中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付きです。中古の為、表紙カバーにごく薄いヤケ、表紙・巻頭ページ数ページに若干の折れ跡等はありますが、ページのヤケや開き癖なく読む分には問題のない商品です。★女性スタッフにより、一点一点丁寧にクリーニングしております。※48時間以内の出荷を心掛けております。ゆうメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ITに殺される子どもたち 蔓延するゲーム脳 単行本(ソフトカバー) – 2004/7/16

5つ星のうち 1.4 20件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ゲームに熱中する子ども脳は痴呆老人なみ。意欲、判断、情動抑制など、人間らしさを保つために重要な働きをする前頭野が、ゲーム漬けで危機に瀕している。どうすれば回復させられるか、脳神経学者が警告。

内容(「BOOK」データベースより)

インターネット、携帯電話、コンピュータゲームは脳の働きをこんなに低下させる!脳科学者が突き止めた衝撃の最新データ初公開。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 216ページ
  • 出版社: 講談社 (2004/7/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062124750
  • ISBN-13: 978-4062124751
  • 発売日: 2004/7/16
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 1.4 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 874,301位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
前著『ゲーム脳の恐怖』の攻撃対象をIT全般に広めただけ。
前著の問題点として挙げられていたサンプリングの方法であるとか、具体的なデータを示していない(個別データのみで、全体の平均などが無い)など、一向に改善された点は無く、批判は無視されたと言って良いだろう。内容も相変らず理論飛躍と偏見ばかりで客観性が無い。また、前著と同じエピソードをそのまま掲載しているなど、「手抜き?」と思われる箇所が多々見受けられる。
彼の言う教育論に対してすべて反対する気は無い。1つ1つは、同意できるものもある。ただ、この書は「ITの悪影響をデータで示した本」というのが最大の売り物であり、それが全く示されていないものに点数を与えることはできない。
コメント 113人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/7/24
形式: 単行本(ソフトカバー)
 前作の斉藤環氏の批判「前頭前野しか測っていないのに、脳が痴呆状態かどうかを論じるのは無茶」に答えたのか、今回は128チャンネル測定できる機械を導入してます。
 しかし、☆を一つ増やしたのは、それだけ。
 内容は前作「ゲーム脳の恐怖」の批判に何一つ答えていません。
「母集団が明らかにされていない」
「ネガティブな偏見」(例:電車内で化粧する女性はゲーム脳)
「脳波の前提がむちゃくちゃ」(アルファ波がでる状態がゲーム脳なら、アルファ波ミュージックは危険ですなぁ・・・)
 それどころか、今度はメール脳なる概念まで出てるから、今後の展開が不安。
 また、前頭前野を使っていないとゲーム脳、と、言うことは、ソロバン名人もそれになるでしょうか?(数字を見て、脳の視覚を司る部分でソロバンの珠として処理し、計算するので、前頭前野はほとんど働かないそうな)
 とはいえ、何にせよやりすぎは何でも良くはありません。体を動かすなり、本を読むなり(このような本のおかしな所を指摘する能力を身につける意味でも)し、ゲームもほどほどに楽しみましょう。
コメント 135人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon Customer VINE メンバー 投稿日 2004/10/7
形式: 単行本(ソフトカバー)
前作は、凄まじい勢いで問題点が指摘されたが、その指摘は基本的には無視されている。
専門家の指摘にあった通り、そもそも彼の「ある脳波パターンが見られる=痴呆である」という理論そのものが全くの出鱈目なのだから始末が悪い。
自らの理論がプロによって問題点を指摘されているにもかかわらず、それを一切無視して、論文と言う形で反論せず、審査も何もない本と言う形で垂れ流すと言う点から、筆者のスタンスが分かる。要するにこれはビジネスなのだ。叩けば一定の層から支持を得られそうなトピックを選び、ひたすら煽る。当人もハナから学問として成立するなどとは思っていないから、一般書として売り、稼げるうちに稼いでおこう、と言う考えなのだろう。
この教授は科学のバックグラウンドを全く持っていないのだが、そのような人間がそれなりに有名な大学で、アカデミックなポジションを維持できると言うことを世間に広く知らしめた事に関しては、一定の意味があったと思う。
コメント 129人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 むらさめ 殿堂入りレビュアートップ100レビュアー 投稿日 2006/3/21
形式: 単行本(ソフトカバー)
森先生の前著「ゲーム脳の恐怖」がベストセラーになり、気を良くされたのか、今度は本書で、

「携帯電話を使用するとゲーム脳になる。」

「インターネットを利用するとゲーム脳になる。」

と主張されました。

あまりの論理の飛躍に反論するのも疲れますが、

ひとつだけ言わせていただくと、

ひとつの事に長時間根を詰めると疲労して当たり前です。

そしてそれはゲームや携帯電話やインターネットに限ったことではない、という事です。

森先生自身ゲーム評論誌のインタビューに答えて、

「囲碁や将棋も限度が過ぎればゲーム脳になりうる。」と答えています。

「ひとつの事に根を詰めて取り組む」姿勢は少し前なら日本人の勤勉さという美徳のひとつでした。

しかし今やその美徳が壊されようとしています。

この先日本がどうなるのか、それが心配です。
コメント 73人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
「私は君の意見には反対だ。だが君の意見を言う権利だけは守ろう」
「あらゆる議論を試みよう。真実は全ての方面で正しいと見えるからこそ真実というのだから」
人間が物事を論ずる上で最低限守らなければならないことです。

森 昭雄教授はそれをしません。
この問題は数年に及ぶことです。いくらでもその機会はあったでしょう。
ありとあらゆる方向性から専門家に批判されながらも、一度も論理的な返答を行いませんでした。
すでにゴシップやカストリ雑誌並みの信憑性しか「ゲーム脳」は持っていません。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー