Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 712

¥ 87の割引 (11%)

(税込)
ポイント : 356pt (50%)
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[愛場 大介 (ジェット☆ダイスケ)]のYouTubeで食べていく~「動画投稿」という生き方~ (光文社新書)
Kindle App Ad

YouTubeで食べていく~「動画投稿」という生き方~ (光文社新書) Kindle版

5つ星のうち 4.2 26件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 712
新書
"もう一度試してください。"
¥ 799 ¥ 94

商品の説明

内容紹介

動画投稿で稼ぐ人が増えている。自分で出演し、撮影・編集までこなす、いわば「ひとりプロダクション」。広告収入を上げるコツ、SNSでの拡散法、最適な動画共有サイトは人それぞれ異なる。再生回数を上げて収益を得るために、成功者たちはどんな工夫をしているのか?日本で最も動画共有サイトの立ち上げに携わってきたビデオブロガーが、トップクリエイターたちの成功・失敗談から動画投稿ビジネスについて考える。

内容(「BOOK」データベースより)

動画投稿で稼ぐ人が増えている。多くの再生回数が見込めそうなテーマを立てて自分で出演、撮影・編集までこます、いわば「ひとりプロダクション」。休日の副業にしている人から、ある程度の収益が見込めるようになったのち、動画一本で生計を立てる人まで活用法はさまざまだ。広告収入を上げるコツ、SNSでの拡散法、最適な動画共有サイトは人によってそれぞれ異なる。「稼ぎたい」「有名になりたい」という願望は、YouTubeで簡単にかなえられるのだろうか?日本で最も動画共有サイトの立ち上げに携わってきたビデオブロガーが、トップクリエイターたちへのインタビューを交え、動画投稿ビジネスについて考える。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 8054 KB
  • 紙の本の長さ: 160 ページ
  • 出版社: 光文社 (2014/8/20)
  • 販売: 株式会社 光文社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00M968KRI
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 12,730位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
序章のYouTubeの簡単な解説については、類似書を何冊も読んでいたので目新しさは感じませんでした。
参考になった事は、筆者も含めて有名ユーチューバーの経緯についての言及が充実していた事です。
結局成功のマニュアルと言うモノは存在せず、自分の試行錯誤の過程で得たノウハウと実績である事は、
私自身の甘さに気づかされた思いです。
様々なWebサービスについても解説されていますが、多分ほとんどが日の目は見ないでしょう。
この本の内容も数年後には役に立つか微妙です。
でもそれは結果論であり、今を乗り切るためには本書の通り試行錯誤でノウハウを得るしかないですね。
そのプロセスが数年後、本書が陳腐化した頃に結果として出てくるのだと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
動画投稿で生計を立てる「ユーチューバー」を紹介する。著者はYouTube上で商品レビューなどを行っているユーチューバーの先駆者。YouTubeに動画を上げるのは、個人でも簡単にできるし、報酬を得られる仕組みもわかりやすい。だが、集客は非常に難しい。おおよそ1再生当たり0.1円とのことで、投稿で飯を食うなら100万回再生されるネタを目指さなければいけない。著者もyoutube上でのチャンネル開設からトーク、照明、映像編集からアクセス解析まで知恵を絞っていて、1章ではこのノウハウが語られている。

しかし本書は実践的な技術より、動画という個人メディアの可能性を追及している。舞台を演る人、レスラー、ニュース解説など、第一人者のユーチューバーにロングインタビューをしている。インタビューでは、ノウハウ論よりも、動画投稿と出会ったきっかけや、投稿にハマって再生数を上げようとトライ・アンド・エラーする過程が読んでいて面白い。自分が好きだったり、極めたかったりするテーマをとことん掘り下げることで、動画が積み上がり、その分野を知りたい人が多く再生する、唯一無二のチャンネルに成長していく。また、YouTube以外の動画サイトについても、ユーストリームやVine、Vimeoなどオリジナリティの高いサイトを中心に紹介されている。

ただ、本書はユーチューブ礼賛で終わ
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
ブログアフィリエイトの収入で生計を立ててる筆者による、web動画を使った新しい
「仕事のカタチ」論。結論からいうと、力作。

amazonでどなたかもレビューしているように、タイトルはビジネス書風を装いつつ、
中身はそうでもない。つまり、ネットで稼ぐノウハウ書ではない。本書の最後では
「YouTubeで大きく稼げるというのは、絶対に違う」とまで書いているくらいだ。

けれども稼ぎ目的の方でも一読の価値はある。web動画という、マネタイズが始まった
ばかりの(特に日本では)世界規模の新規ビジネの萌芽全体像が、円満な筆致で分かり
やすく解説されている。
ここから読み手のセンス次第では商売の発想をいくつも掴み取ることができるだろう。
その意味では触発的な内容であり、本質的な意味においての「ノウハウ書」と思う。

本書では、近年の動画及びwebコンテンツをめぐる豊富な事例検証と傍証とによって、
Tubeをはじめとする動画投稿サイトの「今」を多角的に浮き彫りにしようと試みられており、
徒歩で帰宅する際の路上を、iPhoneで撮っただけの6秒動画シリーズなど、企画や発想の
斬新さ、プラス、ライブ感がモノをいう世界だと認識させられた(今さ
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
この本は youtube・動画の世界の面白さを、世界観を語る
読み物であり、表題の「食べていく」という言葉が気になったり
しますが、稼ぐ・儲ける系のノウハウ物ではありませんので取
り違えないように。
私のような初心者には、読み物としても難しかったです。
自分は動画アップの世界に興味を持ってこの本を購入した
ものの、やる気にさせるようなものや、その手法は書いてなく
ただ読んで終わり。しかも半分で興味を無くさせるような難し
い世界観です。
でもきっといま現在youtubu 動画アップに取り組んでいる方
にとっては為になる本じゃないかなと思います。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover

関連商品を探す