Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 713

¥ 86の割引 (11%)

ポイント : 9pt (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[新 清士]のVRビジネスの衝撃 「仮想世界」が巨大マネーを生む (NHK出版新書)
Kindle App Ad

VRビジネスの衝撃 「仮想世界」が巨大マネーを生む (NHK出版新書) Kindle版

5つ星のうち 4.6 48件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 713
新書
"もう一度試してください。"
¥ 799 ¥ 311

【Kindle Unlimited】
月額¥980で、本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

VR(バーチャルリアリティ)は 新たなインターネット革命だ!

「オキュラス」「プレステVR」などゴーグル型端末の発売が相次ぐ2016年は「VR元年」と呼ばれる。なぜ人々はVRに熱狂するのか? これから登場するVRビジネスとは? 最前線で取材を続ける気鋭のジャーナリストによる渾身のレポート!

出版社からのコメント

この本には、VRビジネスがいかに巨大な市場になるか、その知られざる秘密が明らかにされています。バーチャルリアリティ(VR)は、実は10年後に約12兆円(最大)もの巨大なビジネスを生む可能性を持つと予測されています。これはテレビやパソコンの売上規模とだいたい同じぐらいです。

頭にゴーグル型の小型機器(ヘッドマウントディスプレイ)をかぶり、VRの世界に入りこむ。VRの世界に驚愕する人、悲鳴をあげる人。最近、テレビや雑誌などでもよく目にするようになりました。これには理由があります。2016年は「VR元年」とも呼ばれ、オキュラスリフト、プレイステーションVR、HTCバイブなど主要なヘッドマウントディスプレイが一斉に発売されるからです。

VRで様変わりするビジネス分野は多岐にわたり、ゲームはもちろん、映画・テレビなどメディア産業、遠隔手術などの医療領域、製造業の商品開発プロセス、サービス業など、あらゆる業種がヘッドマウントディスプレイを起点にビジネスモデルを変えようとしています。

本書では、VRの動向を追い続けるジャーナリストである著者が、「なぜVRが流行っているのか?」を米国での最新事例を交えながら、VRをまったく知らない人にもわかりやすく解説します。ヘッドマウントディスプレイやVRのビジネスが今後どうなるだろうと、気になり始めたビジネスパーソンに、入門書となる最初の一冊としておすすめします。

序 章 VRビジネスの大潮流――熱狂はなぜ産まれたのか?
第1章 VRの現在――映画とゲームをつなぐものは何か?
第2章 ハイエンドVRの夜明け――オキュラスはなぜ生まれたのか?
第3章 日本のVRビジネス――独自のビジネスモデルは生まれるのか?
第4章 VRからAR・MRの時代へ――これから登場するビジネスとは?

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 10099 KB
  • 紙の本の長さ: 140 ページ
  • 出版社: NHK出版 (2016/5/10)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01FBYKC0C
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 48件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 7,089位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
【MR(複合現実)でイルカと泳ぐ】

≪本書のテーマはVRビジネスがどのように展開されているのか、
また可能性はどこにあるのかを概観することにあります。
あえてVRの歴史や技術的な原理については深入りしません≫(38頁)
とのことですが、本書は「VRビジネス」についても「深入り」していません。
本書が「深入り」しているのは「ヘッドマウントディスプレイ」です。

つまり、本書がメインで扱っているのは、
「VRビジネス」ではなく「ヘッドマウントディスプレイ元年」とでもいうべき様相、
台頭する三つのヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift」「HTC Vive」「PlayStation VR」であり、
それらのプラットフォームを使用した「ゲーム」などに大きく偏っています。

モバイルVRに関しても「モバイルVRは実写の写真・映像が中心となる」(78頁)などにおいて、
CGではなく実写の360度パノラマ写真・映像を楽しむというすでに始まっているサービスに言及するのみです。

残念ながら、著者はゲーム以外の分野には疎いようで、
同じエンターテインメントでも映画などのビジネスを理解していません。
それは次のよ
...続きを読む ›
コメント 73人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 24live VINE メンバー 投稿日 2016/9/23
形式: 新書
新 清士氏による、VR市場の展望を解説した内容であるが、具体的なケーススタディも書かれていて
とても興味深い。

オキュラスLiftのような高級品はまだ持っていないが、ハコスコのようなスマホを使ったVRガジェットを
持っており、この市場の大きさはよく伝わってきた。

自分自身もこういった技術は古くから触れてきており、古くは任天堂のバーチャルボーイという、まったく市場には
受け入れられなかったけれども当時は画期的なゲーム機に始まり、様々な場所で新技術を体験してきたが、
ハード、ソフト両面の処理性能がこの市場を盛り上げるところまで成熟してきたことが、オキュラスLiftのような
ものが受け入れられている大きな理由になっているはずだ。

VRがキャズムを超えたか、と聞かれると、まだやや懐疑的ではあるが、必ず超えていくであろうカテゴリ
であることは間違いない。ビジネス用途で普及していくことも大いに考えられるし、ゲーム市場でも
盛り上がっていくだろう。(ただしこういったIT技術の大半は、成人向けコンテンツともいわれるのも事実)

VRを駆使することにより、人々の生活にどんな影響があるのか、想像しながら読んでみると楽しめると思う。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
 VRビジネスに衝撃を受けた人がその衝撃のままに取材を重ねて書いたような本。
 実際に、取材の量はものすごいんじゃないかと思うし、その結果、まとめられたこの本から見るに
VRはかなり高い確率で一つの分野としてブームに終わらずに業界化していくようにも思える。
 
 過去に3D映像にハマっていたことがあるが、メガネをかけたり、操作が複雑だったりしたにも関わらず
各家電メーカーが主導して3Dブームを作り上げていたが、どうやらVRに関しての盛り上がりは一過性で
終わる気がしないし、このまま続くのではないかと思う。

 何度もこの本に言葉として出てくるのだが〝没入感〟がキーワードなんだろうと思う。
 メガネや手間などを考えると3Dと大差ないように思えるVRだが、その没入感の凄さによって
3Dの時とは比較にならないような支持を得ている、ともとれた。
 
 この本を読んだ後は、とにかく一度はVR体験をしないとおさまらない感じになってくる。実際に
VRのヘッドマウントディスプレイ買ったし。VRは今度、どうなるかな、少しでも気になっている人が
この本を手に取ると、加速度的にVRにハマりそう。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 VRがゲームを中心に発展していることもあり、ゲーム業界以外の日本大手企業は様子見の状態らしい。会社の上層部を説得するためには、かっこいい理由を見つけないと。
 また、読者の周辺でも「ゲーム中毒が増えるんじゃない?」と懸念する声は多い。しかし、VRはゲーム以外でも幅広く利用可能だし、流れを止められるものでもない。

 本書は技術面の解説書ではなく、潮流を紹介するものだ。分かりやすいが、やはり、著者が言うように「説明よりも体験するのが一番」。本書を読んで、さっそく三菱地所のVRモデルルームを体験してきた。確かにスゴいもので、「これがリアルタイム・レンダリングによる圧倒的な没入感っていうやつか」。家を買う気はなかったにもかかわらず、かなり心引かれた。もともと購入する気のある人なら、イチコロでは。

 また、VR関連技術であるアイトラッキング(ユーザーの視線をセンサーで把握)が、難病ALS患者とのコミュニケーションに役立つだろうという話は嬉しい。技術開発というのは、当初目的以外にもいろいろ使えるものだ。

 SF小説「ゲーム・ウォーズ」(2011年刊行。邦訳は2014年) に描かれたような、VRデバイスをかぶって暮らす世界というのは勘弁してほしいが、VRに期待するところはいろいろある。
 まず、スポーツ番組。
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover