛行機
 ・魅力的なロケ地
●007プロパガンダ
 ・オリジナル劇場予告編集
 ・TVスポット
 ・ラジオ・スポット集
●イメージデータベース:1967年『007は二度死ぬ』公開当時のフォト・ギャラリー

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ショーン・コネリー主演による「007」シリーズ第5弾。米ソの宇宙カプセルが謎のロケットに捕獲され、軌道上から姿を消す。イギリス謀報部は妨害ロケットの基地が日本にあることを突き止める。“フォックス・スーパープライス・ブルーレイ"。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

 007シリーズは第四作「サンダーボール作戦」で世界的ブームは頂点に達していた。そして第5作の舞台は日本である。これはもう当時のわが国の熱狂振りは想像を絶するものだったろう。おそらくオリンピックを誘致したような大騒ぎだったはずだ。S.コネリーがトイレまで追っかけてくるマスコミに激怒し、そういう非常識な熱狂騒ぎに業を煮やしたこともボンド役を降板した大きな理由にもなったはずだ。ともあれ大きな話題をさらって長期間に渡りロケ隊は日本列島を縦断していったわけである。ところが出来上がった映画の評判は、人力車や忍者や湯女まで出てくる無茶苦茶な日本像をとりあげては「国辱映画」とまで非難されたそうな。
 しかし、この映画の製作からも50年が経とうとしており、シリーズ全般から見直してみると、これほど舞台となる国に敬意をもって描かれた007作品はないのではないかとも思える。意外なことに、ボンド映画で任務の冒頭から最後まで同じ国に留まり、全編そこだけを舞台にしている作品は大変珍しいのである。他の映画では、ひとつの任務の中でさまざまな国の観光名所を回ることがお決まりなのだが、「二度死ぬ」ではプレ・エピソードでボンドが偽装暗殺され水葬にされるまでは香港が舞台、任務を帯びて潜水艦から出動してからは、ボンドの出張先は徹底して「日本だけ」なのである。フジヤマ芸者に終わらず(これだけ日本を舞台にしていて富士
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
先日読んだ「週刊文春」の笑点特集で松崎まことさんの死を知った…。大喜利の座布団配り「燃えよドラゴン」の相撲取り、そして神戸港でボンドを襲う港湾労働者(スペクター名物のNo.は多分無し)。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
007シリーズ中、日本が舞台になる有名な作品です。
ボンドカーは幻の名車トヨタ2000GTを使っています。
当時の日本最高の技術を投入したと思います。
役者も丹波哲郎、若林映子、浜美枝と有名な日本人が登場します。
ブルーレイで見ると補正も無理することなく丁寧にしてあり、綺麗な映像を楽しめます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
内容は人それぞれの感じ方でしょうけど、懐かしさもあって購入しました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告