Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 0

¥ 432の割引 (100%)

(税込)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

[真島ヒロ]のFAIRY TAIL(1) (週刊少年マガジンコミックス)
Kindle App Ad

FAIRY TAIL(1) (週刊少年マガジンコミックス) Kindle版

5つ星のうち 3.0 43件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] FAIRY TAIL(週刊少年マガジンコミックス)(1-50)の50の第1巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 0
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 432 ¥ 1

紙の本の長さ: 192ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

受賞歴

第33回(2009年) 講談社漫画賞受賞

内容紹介

“魔導士(まどうし)ギルド”……それは魔導士たちに、探し物から魔物討伐まで、いろんな仕事を仲介してくれるトコロ! 一人前の魔導士を目指す少女・ルーシィは、火を操る魔導士・ナツと出会い、彼のギルドに誘われる。なんと、そこはルーシィの憧れ“妖精の尻尾(フェアリーテイル)”だった!! なんでもヤリすぎ! 魔法界一のお騒がせ集団が巻き起こすめちゃおもしろ冒険ファンタジー!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 41965 KB
  • 紙の本の長さ: 192 ページ
  • 出版社: 講談社 (2006/12/15)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B009KYC1UY
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 43件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
内容は面白いと思いますよ。ただ絵はワンピースだしノリもワンピースだよね。でも笑い的にはワンピースより好きだし、女の子もワンピースよりかわいいと思う、
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
2014年に「マイルドヤンキー」という言葉がはやり始めました。マイルドヤンキーとは何か、
「地元に根ざし、同年代の友人や家族との仲間意識を基盤とした生活をベースとする若者。博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダーでマーケティングアナリストの原田曜平が提唱している。現代の一般的な若者の志向とされる都市部集中、車離れ、晩婚化、少子化とは異なる経済活動や行動様式を持つと定義され、仲間と同乗して車を使い、地元企業に勤めて週末は幼なじみとショッピングモールに出かけるなど、行動エリアが半径5キロメートル以内で完結するという。」(コトバンクより抜粋)
他にも「絆という言葉が好き」「仲間が大事」という定義もあるのですが、それってこの漫画にまんま当てはまるじゃないですかw

「地元に根ざし」→ギルドを拠点とし、そこを愛している。
「仲間意識を基盤とした~」→「仲間」への思いがこの世界では何より大事。命より大事。

作者が元ヤンキーと公言しているせいか、作風がとても香ばしい。
ギルドはヤンキーグループを大きくしたようなものだし、ギルドのメンバー=ヤンキー仲間には共通のエンブレムを身体に刻まなければならない。(現代の刺青やステッカーを抽象的に表現している)
そして仲間(笑)が少しでも被害を受けると、睨みを効かせた表
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Des 投稿日 2013/8/9
形式: コミック
私のこの漫画に対する感想を書きたいと思います。

去年の冬に長期休みがあり、久しぶりに漫画でも読もうと本屋に立ち寄りました。
たまたまフェアリーテイルが目に入り、アニメ化もされているし、こんなに宣伝もしているのだから、
めちゃくちゃつまらないなんてことは無いだろうと、調子に乗って30巻近く買いました。
結論から言います。私には面白さがわかりません。
しかしながら、同時に、この作品を気に入る人がいることも理解出来ます。

フェアリーテイルという漫画を読む前に、みなさんには作者の方の、
この漫画に対する考え方をわかってほしいです。

以下は海外のインタビューに答える真島ヒロ先生の発言です。
発言を切り取って張っているので、良かったら動画を観て欲しいです。
(http://www.youtube.com/ watch?v=xNuvsWpfOe0)

Q.新しい作品を作るときにどれほど(世界観の)研究するのですか?
A.僕は意外と研究しないんですね。ギルドの漫画を描いてますけど、それほどヨーロッパの文化に詳しい
 わけでもないんですよ。

Q.フェアリーテイルはどれぐらい予想をつけて描いているのですか?
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
前作のRAVEとのスターシステムらしいが、RAVEは読んでいないのであくまでFAIRY TAILのみのレビュー。
作品の事をFAIRY TAIL、ギルドの事をフェアリーテイルと表記。

火竜に育てられた滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)の少年ナツと、相棒の青い猫ハッピー、星霊魔道士の少女ルーシィによる魔法とギルドの物語。
魔法やギルドと言うとRPGやファンタジー世界ではお約束過ぎて、実は今更題材にするのかと今まで馬鹿にして読んでいなかったが、
実際読んでみるとキャラが個性的で、展開も王道でありながら捻りがあり面白い。
もっと昔から読んでいれば最初の頃の限定版が入手できていたかと後悔している。

主人公のナツは天然馬鹿かと思いきや、戦闘では機転が効き、意外と人の機微にも聡い。
古代魔法の滅竜魔法を習得しており戦闘では圧倒的な強さを見せるが、反面乗り物に乗れば完全に足手まといになる弱点も持っている。

猫のハッピーは一見ウザいようでいて可愛く、魚を頬張るシーンは口に思い切り食べ物を詰め込む動物の愛らしさが上手く表現されている。
また、大概の漫画では動物キャラはペットや愛玩される立場になりがちだが、ハッピーはあくまでナツの『相棒』であり、
乗り物に致命的に弱いナ
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover