Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540
(税込)
ポイント : 2pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[かねこしんや]のCuldcept(6) (マガジンZコミックス)
Kindle App Ad

Culdcept(6) (マガジンZコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.9 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 1

紙の本の長さ: 200ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介

ギルドマスターの命により、ゼネスが持つ『火の王』のカードを入手するためシャンテニオンの街を訪れたナジャランとホロビッツ。『火の王』の召喚で灰になってしまった街――そこで待っていたのは……!?

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 92015 KB
  • 出版社: 講談社 (2007/9/21)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01HXKQH6A
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
>書籍版を買う方へ
今まで単行本未収録だったエピソードが、電子書籍版では1話分多く収録されています
もう続きを見る事は願わない、と思っていたので嬉しい朗報でした
が、追加分でも物語は良い所で終わっているので結局続きが気になったまま
ゲームの方は新作が出続けているので、こちらも続きが見れる日を心待ちにしています

シナリオの方ですが、物語はいよいよクライマックスへ
黒のセプター陣営の決死の猛攻、味方の正義と敵側の正義
その時ナジャランは何を思うのか、相手の正義とどう向き合うのか?
敵側の目的が明らかになり、戦闘の規模も過去最高のスケール
読み手としても最高にヒートアップしてたのですが、上記の通り物語はここでストップ
何度でも言います、ずっとずーっと続きが描かれるのを待っています!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
全巻書籍で持ってますが、書籍未収録話があると聞いて電子版の6巻だけ購入
泣けた、ええ話やった

書籍で持ってる方も未収録話がええ話なので買ってみてよいと思います
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
カルドセプトを知っていますか?
プレイステーションやXBoxにおいて大宮ソフトから出ている、
カードバトルといたストを足したようなゲームの世界観を基に、
コミック化されたものです。

絶対神カルドラが宇宙を司るために作り出した創造の書「カルドセプト」。
その力を召喚という形で引き出せる「カード」と召喚師に当たる「セプター」。
そんな世界「リュエード」での主人公“ナジャラン”は、セプターという以外には
取り立てて強力な力を持つわけでも無い、どちらかというと標準の女の子。

ところが気が付けば世界を崩壊させかねない緊急事態に巻き込まれ七転八倒。
それでも持ち前の根性と明るさと、「しょうがねぇなぁ(苦笑)」と周りもつい手を
出してしまいたくなる優しさで、世界崩壊の危機を乗り越える、、、のか?(滝汗)
という、マガジンZ連載中のお話です。

話の構造は角川スニーカー文庫の「アンダカの怪造学(日日日著)」に似ています。
あっちの主人公はとんでもない切り札を持っていますが、ナジャランは今のところ
健気なまでの努力(気合とも言う)と周囲やクリーチャーの助力で何とかやってます。
上記が好きな人は、こっちもハマれると思いま
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
遂にこの巻から、黒のセプターとの本格的な戦いに突入します。
様々なキャラクターが、それぞれの「戦う理由」を背負っている描写に熱くなること請け合い。
特にゼネスの過去と成長、騎士の誓い、この場面は何度読んでも涙腺が崩壊します。

とても「グッ」とくるツボを心得たマンガなので、是非もっと読まれて欲しいですねえ
刊行ペースがやや遅いのが難ですが、待っててよかった!と心底思える六巻でした。

続きがひじょーに楽しみです。
またゲームの方やろうかなあ…
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
本巻では、思わず涙腺を緩ませてしまいました…。

自分はカルドセプトのゲームが好きで
本屋で『あ、カルドセプトのコミックなんて出たんだ』
と、軽い気持ちで買ってみたところ、
かねこしんや氏の描くカルドセプト世界に
どっぷりとハマりました。

画力はもちろんのこと、オリジナルの要素や
ゲームでは描かれていないストーリーを巧みに盛り込む
その手腕はホントにお見事!
読んでいてワクワクする気持ちは
あのジブリ映画を見ているとき以上かもしれません。

カルドセプトのゲームが好き!という人であれば、
ぜひ手にとっていただければと思います。
また、『いきなり買うのはちょっとなー(;'Д`)』
という人は、マンガ喫茶で試し読みをしてみて下さい。

その帰り道に、間違いなくコミックスを
買っているでしょうから('∀`)
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover