通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
GANTZなSF映画論 (集英社新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: コンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy払いが利用できます。中古品のため多少のキズ・スレ・ヤケ・折れ・書き込み等がある場合がございますがご了承の上お買い求めください。万が一、出品情報と一致しない場合は、メールを送って頂き、返送・商品確認後、返金対応致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
6点すべてのイメージを見る

GANTZなSF映画論 (集英社新書) 新書 – 2012/5/10

5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 756
¥ 756 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • GANTZなSF映画論 (集英社新書)
  • +
  • 荒木飛呂彦の超偏愛! 映画の掟 (集英社新書)
  • +
  • 荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書)
総額: ¥2,376
ポイントの合計: 73pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

漫画家・奥浩哉にとって、SF映画は自身の創作に大きな影響を与えるものである。本書では、クリエーターとしてインパクトを受けた名作『バック・トゥ・ザ・フューチャー』などの超メジャー映画からマイナーB級SF映画までを約100作品紹介。
漫画GANTZに影響を与えた映画について、脚本力や演出力とは何か、キャラクター論、コミックス原作映画への思い、漫画家から見たカメラワークや構図、CG製作・美術デザインにいたるまでを独自の視点でおおいに語る!
掲載映画は、バック・トゥ・ザ・フューチャー、インデペンデンス・デイ、猿の惑星、宇宙戦争、ゾンビ、ブレードランナー、ミクロの決死圏、ガタカ、デモリションマン、遊星からの物体X、ゼイリブ、第9地区、ロボコップ、エイリアン、キング・コング、インビジブル、スターシップ・トゥルーパーズ、アビス など。

<目次> 序 章 漫画家が映画を語る理由
第一章 脚本力と設定力を楽しむ!
第二章 超私的「キャラクター」論
第三章 名シーンのつくられ方
第四章 アニメと漫画と映画の関係
第五章 美術デザインを愛でる映画
第六章 CGとSF映画の今昔物語
あとがき

<プロフィール>奥浩哉(おく ひろや)
一九六七年生まれ、福岡県出身。漫画家。『変[HEN]』でデビュー後、『HEN』『01 ZERO ONE』『め~てるの気持ち』などの作品を発表。二○○○年から『週刊ヤングジャンプ』で『GANTZ』の連載を開始し、二○○四年にテレビアニメ化、二○一一年には二部作で実写映画化された。累計1900万部を突破し、現在も連載中。

内容(「BOOK」データベースより)

漫画家・奥浩哉にとって、SF映画は自身の創作に大きな影響を与えるものである。本書では、クリエーターとしてインパクトを受けた名作『バック・トゥ・ザ・フューチャー』などの超メジャー映画からマイナーB級映画まで、約一〇〇作品を紹介。脚本力や演出力とは何か、キャラクター論、コミックス原作映画への思い、漫画家から見たカメラワークや構図、CG制作・美術デザインにいたるまで、独自の視点でおおいに語る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 192ページ
  • 出版社: 集英社 (2012/5/10)
  • ISBN-10: 4087206416
  • ISBN-13: 978-4087206418
  • 発売日: 2012/5/10
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 404,764位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 Doc.T. VINE メンバー 投稿日 2012/9/13
形式: 新書
 本書は先ずガンツファンないと手にとらないであろう。だが、映画に興味がないと楽しめない。ガンツを愛読する映画好き、という方にのみ楽しめるものとなっている。
 ガンツには、光学迷彩は「プレデター」かな、というふうに映画をヒントにしたネタが多く読み取れる。某人気漫画家も本書と似たような(ホラー映画に関する)本を著していたが、奇才と言われるクリエーターは映画を愛し、それから学んでいる方が多いのかもしれない。
 著者の紹介する映画にふむふむと相槌を打ち、これは観たことないな、今度観てみようなどと思い、またガンツのちょっとしたネタなどに成る程と関心しながら、ページ数もさほど多くないので2時間程で読める。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 無類遊人 投稿日 2012/5/29
形式: 新書
単純に面白い。GANTZが好き。作者が好き。ホラー映画やSF映画が好き。どれかに当てはまるなら絶対に面白い内容だと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
本書に登場する作品の中にはSF映画ファンが思わずニヤニヤしてしまう作品が少なからずある。
おそらくファン以外の方は観たことはもちろん、聞いたこともない作品だろう。
そんなところがファンの心をくすぐる。
因みに自慢だが、私は本書に登場する映画を全て観ていた。
自分で驚いた。こんな本は初めてだ。よほど、著者と気が合うのだろう。
さて、作品を観るその視線は漫画家らしく、脚本・演出・画面構成等、普通の映画評とは一線を画す。
何故面白いのか? 何故つまらないのか? キチンと分析なさっている。
その辺の努力がご自身の作品にも反映されているのだろう。
もちろん、それぞれの作品の評価が私と一致するわけでもないが、プロの漫画家がどんな視点でSF映画を観ているのかということを知るというのも一興である。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック