Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 0
(税込)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

[石垣ゆうき]のMMR-マガジンミステリー調査班-(1) MMR-マガジンミステリー調査班- (週刊少年マガジンコミックス)
Kindle App Ad

MMR-マガジンミステリー調査班-(1) MMR-マガジンミステリー調査班- (週刊少年マガジンコミックス) Kindle版

5つ星のうち 3.8 13件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] MMR-マガジンミステリー調査班-(週刊少年マガジンコミックス)の13の第1巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 0
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1

紙の本の長さ: 201ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

今どこかで何かが起こっている!! ――それは1枚の手紙から始まった。謎に包まれた超常現象、ミステリーサークルが、とうとう日本にも出現!! UFOのしわざかそれとも自然現象なのか!? 神秘の究明のため、我らが少年マガジンが特別プロジェクトを組んだ!! そう、MMRマガジンミステリー調査班だ!! 連載当時大ブームを巻き起こした大人気作が再び読める!!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 50111 KB
  • 紙の本の長さ: 201 ページ
  • 出版社: 講談社 (1991/7/15)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00APEICIS
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
「たった一人の人間の狂気が引き起こす…それが戦争なんだよ!!」

「ヒトラーの末裔たちは大地の気を操ることで、“異常気象”を起こそうとしているんだ!!」

「ジャンクDNAが人類のコントロールを超えて暴走し……人類は精神と肉体の暴発を起こしてしまうんだ!!」

「サブリミナルのバーコード信号をキャッチし、それを中継して……人間の脳に電気的刺激を与えるもの――それがナノロボットだよ!!」

…そんな愉快なセリフが飛び交うトンデモ漫画の決定版!!!!!
1 コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
私がこのマンガに出会ったのは、中学生でした。初めてこのマンガを読み、本を閉じた時「こんな職業に就きたいな」と、思いました。

楽しそうだな、これで、給料もらえるんだな……馬鹿にはしていません。面白い職業だなと思っただけです。

あれから二十年。ふと、キンドルで売っているので読み直しました。

「やっぱ楽しそうだな。これで給料もらえるんだな」考えは変わっていませんでした。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
実際のところ現実はどうなのかと疑ってしまう人にはお勧めしません。
世界の不思議を集め、分析していく漫画ですが、ノストラダムスの言葉や聖書の引用や、取材したときの写真があったりとリアリティはあります。
しかし、現に予言は外れたわけですし、冷静に考えてみると明らかにフィクション的だと感じさせる話もあります。

ただ、様々な国や文明の謎などその内容は多岐に渡り、一般人は知らないようなことも書いてあり楽しめます。
基本的に話の終わりは結末を明かさないという読者に緊張させる締めとなっていて、後味という点でこれは好みが分かれるでしょう。
しかし、不思議を最後まで解明するということほど面白くないものはありません。
この締めかたがこの作品の魅力を引き立てる一つのポイントだと思います。

さらに、主人公キバヤシの突拍子のない発言はネタとしてみるというのもこの作品を読む上での醍醐味です。

ミステリーに興味があり、過度な期待はしないという人なら十分楽しめる作品です。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
「MMRマガジンミステリー調査班」は少年マガジンで連載されたミステリー漫画。内容的には日本テレビの特命リサーチ200Xの初期の頃やグラハム・ハンコックの「神々の~」シリーズなどの漫画版だと思っていればほぼ間違いない。漫画の特徴としては調査班の取材に○○大学の○○教授なんていうのが報道番組のように登場し、シリアスに超常現象を語って信憑性をもたせているところ、などテレビの特集番組などを視聴しているつくりになっているところ。グラハム・ハンコックのファンや超常現象、超古代の科学云々などに興味がある人にはお薦め。本巻はその第1巻
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
懐かしすぎるこの作品がKindleで出てた事にびっくり。
ノストラダムスの大予言をネタを柱にして
UFO、古代遺跡、バイオテクノロジー、火星移住計画、風水
なんかの話を持って来て1999年の人類滅亡という絶望に繋げるシナリオ。
何が何でも1999年に人類を滅ぼしたいキバヤシ率いるMMRが
駆けずり回った末に、キバヤシは『恐ろしい仮説』と一応言うものの
それはすぐに真実という事になって
「全ては遅すぎたんだ……」で終わるという概ね共通したパターン。
展開はワンパターンですが、あらゆるオカルトネタを扱っていて、
読んでいて飽きないです。
1999年に人類が滅びていたら生まれてすらいなかった子供たちも
楽しめる内容だと思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ともこ 投稿日 2015/2/12
形式: Kindle版 Amazonで購入
当時中学生だった私はハラハラしながら読んでいました。
キバヤシさんの「な、なんだってー!!!」と一緒になって「なんだってー!」と心の中で叫んだり(笑)
懐かしくて読み返しましたがやはりあのノリ好きだわ。
超常現象に全く興味が無い、信じていない人は全く面白くない内容だと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
何というか、初見の人が見る話ではないと思いますw

一度見た人が懐かしがって読むか、例の「な、なんだってー!!」の様式美を楽しむためのもので、ある意味話そのものは余り関係ないように思います。

ただ、一時代を築いたノストラダムスを始めとするオカルトミステリー全盛期を昔話として楽しもうとするなら、最高の一冊です。

★4つ。楽しめましたw
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover