通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
Google の衝撃 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ☆帯つき☆全体的にコンディション良好な非常にきれいな本です ご覧頂ありがとうございます。 売り上げの1部を地球の自然保護に寄付しております。 古本のリユースを通じて、大切な地球の財産である、アマゾンの熱帯雨林の保護や沖縄のサンゴ礁を増やす活動を行っているNPO法人に定期的に寄付を行っております。ご協力いただき、ありがとうございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Google+の衝撃 単行本 – 2011/11/26

5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,440
¥ 1,440 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

ソーシャルメディアが社会に定着するにつれて、ソーシャルメディア上での人間関係の表現はより現実に近く、より高度なものが求められ始めました。そうした背景から、インターネット検索サービスの最大手グーグル(Google)は、2011年6月に「グーグルプラス(Google+)」という新しいソーシャルメディアを発表しました。グーグルプラスを開発するにあたってグーグルは、技術的アプローチではなく、社会学的なアプローチを取りました。このアプローチによってネットワーク上のコンテンツ(文字情報、写真、動画など)の流れ方が大きく変わり、さらにネットワーク上のコミュニケーションが抱える現実社会とのギャップも埋まりつつあります。これまで実現しえなかった仕組みをグーグルが打ち出したことは、ソーシャルメディア界に大きな"衝擊となりました。本書では、この"衝擊"の裏にある理論的背景を解き明かします。

さらに近い将来、企業の命運を左右するもうひとつの"衝擊"が企業内ソーシャルメディアの普及の波です。ますます複雑化する2010年代という21世紀のグローバル社会で、今後ソーシャルメディアは各分野でさらに応用され、普及していきます。企業の中にソーシャルメディアが独自に導入され、情報のやり取りや蓄積の仕方は変わっていき、集まった情報はクロス集計などで分析され、情報のほうからそれを必要としている人物に自然と集まったり、共通の情報を通じて知らない人同士がつながるなど、さらなる進化を遂げることでしょう。

本書では、国内シェアNo1の企業内ソーシャルメディアを提供し、Google+やFacebookなどのソーシャルメディアマーケティングのコンサルティングも行う 株式会社Beat Communicationの研究成果を「グーグルプラス」に焦点を当てて再構成し、将来企業が取るべきソーシャルメディア戦略を広く一般読者の方々にお伝えします。

フェイスブック、リンクトイン、
ツイッターより、何が優れているか?

企業のマーケティングに
パラダイムシフトを起こす
すごい設計思想の数々
・「いいね」ボタンを超える「+1」ボタン
・現実の人間関係を反映する「サークル」の画期的仕組み
・ビデオチャット機能「ハングアウト」の多様な使用法 etc.

これはソーシャルメデイアの革命だ!

内容(「BOOK」データベースより)

グーグルプラスの戦略はソーシャルメディア界の激震だ!検索サービスのエキスパートたちが、感情表現のコミュニケーション技術に取り組み、生み出した数々の新趣向が企業マーケティングの世界を一新させる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 220ページ
  • 出版社: ベストセラーズ (2011/11/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4584133565
  • ISBN-13: 978-4584133569
  • 発売日: 2011/11/26
  • 商品パッケージの寸法: 19.5 x 13.7 x 2.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 879,707位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
會澤にとってひとことで言えば、AKB48メンバーの近況が聞ける。これに尽きる!

(; ̄ェ ̄)

い、いや、ここから真面目に。

社会人類学について造詣が深いわけではないので、Google+がよく分析されてつくられたのだ。といわれても「なるほど」としかいいようがないのだが、人間関係の非対称さを考えてつくられたのだといわれると溜息をつくしかない。さすがにアプローチが違う。

AさんとBさんが「友達」だとして、「友達」としての重要度はAさん側から見たときとBさん側から見たときでは当然異なる。これは、生活レベルに於いても実感できることなのでサークルの非対称性をこの現実に即した形で構成したのだ。...なるほど、それはすごい。Facebookに於いては、友達リストの作成によってわずかに差を付けられるものの、Google+のそれとは確かに一線を画している。サークル機能の優位性はこれに尽きる!

...のか?

実は、この本を読んでなお、Google+のサークルというのはUI的に問題があると思っている。それは(大多数の)人間が人間関係を理論で分類分析しているのではなく、感覚で分類分析しているという事実による。人間を明確にグループ分けすることは、通常それほど重要ではなく、「複数の
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
Google+とFacebookの比較。Google社が今後どこへ向かって何を狙っているのか?過去の彼等のソーシャル戦略がどのようなものでなぜ失敗したのか。SNSの歴史とともにソーシャルであることの根本は何であるかを深く考えさせる一冊。Linkedinの話が出てくるなど、最新情報が色濃く満載されている。初心者から上級者まで読み応えのある一冊。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
『Googleは狩猟民族でありFacebookは農耕民族』という一言を事細かく書かれていたという印象でした(^^)

この本が出てすぐに読んでいれば、タイトル通り衝撃を受けたのかもしれないが、今のタイミングでの衝撃はイマイチだったかな。

著者の方々も、文中では常にFacebookの凄さを認めつつGoggle+の機能的素晴らしさに今後の期待を込めた内容だった。

確かにGoogle+の機能は素晴らしいし便利だと思う反面、ソーシャルメディアとして考えると、人と人とを自然に、かつ楽しく繋げる要素としては、現状ではFacebookには叶わない。

Google+は、本来Googleという検索エンジンによって言葉と言葉を繋ぐ企業ビジョンの中から生まれたサービスであるのに対し、Facebookは大学のコミュニティから生まれた、始めから人と人とを繋ぐサービスだというところであろう。

Google+のサークル機能やハングアウト機能は、企業やアーリーアダプターとなる人たちがビジネスで使うには確かに便利な機能ではあるが、ソーシャルメディアを利用する主役が個人ベースの日本では、それを理解し活用できるまでには相当な時間が要すると思う。

とくに日本ではmixiが台頭し、そこからFac
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
一言で「google+とソーシャルメディアの理解が深まる」本です。
google+について知りたいと思っている方や
ソーシャルメディアを積極的に推進していきたい方には
参考になる点も多いかと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
「集合知 collective intelligence」にまで記述が及んでいて大変参考になります。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック