電影少女-VIDEO GIRL AI 2018-【テレビ東京オンデマンド】

Season 1
 (191)2019ALL
【第13話にて特別編配信中】ごく普通の高校生・弄内翔(野村周平)は、両親の離婚を機に、絵本作家の叔父・洋太の空き家で一人暮らしを始める。学校では同じクラスの美少女・奈々美に密かな恋心を抱いているが、奈々美は翔の親友・智章に好意を抱くという一方通行状態。そんな折、翔は家でテープが入ったままの壊れたビデオデッキを発見。デッキを直し再生すると“ビデオガール・天野アイ”(西野七瀬)と名乗る女の子が画面から飛び出してきて…!?ビデオガール・アイと翔の3か月に及ぶ奇妙な共同生活が始まる! (C) 『電影少女 2018』製作委員会
Starring
西野七瀬野村周平飯豊まりえ
Audio languages
日本語

Watch for ¥0 with Prime

おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

By placing your order or playing a video, you agree to our Terms. Sold by Amazon.com Sales, Inc.

Episodes (13)

  1. 1. 第01話
    January 13, 2018
    25min
    ALL
    Audio languages
    日本語
    ごく普通の高校生・弄内翔(野村周平)は、親の離婚を機に、絵本作家の叔父・弄内洋太(戸次重幸)の空き家で一人暮らしを始める。学校生活では、翔は同じクラスのマドンナ・柴原奈々美(飯豊まりえ)に恋心を抱いていた。しかし奈々美が想っているのは、翔の親友・古矢智章(清水尋也)。翔の気持ちを知る智章は、奈々美の想いに気づかないふりをしていた。 そんな複雑な恋模様にモヤモヤしていた夜。突然、クローゼットの中から物音が聞こえる。気になって扉を開けると、1本のビデオテープと故障したビデオデッキが…。しかもビデオデッキにはVHSが入ったまま。翔は、デッキを直して再生すると、流れて来たのは天野アイ(西野七瀬)と名乗る女の子の映像。しかも突然、画面から中から飛び出してきて…!翔とビデオガール・アイの3ヶ月に及ぶ奇妙な共同生活が始まる。 (C) 『電影少女 2018』製作委員会
  2. 2. 第02話
    January 20, 2018
    25min
    ALL
    Audio languages
    日本語
    25年前、弄内洋太(戸次重幸)はアイ(西野七瀬)と一緒に暮らしていた。かつてビデオガールとして役割を全うしたアイは、ビデオデッキと共に25年間保管されていた。アイの再生時間は3か月。再生後はテープの中に戻るという。戸惑う翔(野村周平)に対し、張り切って朝食を用意するなど、不器用ながら翔に尽くすアイ。こうして3か月限定の共同生活が始まった。そんな中、約束していた奈々美(飯豊まりえ)が家にやって来て…!  (C) 『電影少女 2018』製作委員会
  3. 3. 第03話
    January 27, 2018
    25min
    ALL
    Audio languages
    日本語
    アイ(西野七瀬)の後押しもあり、翔(野村周平)は憧れの奈々美(飯豊まりえ)とデートをすることに。“翔の側にいること”が役割のアイは、こっそり尾行するが途中で見失ってしまう。2人は最初こそ緊張してたが、映画の感想を言い合ううちに少しずつ打ち解けていく。しかも2度目のデートでは「弄内くんと話すの楽しい」と言われ、奈々美の智章(清水尋也)への想いを知りつつも、喜びを隠せない。果たして翔の想いは届くのか?  (C) 『電影少女 2018』製作委員会
  4. 4. 第04話
    February 3, 2018
    25min
    ALL
    Audio languages
    日本語
    翔(野村周平)はアイ(西野七瀬)と外出中、中学の後輩・大宮リカ(大友花恋)と再会。記憶より可愛くなっていることに驚く一方、アイは“懐かしい”という人間らしい感覚を羨ましく思う。奈々美(飯豊まりえ)と付き合いだした智章(清水尋也)は、アニメプロデューサーの清水(村上淳)に、自分たちの作品を見てもらう約束を取り付ける。しかしプロの意見は厳しく、コンクールまで時間がない中、3人は大喧嘩をしてしまう…。  (C) 『電影少女 2018』製作委員会
  5. 5. 第05話
    February 10, 2018
    25min
    ALL
    Audio languages
    日本語
    天野アイ(西野七瀬)と弄内翔(野村周平)の初デートが延期に。弄内翔(野村周平)が描いたキャラクターデザインを見たアニメプロデューサーの清水(村上淳)は、ある目的のために弄内邸にやって来る。清水は、アイ(西野七瀬)の正体を知っているようで、人知れずアイに近付こうとしていた。清水の思惑を知らない翔らは、アニメを見てもらえて大喜び。清水に指摘された音楽をどうするか悩む一同に、アイは音楽をやっていた翔の中学時代の後輩・リカ(大友花恋)に頼んでみるよう薦めるが…。 (C) 『電影少女 2018』製作委員会
  6. 6. 第06話
    February 17, 2018
    25min
    ALL
    Audio languages
    日本語
    女癖の悪いカオル(富田健太郎)が音楽作りのために必要というアイ(西野七瀬)とのデートが始まった。アイのことが心配な翔(野村周平)が2人を尾行していると、後輩のリカ(大友花恋)も後をつけていた。翔とリカはカップルを装い尾行するが、結局見つかってしまう。翔はとっさにダブルデートを提案、しかしカオルは「あくまでも音楽のため。邪魔をするな」と念押しする。次第に気を許していくアイに、翔の心配は募っていく…。 (C) 『電影少女 2018』製作委員会
  7. 7. 第07話
    February 24, 2018
    25min
    ALL
    Audio languages
    日本語
    天野アイ(西野七瀬)が失踪した。弄内翔(野村周平)は必死に探すが、1週間経ってもアイの行方は分からず、翔は体調を崩してしまう。翔に好意を寄せるリカ(大友花恋)は、アイの代わりに料理を作るなど、少しずつ距離を縮めていく。一方、コンテストにエントリーした翔たちのアニメがアップされ、閲覧者から賞賛の声が集まり始める。しかし、その動向を見守るプロデューサーの清水(村上淳)は、ある策略をめぐらせていた…。 (C) 『電影少女 2018』製作委員会
  8. 8. 第08話
    March 3, 2018
    25min
    ALL
    Audio languages
    日本語
    天野アイ(西野七瀬)への思いに気づいた弄内翔(野村周平)。リカ(大友花恋)から“謎のアイドル”として、アニメと実写のアイがミックスされた動画がバズっていると教えられる。仕掛けたのは、プロデューサーの清水(村上淳)。アイを取り返すべく、翔は急いで清水のスタジオへと向かう。しかしスタジオにいたアイは、翔の事を全く覚えていない。ショックを受ける翔に清水は「アイは俺のビデオガールになったんだ」と言い放つ! (C) 『電影少女 2018』製作委員会
  9. 9. 第09話
    March 10, 2018
    25min
    ALL
    Audio languages
    日本語
    天野アイ(西野七瀬)を取り返すために弄内翔(野村周平)は、再び清水(村上淳)のスタジオを訪れる。しかしスタジオには、清水のアシスタントになった智章(清水尋也)がいて……。一方、清水が公開したアイの動画が瞬く間に話題になり、アイは“ブレイク必至のアイドル”としてテレビで特集される。何も知らなかった奈々美(飯豊まりえ)は智章を攻め、智章もアイの記憶喪失を翔に問い詰めだし、3人の関係に深い亀裂が入る。 (C) 『電影少女 2018』製作委員会
  10. 10. 第10話
    March 17, 2018
    25min
    ALL
    Audio languages
    日本語
    街で弄内翔(野村周平)を見かけて、完全に記憶が戻った天野アイ(西野七瀬)。しかし、翔の隣には柴原奈々美(飯豊まりえ)がおり、居場所を失ったアイは、清水(村上淳)のもとで再生期間を全うすることを決意する。アイのデビュー曲お披露目が2週間後に迫った頃、清水のスタジオには弄内洋太(戸次重幸)の姿が。アイを自由にして欲しいと清水に懇願するが断固拒否。どうやら2人は、25年前に会ったことがあるらしく……。 (C) 『電影少女 2018』製作委員会
  11. 11. 第11話
    March 24, 2018
    25min
    ALL
    Audio languages
    日本語
    弄内洋太(戸次重幸)は、突然、高熱にうなされる天野アイ(西野七瀬)を車で連れ去る。弄内翔(野村周平)は必死に追うが見失ってしまう。気を失っていたアイが目を覚ますと、そこにはアイそっくりな人間が。しかも「私の名前は、天野あい」と言う……。アイに残された再生時間はあと5日。翔を想えば想うほど熱はあがる。限られた時間の中で、自分が置かれた状況を悟ったアイは、自分の役割を認識し、ある決意をする……。 (C) 『電影少女 2018』製作委員会
  12. 12. 第12話
    March 31, 2018
    25min
    ALL
    Audio languages
    日本語
    アイ(西野七瀬)の再生時間は残りあと2日。人間とビデオガールはお互い好きになってはいけない存在だが2人は別れを惜しむかのように夜通し語り合う。そして迎えた最後の日。アイと翔(野村周平)は念願のデートをする。一方、智章(清水尋也)と奈々美(飯豊まりえ)は翔に協力し、あるサプライズ計画を進めていた。 ビデオガールと過ごした3か月。翔は成長した姿を見せることができるのか?奇跡のような最後の1日が始まる。 (C) 『電影少女 2018』製作委員会
  13. 13. 第13話
    January 18, 2019
    24min
    ALL
    Audio languages
    日本語
    弄内洋太(戸次重幸)に突然研究所へ連れ去られた天野アイ(西野七瀬)。ビデオの再生時間はあと5日。弄内翔(野村周平)への恋心と自分がすべき事で悩んでいると、堤防で泣いている少年を発見。話を聞くと愛犬コタロウがいなくなったという。力になれればとアイは一緒にコタロウを探すが、道や公園を探すうちに翔との思い出が蘇る。自分の答えを探すように夢中になってコタロウを探す…。ビデオガール・アイが一夜限りの復活!

Bonus (1)

  1. Bonus: 予告編
    Watch on supported devices
    January 13, 2018
    2min
    ALL
    Audio languages
    日本語
    西野七瀬(乃木坂46)、野村周平W主演!原作は『週刊少年ジャンプ』黄金期を支えた作家、桂正和の代表作『電影少女』。累計1400万部発行の恋愛SF漫画の金字塔が初のドラマ化!時代設定を現代に移し替え、原作の続編として2018年リブート版「電影少女」として甦ります。叔父・洋太の家で翔(野村周平)が見つけた1本のビデオテープ。ビデオデッキを直し再生をしてみると、画面の中から飛び出してきたのは…25年前に封印されたはずのビデオガール・アイ(西野七瀬)だった! (C) 『電影少女 2018』製作委員会

Customers who watched this item also watched

  • あさひなぐ
  • サクラダリセット 後篇
  • ふたりモノローグ
  • ベイビーステップ シーズン 1
  • 3D彼女 リアルガール
  • サクラダリセット 前篇
  • きょうのキラ君
  • みんな!エスパーだよ!
  • グータンヌーボ2
  • いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46
  • 宇宙の仕事 (4K UHD)
  • 映画 賭ケグルイ
  • 覆面系ノイズ
  • 映画『咲-Saki-』
  • 映画『覚悟はいいかそこの女子。』
  • ポエトリーエンジェル
  • となりの怪物くん
  • アオハライド
  • 先輩と彼女
  • ReLIFE リライフ

More details

Supporting actors
清水尋也大友花恋 村上淳戸次重幸
Producers
テレビ東京
Season year
2019
Network
テレビ東京
Purchase rights
Stream instantly Details
Format
Prime Video (streaming online video)
Devices
Available to watch on supported devices

Customer reviews

4.2 out of 5 stars
4.2 out of 5
191 customer ratings
How does Amazon calculate star ratings?

Review this product

Share your thoughts with other customers

Filter reviews by

Translate all reviews to English
Reviewed in Japan on February 5, 2019
Reviewed in Japan on March 26, 2018
Reviewed in Japan on April 1, 2018
Reviewed in Japan on January 9, 2018
Verified Purchase
Reviewed in Japan on April 21, 2018
Reviewed in Japan on March 30, 2018
Reviewed in Japan on January 8, 2018
Verified Purchase
Reviewed in Japan on January 8, 2018
Verified Purchase