Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 2,800

¥ 224の割引 (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[グロービス・マネジメント・インスティテュート]のMBA定量分析と意思決定
Kindle App Ad

MBA定量分析と意思決定 Kindle版

5つ星のうち 3.4 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 2,800
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,024 ¥ 739

紙の本の長さ: 320ページ

商品の説明

内容紹介

現状を正しく認識し、思考にメリハリをつけ、意思決定の質とスピードを高める!

著者からのコメント

ユニークかつ実践的な定量分析の本
本書は「定量データをいかに意思決定に結びつけるか」という観点から定量分析や経営指標の見方・活用法を紹介したものです。難しい数学抜きでも、経営にとって意味のある定量分析は可能です。定量データを有効に活用することで、現状把握、根拠の明確化、仮説の構築などに役立ち、意思決定やコミュニケーションの質とスピードの向上につながります。

本書は三つのパートで構成されています。第一部の基礎編では、定量分析の基礎概念やツールを解説しています。第二部の指標編は、辞書としてご利用いただけるように、ビジネスに役立つ指標を幅広く集めて解説を加えました。第三部のケーススタディでは、定量データを実務でどう用いればいいかを紹介しています。

本書を通じて、定量分析をぜひパワフルな経営分析ツールとしてご活用いただければと思います。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 39717 KB
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2003/9/4)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00KANK2V4
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 103,566位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 いままでこのシリーズに定量分析の本がないのは、1冊でB-Schoolの定量分析を纏め上げることは不可能に近いからだと思っていた。そこでこの本が出版されて買ってみたが、内容に期待したほどの深みがなく途中で読むのを止めた。
 モンテカルロ分析という言葉が節立てされていてもクリスタルボール(シュミレーションソフト名)の画像が貼り付けてあるだけで、モンテカルロシュミレーションを十分に説明していない。EBITやEBITDA等についても他のシリーズ本と重なる点が多く、”定量分析”として独立させて出版させた意義が感じられないと思われた。Management Science, Applied Statistics, Operation Managementの専門性を感じさせる内容が残念ながらなかった。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
定量分析に関するニーズは潜在的にあると思うし、だからこそこのシリーズでのテーマに選ばれたのだろう。しかし、本書は深みがないばかりか、実用性も乏しいのではないだろうか。
総花的な内容でひとつひとつの項目が表層的で、読了した後に定量分析ができるようになるとは思えない。各項目について、本書にある参考文献で勉強する方がいいだろうし、結局手を動かすしかないのだろう。
 
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
☆2個
最初に私がグロービスの書籍を何冊も持っているという事実を述べておく必要があると思う。
「マネジメント・ブック」は常に手元においておく参考書として非常に有用であるし、「アカウンティング」は経営者としての観点からの説明がわかりやすかったし、「ファイナンス」も当時目新しかった理論を素人でもわかるように説明してくれた。
いずれも高い価格ながら、それに見合った本としての満足感を感じつつ、手元に置いている。
しかし・・・
この「定量分析」は全くいただけない。
いろいろな指数を寄せ集めて見せただけで、本当に定量分析が理解できるとは思えない。
定量分析を学びたい方には、他の教科書をおすすめし、グロービスには大幅改定を期待したい。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
これまでのこのシリーズの中でも冒険作だと思う。
タイトルから想像されるような、さまざまな分析ツールがこれでもかとばかりに出てきて、それに解説がつくという本ではない。紹介される分析ツールは基礎的なものだ。本書の主張は、定量分析における数字いじりの比重は高くない、四則演算とエクセルのちょっとしたツールで十分で、良い分析の鍵は数字いじりの前後、たとえば前提の置き方や説明責任の果たし方にあるというものだ。自分のまわりの「分析屋さん」に読ませてあげたい。
したがって、分析ツールマニアや分析至上主義者には物足りないかもしれないが、コンジョイント分析やモンテカルロシミュレーションなどを実際に仕事で使う機会はないであろう、世の中の大多数を占めるビジネスパーソンには非常に示唆に富む内容と思われる。
もっとも、個人的には、さまざまな分析ツールをもっとよく知りたいとの思いもあり、パート2の予定があるならばそれに挑戦していただきたい。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
構成は、定量分析として主に統計手法の入門者~初歩の中級者向けのレベル、指標編としてビジネス評価・外部環境指標・財務指標が提供され、巻末にケーススタディとして開始時の事業評価やマーケティング評価、開業後の簡単な経営分析が例示されているので、入門者にとって理解を促進し比較的実務面での擬似体験をすることが出来ると評価した。経験者が定量分析を用いた経営意思決定を行う際に復習を兼ねて確認する場合、入門者が自己研鑽や勉強会に利用する場合、管理会計のKPIの参考にする等、利用範囲は広いと思われる。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover