0課の女 赤い手錠 [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

0課の女 赤い手錠 [DVD]

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,024
価格: ¥ 2,724 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 300 (10%)
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 2,650より 中古品の出品:1¥ 5,442より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 0課の女 赤い手錠 [DVD]
  • +
  • 恐怖女子高校 暴行リンチ教室 [DVD]
  • +
  • 恐怖女子高校 女暴力教室 [DVD]
総額: ¥11,402
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 杉本美樹, 郷鍈治, 荒木一郎, 丹波哲郎
  • 監督: 野田幸男
  • 形式: Color, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • 発売日 2015/03/13
  • 時間: 88 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00Q9KO9KW
  • JAN: 4988101183050
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 77,411位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

【解説・ストーリー】
紅い手錠をトレードマークに、犯人をあげるためには自分の体も武器にする女刑事・零を、主演・杉本美樹が体当たり!

【キャスト】
杉本美樹、郷鍈治、荒木一郎、丹波哲郎

【スタッフ】
原作:篠原とおる
脚本:神波史男、松田寛夫
監督:野田幸男

【公開日】1974年5月公開

【スペック】
●映像特典
◆フォトギャラリー
◆予告編

DUTD03341/COLOR/本編88分/片面1層/1.主音声:モノラル/16:9LB(シネスコ)

【販売元】東映株式会社【発売元】東映ビデオ株式会社

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

篠原とおるのコミックを杉本美樹主演で映画化。特殊任務のために法を無視しても行動する秘密の部署・0課に所属する女刑事の零。彼女は誘拐された次期総理大臣候補の娘・杏子を連れ戻すべく、犯人グループに潜入する。“<東映 ザ・定番>シリーズ”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
今日では新作映画は1本立てで公開されるのが常識となってしまったが、かって日本映画は一部の大作を除いて2本立て興行が基本路線だった。
特に70年代は、大手4社は2‾3週毎に新作を各2本ずつ封切りしていたので、低予算で製作日数が短いプログラム・ピクチャーと呼ばれる映画が量産される事となった。
もちろん、粗悪なものも多かったが、中にはキラリと光る作品がかなりあった。
そして、その殆どが東映とにっかつから誕生したと言うのも、いかにも不良性感度が高い映画たちに目を見張るものが多かった時代性を感じる。
「0課の女 赤い手錠」は、70年代の仇花の如く咲き誇った東映B級プログラム・ピクチャーの知る人ぞ知る傑作だ。

政界の実力者で次期総理を狙う実力者のひとり娘がチンピラたちに誘拐された。
手掛かりが掴めず捜査が行き詰まる中、復讐の為独断専行で犯した外交官殺人容疑で拘留されていた女刑事に白羽の矢が立つ。
彼女の名は零、警視庁のどのセクションにも属さないアンタッチャブルな課に属する謎多き牝犬だ。
人質奪還のみが唯一無二の事項、任務遂行の為ならいかなる手を使い、邪魔な者は消しても構わないとの指令を基に潜入捜査に当たる零だったが、、、。

原作は篠原とおるによる人気劇画、と言ってもピンとこない人は
...続きを読む ›
9 コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告