Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 0
(税込)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

[弐瓶勉]のBLAME!(1) (アフタヌーンコミックス)
Kindle App Ad

BLAME!(1) (アフタヌーンコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.3 46件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] BLAME(アフタヌーンコミックス)の10の第1巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 0
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 450

紙の本の長さ: 236ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

極限まで発達したインターネット世界。かつて、そこは『超構造体』に内蔵されたシステム(BIOS)上で起動する『統治局』(OS)が、正規アクセスする人間の要望を完璧に叶えていた理想世界だった。だが、破局が起こり人々はアクセス権を失い、『セーフガード』(ウイルスチェッカー)が容赦なく『駆除系』で不正規アクセス者を排除する、危険な世界へと変容してしまう。探索者・霧亥(キリイ)は『統治局』への再アクセスを可能にするために何千フロアも超構造体を放浪し、『感染前』の『ネット端末遺伝子』を求める。

著者について

弐瓶 勉
1971年生まれ。男性。福島県福島市出身。代表作に『BLAME!』など。1995年、『BLAME』がアフタヌーン四季賞で谷口ジロー特別賞を受賞。その後高橋ツトムのアシスタントを務めた後、1997年より月刊アフタヌーンで代表作『BLAME!』の連載を始めた。この作品は後に複数回映像化されている。

弐瓶勉オフィシャルサイト
http://www.aposimz.com/top/

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 54829 KB
  • 紙の本の長さ: 1 ページ
  • 出版社: 講談社 (1998/6/20)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00C9QK1YI
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 46件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
霧亥、シボ、ネット端末遺伝子
セーフガード、珪素生物

ドンドンドン!

お楽しみあれ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
この作品は書き込みが非常に濃厚で、ぱっと見真っ黒。台詞のルビなど小さすぎて非常に読みにくかったです。
PaperWhiteでは、画面が小さすぎるために良く分からない。画面を大きくすると、一ページを読むのに何度も位置を変えなければならない。PaperWhiteは絵がカクカク動くので、とても面倒くさい。
あまりに読みにくいのでfireHD7を追加で買ったのですが、やはり画面の小ささはどうしようもない。ルビもかろうじて読めるのですが、せっかくの画面構成があの小さな枠に押さえつけられているようで窮屈。この作品は見開きページが多いのですが、fireHDを横にすると余計にディテールがつぶれる。
書籍では大判の新装版が出るくらいですから、やはりこの作品は大きな画面で読むほうが楽しめるのでしょう。そのためにさらに大きなタブレットを買う、という気にはさすがになれません。
作品自体は、かろうじて一巻を読み終わりましたが、よく分からないというのが正直なところ。おそらく、絵を楽しむ漫画なんでしょう。こういう作品にはKindleは向いていないと思いました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
よかったーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2013/9/1
形式: Kindle版
このレビューを書いているのは、2013年9月1日です。
BLAME!の連載が始まったのが1997年ですが、2013年現在、この作品と趣を同じとする作品は
いまだに登場していません。
まさに、唯一無二。孤高の存在感がある、独特な漫画です。

BLAME!についてまず特筆すべきは、なんといってもその独特な世界観でしょう。
『サイバーパンク』とか『SF』という言葉だけで括れる世界ではありません。
『弐瓶ワールド』とでも言うのでしょうか?
一番近い作風を挙げるとすれば、HRギーガーでしょう。(実際に、作者はかなり影響を受けているそうです)

どこまでも無限に続く、機械や建造物の無機質な世界。
『漫画』と言うよりは『画集』に近いような雰囲気です。
巨大で機械的で無機質で暗い建造物を中を、主人公がたった一人ポツリと歩いていく。
たったそれだけのシーンを描いたコマが多いのですが、これがもう魅力的で魅力的で。
人は、巨大なものになぜか惹かれます。圧倒的存在に、なぜか惹かれます。
BLAME!の世界には、それらがたくさん詰まっています。

ストーリーも、非常に独特です。

時は(おそらく)遠未来。
絶大
...続きを読む ›
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
全巻大人買で読んでみて、これは素晴らしい作品だと感じました。この作者、引き絵を多用することにより空間の構築力が半端なく凄い。電気羊やニュ–ロマンサーなど諸々SF本の薫りがし、かつ映画、アニメと色々な要素が散りばめられており、SFファンなら相当楽しめます。特に1巻目は秀逸!かなり重い。後は意識してか、編集者の手か徐々に説明臭くなる。売れると云うことはそう言うことと理解して読んではいますが、作者が1巻のまま全編押し通していたらと思うと・・・空恐ろしくなります。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kou2199 VINE メンバー 投稿日 2016/7/8
形式: Kindle版 Amazonで購入
すごいコミックがあると言うので
試しに第一巻のみ電子書籍購入してみました

残念ながら世界観がまったく理解不能で
とてもついていけません、さっぱり判りません

ブロ友から「そーいうものですよ」と言われてましたが
やはりそーいうものでした(;'д`)

最終巻まで同じ調子だとのことで第一巻で断念です
ファンのかた本当に申し訳ありません

こーいう意見もあるということで<(_ _)>
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
最近pixivなんかでは、この作者に影響を受けたらしい風の絵柄が結構多く見られますね。
やたらクールで格好良いもんですから、そちらからこちらへ逆輸入されてきて、「よし、じゃあBLAME買ってみよう。」なんて思うヒト達も結構居るんじゃないかと思います。・・・が。

だが、ちょっと待って欲しい。です。

このBLAME含め、この作者の漫画は、癖というか、もはや毒というべきなくらいの、非常に強い特性を持っています。
それ故、中身の質は自信を持って保証出来ますが、購入者との相性については、むしろ合わない可能性のほうが高いと考えるべきなくらいです。

Amazon等各所のレビューは総じてそこそこ高いようですが、願わくば購入ボタンを押す前に、どこかで一度、実際に立ち読み出来る機会を探して、ある程度中身を確認してから、購入を検討することを推奨します。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover