Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 432

¥ 65の割引 (13%)

(税込)
ポイント : 4pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[乙一]のZOO 1 (集英社文庫)
Kindle App Ad

ZOO 1 (集英社文庫) Kindle版

5つ星のうち 3.7 59件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] ZOO(集英社文庫)の2の第1巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 432
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 497 ¥ 1


商品の説明

内容紹介

何なんだこれは! 天才・乙一のジャンル分け不能の傑作短編集が「1」、「2」に分かれて、ついに文庫化。双子の姉妹なのになぜか姉のヨーコだけが母から虐待され――(「カザリとヨーコ」)。謎の犯人に拉致監禁された姉と弟がとった脱出のための手段とは?――(「SEVEN ROOMS」)など5編をセレクト。

内容(「BOOK」データベースより)

何なんだこれは!天才・乙一のジャンル分け不能の傑作短編集が「1」、「2」に分かれて、ついに文庫化。双子の姉妹なのになぜか姉のヨーコだけが母から虐待され…(「カザリとヨーコ」)、謎の犯人に拉致監禁された姉と弟がとった脱出のための手段とは?(「SEVEN ROOMS」)など、本書「1」には映画化された5編をセレクト。文庫版特別付録として、漫画家・古屋兎丸氏との対談も収録。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 261 KB
  • 紙の本の長さ: 133 ページ
  • 出版社: 集英社 (2006/5/19)
  • 販売: 株式会社 集英社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00CRCKCV6
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 59件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 4,148位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
精神的に追い込まれます。後味が悪く、変な意味で引き込まれる作品でした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
以下の5編を収録。

「カザリとヨーコ」
双子なのに周囲からの扱いに大きな違いがある姉妹の、妹の頑張り物語。ポジティブな妹。星4。

「SEVEN ROOMS」
閉じ込められた姉弟。見えない犯人との戦いの1週間。ちょっと泣きたくなった。ものすごい異質な読後感。星2。

「SO-far そ・ふぁー」
少年からみた世界。見えない家族の関係。不思議。星3。

「陽だまりの詩」
ロボットとして創造された私。死を見つめ、感情を知り始め…。星5。

「ZOO」
犯人を探し出す…。狂言の中にある思考の変化。星3。

暗い気持ちになるような話もありましたが、私は「カザリとヨーコ」と「陽だまりの詩」が読めただけでも意味のある本でした。

カザリとヨーコは、とても辛くて、ともすれば生きてゆく事が嫌になっても不思議ではない状況の中にあるのに、主人公の持つ考え方は決して卑屈ではない。
面白い言い回しも使い、それでいて理不尽な現実の描写にも穴が無い。暗いはずなのに明るい、そんな話です。

陽だまりの詩は、命とは何なのかを、一種独特の切り口から考えさせてくれる話です。
命は大事だ、と
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 同僚から薦められて読んだ。何の予備知識もなく、乙一さんの作品も初めてだった。どの話も楽しめたが、お奨めは「SEVEN ROOMS」。「陽だまりの詩」もよかった。

 「野球狂の詩(うた)」の世代である私には「陽だまりの詩(し)」という読み方がちょっと引っかかったが、たぶん「死」なんだろう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 minako 投稿日 2006/11/16
形式: 文庫
5編の短編集ですが、何よりも2編目に収録されている『SEVEN ROOMS』が強烈でした。

コンクリートでできた7つの部屋にそれぞれ人が閉じこめられています。

七つの部屋を通って流れる溝。

そこを決まった時間に流れてくる死体の切れ端。

正体の見えない殺人者。

閉じこめられた中学生の姉と小学生の弟が選んだ決断は、意外かつ恐ろしいものでした。

ホラーな話がだめな人にはとてもお勧めはできませんが、忘れられない印象を残す物語でした。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
※二作目の「SEVEN ROOMS」で読むのを止めました。そこまでの感想とさせてください。

読み手を非常に選ぶなと。

今更ながら、後味が悪いと言う評を友人から聞かされただの好奇心で読んでみました。

星の数が私の感想です。

特段変わった仕掛けもなく素人が想像出来る次元の与太話を文字にしただけの作品で、最後に残る後味の悪さだけがピカイチな非常に不快な作品でした・・・。
こういう気分が悪くなるだけで救いもユーモアもない物語は現実の出来事だけでお腹いっぱいです。

自分で購入して、買ってしまった事をここまで後悔した書籍は過去にありません。

逆に言えば私が感じた後味の悪さが快感な方には堪らないのかもしれませんね。

とにかく、話の仕掛けではなく後味の悪さのみを感じたければ非常にオススメです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Z? VINE メンバー 投稿日 2007/4/3
形式: 文庫
新進若手作家乙一氏による短編集。
ZOO(2)と併せてホラー、サスペンス、ブラックコメディと何でもあり。

特に強烈に印象に残ったのは「SEVEN ROOMS」だ。
四角い部屋に監禁された姉弟。
唯一、部屋に在る溝から時折流れてくるもの。
そこに自分達の近い将来の運命を見た二人は脱出を試みる。
非現実的なサスペンスをリアルに描いた傑作だ。

また「カザリとヨーコ」に見られるポップな読み易さ、
さらに「陽だまりの詩」で感じる温もり。
乙一氏のカメレオン作家ぶりを存分に堪能できる作品。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
まさにこれこそ、「黒い乙一」の代表作ですね。
どの作品も、ページ数は少ないのですが、迫力があります。
乙一は、見ているようなグロテスクさはあまり好まず、読者それぞれの捉え方により様々な精神的に追い込むような、ジワジワとこみ上げる恐怖を描く鬼才の持ち主だと思っています。

しかし、本当に活字中毒者だと自負するような私みたいな人間は、最近気がついてしまいました。
彼は、常にベースになる作家が居るような・・・・。その下書きを、もっと自分流にオリジナリティにテイストを加えて読者を新しい本の世界へ導く作家なのです。

今作は、同じく福岡出身の赤川次郎が見え隠れする・・・・。
さらには鈴木光司もある。でも、どちらの作家にもない恐怖のどんでん返しで、乙一節全開です。
もしかすると、同郷なこともあり、赤川次郎を尊敬しているのかも?
私も福岡なので、こんな有能な作家を発掘していることに誇りを持てます。

「暗いところで待ち合わせ」なんかが好きな いわゆる 白い乙一派は絶対抵抗があるでしょう。

彼は筆力がありすぎるというか、たんたんと怖いせいか?なんだか心の内側に染み付いて忘れられない物語を作り出すので、心が萎えて 「しばらく乙一は止めよう」と思ってしまいます。
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover