中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

at Home 単行本 – 2010/10/27

5つ星のうち 3.2 21件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 596 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

そこは人がほんとうに帰るべき場所なのだろうか? ふぞろいで歪つな4つの家族とそこに生きる人々。2010年エンタテインメント小説、最高の収穫!

内容(「BOOK」データベースより)

そこは人がほんとうに帰るべき場所なのだろうか?ふぞろいで歪つな4つの家族とそこに生きる人々。涙と冷酷と波乱を存分にたたえたエンタテインメント小説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 276ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010/10/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048741365
  • ISBN-13: 978-4048741361
  • 発売日: 2010/10/27
  • 梱包サイズ: 19 x 13.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 439,211位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
短編集で、(1)at Home、(2)日曜日のヤドカリ、(3)リバイバル、(4)共犯者たちの4編です。
何れも一癖も二癖もある主人公たちの家族(的なもの)に纏わるストーリーですが、不器用ながらも家族的なものを渇望し、前向きに歩んでいくのが共通していると思います。
さて、家族って何でしょうね。一緒に住んでいるから家族? 血が繋がっているから家族? そこに譲れない拘りを持ち得る関係が存在してこそ家族と言えるのかもしれない…と考えさせられました。
日頃から家族を演じているだけの人には味気無いかも(^^;)

追伸:
本多作品は、デビュー当時何作か読んでいたのですが、暫くぶりに、古い作品を立て続けに読ませて頂いています。
他の方のレビューが、内容に対して評価が厳しすぎると感じたので、レビューを書かせて頂きました♪
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
とても良かった。小説的に、誰が、何を、何処で、どうして、っていうのは
全くない!けど、それが読み手の想像力を掻き立てる感じがいい!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
私はこの本すごくよかったです。
それぞれの家族の話に、寂しい面も温かい面も描かれていて、
自分が家族と良い関係ではなかったせいか、その温かい描写が鼻にツンときました。
私もこんな家族だったらよかったのに。
表題作は秀逸!短編なんてもったいないです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 EO 投稿日 2015/5/24
形式: 文庫
久々に本多孝好を読んだ。いいわ~しみるわ~。

家族とは脆いもの。だから戦わなければいけない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「at Home」「日曜日のヤドカリ」「リバイバル」「共犯者たち」の4話収録です。
風変わりなそれぞれの家族。その家族の絆を描いた家族小説です。
どれもハッピーエンドです。

「at Home」は非常に良かったと思います。
いきなり衝撃的なスタート、そして展開、結末、すべてがお見事でした。

しかし、全体的に、なんだか微妙。
登場人物が最後の方で語る、大事なセリフの数々。
それが、胸に染みそうで、染みてこない。
心に届きそうで、届かない。
理解できそうで、なんだかよくわからない・・・。

あと一歩って感じ。

でもその一歩が大きくて、
結局なんとも思わないまま
スラスラ読んじゃった気がする。

チェーンポイズンやWILLの時の、
あの感動はありませんでした。
いつも、読後に心にちゃんと
何かを届けてくれる本多作品ですが、
今回はフワフワしっぱなしで
10日も経てば消えてしまいそう。

期待が高かったのかもしれません。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
様々な家族の形を描いた4つの短編集。どの家族も過去に何か傷を抱えていて最終的にはハッピーエンドになる感動する話として描かれているのだが、ほとんど心に響かなかった。
表題作「at Home」は心温まる家族の話でよかったと思うが、他の話は語り手である主人公の気持ちが伝わらず、感情移入できなかったからだと思う。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
処女短編集『MISSING』以来のファンです。が…

『Fine days』辺りまでは良かったのですが、『正義のミカタ』以降は
それこそ無理やり“正義”を振りかざし、しかもなんとしてもミステリーの型に嵌めこんで
必死に筆を進めている作家の顔が思い浮かんでしまう様な作品ばかりが続いている…
ちょっと言い過ぎでしょうか?

次作は是非『MISSING』の“瑠璃”を超えるような作品を期待しています。
そんな期待を込めてなんとか☆☆☆
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
読者をバカにした、作者が都合のいいように書いた本です。
設定が無茶苦茶で、まるでマンガです。
登場人物も少なく、内容がまるで無いので1時間もあれば完読できます。
ストーリーもありふれた内容で、感動もワクワク感も何もありません。

・銃を撃てる小学6年生の男の子。頭が超人的に良く、勇気もあります。
・パスポートの偽造など、公文偽造を完璧にこなす16才の少年。
 役所のパソコンもハッキングします。
・専業主婦から、いきなり結婚詐欺師になった女。
はっきり言ってマンガの世界です。犯罪手口もマンガの世界です。
「ありえない」が連発します。

家族に深刻な問題を抱える妹。その妹が兄に子供を預けます。
午後2時に預け、午後6時に迎えに行く約束です。
しかし、午後6時になっても妹は子供を迎えに行きません。連絡もなし。
午後10時になってやっと妹から連絡が入り、午後11時に迎えに行くとの事。
後日、兄が妹に問いただした所、「仕事の面接に行って、即採用が決まり
そこの社長たちと歓迎会と言う事で飲みに行った」との事。

ありえない・・・。この作者は常識がまるでない○ホですか?

時間軸を考えると
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー