Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540
(税込)
ポイント : 5pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[遠藤浩輝]のEDEN(1) (アフタヌーンコミックス)
Kindle App Ad

EDEN(1) (アフタヌーンコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.0 24件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] EDEN(アフタヌーンコミックス)の18の第1巻
その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1

紙の本の長さ: 214ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

正体不明の硬質化ウイルスにより、人類は世界人口の15%を失った。20年後、人類は復興を始めるが……。人類はリセットされるべきなのか否か。神に、地球に、人類が試される――。その惨劇の最中に、人類が“選択”した未来とは? 遠藤浩輝が容赦なく描く、生と死のSF譚!

著者について

遠藤 浩輝
1970年、秋田県生まれ。大学在学中の1995年、『カラスと少女とヤクザ』がアフタヌーン四季賞秋のコンテストで四季賞に入賞し、デビュー。続く冬のコンテストで『きっとかわいい女の子だから』で四季大賞を受賞。その後読み切り作品『プラットホーム』『神様なんて信じていない僕らのために』を経て、1997年より同誌にてSF長編『EDEN』の連載を開始。2008年現在まで10年を超える長期連載となる。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 62347 KB
  • 紙の本の長さ: 218 ページ
  • 出版社: 講談社 (1998/4/23)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00CELS924
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
「EDEN」がマンガ界に久々に現れた、

向上心のあるSFマンガであることに

異論は出ないでしょう。

さまざまな科学情報、新説、仮説を採用し、

ゲイや宗教問題にも真っ向から取り組む姿勢には

唸らされます。

そして遠藤浩輝といえば、“青臭さ”が代名詞。

後書で吐露しちゃっている

「エヴァンゲリオンに影響された」

も見事に描かれています。

あれこれ批判も出ていますが、

「ならばこんな作品を誰が作れた!?」

と対抗できる力を持った怪作です。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
かれこれこの漫画とのお付き合いも10年近くになります。

掲載誌であるアフタヌーンも同じぐらい長いこと読んでますが、
このEDENはまさに「アフタヌーン以外だったらどこで掲載するん
だ!」と思えるような作品です(遠藤浩輝さんの短編集ももちろ
ん)。私が個人的に「アフタヌーン系」と読んでいる作品のひと
つです。

好き嫌いが分かれる作品だと思います。特に1巻は話が前後しま
くり、よくわからない登場人物名・組織名がでまくり…、そして
何よりもやたらと説教臭い(ここが一番の売りです!多分)。
なので、あわない人にはあわないでしょう。ただ、私がこの作品
と出会ったときは青春真っ盛りだったので、そんな説教臭さや不
条理への反抗心とへんに共振しあうものがありました。

ここまで読んで自分にあいそうにないと思う人もいるでしょう。
ただ、2巻、3巻と読み進めていくうちにアクションシーンも増
えてきますし、世界設定もわかってくるので、とっつきやすく
なります。自分としては、ひとまず3巻まで読んでほしいです。
1巻だけを読んで、「読むのに疲れた」「肌にあわない」と切り
捨てるのはもったいない作品であること
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/1/17
形式: コミック
すでに単行本関数も二桁に乗ったアフタヌーンの長期連載。
事実は小説よりも奇なりを地で行ってる漫画家さんだと思う。
厭世的というよりも「そのまんま」なんだよね。
別に現実に起こっていることに照らし合わせて、
きれいなもの、汚いものを天下に晒し出そうというのではなく
世界の当たり前をそのまんま描いてる。
"こうゆう世界観でこうゆう組織があってこうゆう人々がいたら
こうなってああなってそうなるでしょう"と
ただひたすらにそれだけでご都合的な奇跡や救いが全然ない。
この、作者の冷たい視線とそれをドラマに仕立て上げる構成力が、
EDENの最大の魅力だと思う。
描かれるキャラの中には善悪にこだわって死んでいく者もあったが
作品全体としては、善悪の観点が放棄されている感がある。
「善だろうが悪だろうが男だろうが女子供だろうが死ぬ時は死ぬ」
そういう描き方をしているから好き嫌いが分かれるのは仕方がない。
思考の狭い子供や大人には読めない漫画だろう。
これからいい大人になりたいと思う年頃の人は読んでおいて損はない。
10巻を越えて、画力は相当高いところで安定したが
絵としてさっぱりしすぎて華がないのが難点といえば難点。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 AgePan 投稿日 2006/1/2
形式: コミック
この漫画は、一貫して意味ありげな台詞と「世の中は糞だ」的な青臭さに溢れている。

私はその青臭さこそがEDENの魅力だと思っているのだけど、その辺に抵抗がある人の目にはひたすら、

EDENやその読者が痛々しく映るに違いない。

賛否が分かれるというのは多分この辺の事情。

雰囲気や世界観が評価されることが多いが、アクションシーンも圧巻。

圧倒的な数の軍隊を相手に、たった数人のゲリラ(素人含む)がどう立ち向かうか、そのやりとりが熱い。

漫画でのガンアクションというのは下手をすれば、敵の弾が当たらない主人公側&銃を撃つ止め絵のオンパレードになりがちだが、

EDENは攻撃するにも回避するにも描写が丁寧で、キャラの動きが映像を観るように分かる。

ケンジが人気キャラなのも頷けます。

と、結構好意的なことを書いてきたが、その面白さも5巻まで。

6巻以降は急激につまらなくなる。(9巻で盛り返してまた落ちるけど)

あの共感できる「名言」もアクションシーンもサバイバルも無くなってしまった。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover