Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 432
(税込)
ポイント : 4pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[八神ひろき]のDEAR BOYS OVER TIME(3) (月刊少年マガジンコミックス)
Kindle App Ad

DEAR BOYS OVER TIME(3) (月刊少年マガジンコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] DEAR BOYS OVER TIME(月刊少年マガジンコミックス)の3の第3巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 432
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 463 ¥ 75

紙の本の長さ: 192ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

毎号、オムニバス形式で送る『DEAR BOYS』の新シリーズ! 真夏のインターハイの激闘が終わり、人気キャラの“その後”を描いた珠玉のエピソード4編を収録。次代の瑞穂バスケ部を背負う、エース・高階トウヤとマネージャー・杏埼沙斗未、そして、悲願の全国制覇をなしとげた哀川和彦、藤原拓弥、三浦蘭丸、石井努、土橋健二――それぞれが選ぶ“未来”とは!? シリーズ“延長戦(オーバータイム)”遂に完結!!

著者について

八神 ひろき
1966年生まれ。新潟県出身。1987年、「月刊
少年マガジン」にて『2人におまかせ』でデ
ビュー。1989年より同誌にて『DEAR BOYS』を
連載開始。1996年から2004年まで『G-taste』
を連載(ミスターマガジン~ヤングマガジンUppers)。
『DEAR BOYS』は、番外編『DEAR BOYS THE EARLY DAYS』
を挟み、1997年より『DEAR BOYS ACTII』、2009年より『DEAR BOYS ACT3』を2015年まで連載。
2016年より『DEAR BOYS OVER TIME』として現在連載中。
『DEAR BOYS』はシリーズ累計売上が4,000万部を超え、
2007年には『DEAR BOYS ACTII』で第31回講談社漫画賞少年部門を受賞。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 46850 KB
  • 紙の本の長さ: 195 ページ
  • 出版社: 講談社 (2017/2/17)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01N3CFKFS
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1

トップカスタマーレビュー

投稿者 zoh 投稿日 2017/3/16
形式: コミック Amazonで購入
終わってしまうのが哀しい
青春時代から続く漫画
楽しい時間をありがとうございました
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kt's 投稿日 2017/3/12
形式: コミック Amazonで購入
ヒロインに一言も告げずにいきなりアメリカに行こうとするって、人としてあんまりじゃないですか?
結局、寝てる時に「好きだ」と言っただけで付き合ってすらいないし、好きだと言われたことを麻衣自身も知らない。
付き合ってすらいないから、無視して渡米するなんて非情なことをやれるのかもしれないけど。

どうでもいい湘南や成田の試合にはオーバータイム2巻であれだけのページを割いたのに、
主人公は最終巻でたった4分の1のページ数しかない。しかもヒロイン放り出して逃げようとする鬼畜振り。
残念な出来栄えでした。

評価はこれだけの長い時間を掛けて完結させたことに対するものです。
正直、最終巻としては微妙です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
もう少し3年生5人を中心に据えて欲しかった
表紙からして我らが土橋君の扱いの悪さを感じる
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
中学生の時に回ってきたことがきっかけで、読むことになったシリーズ。
最初は絵が下手で、ボールのはねる音がテインテインで(笑)なんだかツッコミどころ満載だなーと思っていました。
大味な試合展開で最初はそれほど熱心に読んでいるわけでは無かったのですが、少しずつ自分達の力不足を感じ取り
成長していく瑞穂メンバー。そして他校のメンバー達のキャラクターに少しずつ共感していくことに。
ディアボーイズは、心理描写がとても丁寧な作品である。
哀川和彦は掴みどころのないキャラクターだったが、実は一人で抱え込んでしまい、孤立してしまう少年。
そんな哀川に少しずつ絆を深めながらも完膚ななきまでに叩きのめされた関東大会成田中央戦。
瑞穂のメンバーは空中分解したと思いきや、現れたのは高階トウヤ。
飄々とした性格、プレイながら、彼は自分の正直な気持ちを持って、メンバーと哀川の気持ちをもう一度奮起させた。
チームプレイって、良いなと思った。
高階はバスケから遠のいていたが、藤原を始めとした真っ直ぐな気持ちで試合に臨むメンバーに感化され
入部を決意した。
瑞穂の周りには、高階を始め、試合に負けたにも関わらず、全国大会の対策として合宿に参加してくれた本牧、横学、
瑞穂のOBなど
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover