Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 756

¥ 108の割引 (13%)

ポイント : 7pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[宮本節子]のAV出演を強要された彼女たち (ちくま新書)
Kindle App Ad

AV出演を強要された彼女たち (ちくま新書) Kindle版

5つ星のうち 4.1 18件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 756
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864 ¥ 406

商品の説明

内容紹介

モデルにならないか、とスカウトされ契約書にサイン、いざ撮影となって現場に行ってみたらAVだった。嫌だと訴えても、契約不履行で違約金がかかるぞ、親にバラすぞ、と脅され、仕方なく撮影に応じると、以後、次々に撮影を強要される……。「AV出演を強要された」女性からの生の声を聞き支援するなかで見えてきた、驚くべき実態を報告する。

内容(「BOOK」データベースより)

モデルにならないか、とスカウトされ契約書にサイン、いざ撮影となって現場に行ってみたらAVだった。嫌だと訴えても、契約不履行で違約金がかかるぞ、親にバラすぞ、と脅され、仕方なく撮影に応じると、以後、次々に撮影を強要される…。「AV出演を強要された」女性からの生の声を聞き支援するなかで見えてきた、驚くべき実態を報告する。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2496 KB
  • 紙の本の長さ: 136 ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2016/12/10)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01MXY5A5D
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 46,572位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
世の中の人々、特にAVを日々鑑賞している人々に作品が作られる背景にはどのようなことが起こっているのかを知ってもらいたいと思った。
たくさんの女性の声が、叫びがのせられている。
人ごとではない。
全てが全てではないだろうけど、作品が作られる背景には犯罪行為と言っていいようなことが行われている。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
全ての高校に教材として配布され、男子禁制の特別授業で女性教師のもとで全ての女子生徒に指導されるべき必須科目となればいい、と思う。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
AV女優と聞くと、どうしても彼女がそこに至るまでに貧困やらなんやらと大変な事情があったのだろうと想像してしまいがち。ところが、この中に紹介されている女性達はいわゆるフツウの女性であり、なんら特別な存在でもないことがわかる。恐ろしいのは、こうしたフツウの女性がAV産業という大きなシステムの中に巧妙に取り込まれてしまうという現実がこの社会に存在しているということだ。しかも、その手口は本の中で紹介されているように、非常に身近な私達の生活の中に転がっている。この本はそんなことを痛感させてくれる。
また、著者が単なるルポライターではなく、ソーシャルワーカーであるということもこの本の魅力だと思った。彼女達が経験したことや産業構造を明らかにしていくなかで、そこには常に支援者として、ソーシャルワーカーとしてどういう視点を持っていたのかということが書かれている。支援がうまくいったケースもそうでないケースも、その支援に至るまで支援者が頭の中でどのようなことを考え支援しようとしていたのかが詳細に書かれていて、同じ福祉の道にいるものとしてはとても勉強になった。
この本をきっかけに、少しでも多くの人にこうした社会の実態を知ってもらい、これから被害にあう方が減ることを願うとともに、相談できる場所がこの社会に存在しているということも知ってもらえたらと思う。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
私は手のパーツモデルといわれ契約したが、実態は違った。
19才だった私が、出演するのはAVと聞かされ断っても違約金100万円払えるのかと言われた。何本か出演させられ、犯されるたび心身が壊れる感覚に陥った。
数年後には知人に知られていると知り引きこもりになった。今も消されず販売され続けている。人目を避ける生活。
自身の羞恥をさらすことが怖く、何年も誰にも話さなかった。悔しい。この苦しみは、どれくらいの人に届くのか。この辛さは、この世の認識を変えるために経験したことじゃないか。私はとにかく、被害者がどこまでも惨めな思いをしなければいけないことが許せない。助けて。助けて。助けて。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 こういうスカウトを入り口として、巧妙に出演を断り切れなくされるのですね。
 「ポルノ被害と性暴力を考える会(PAPS)」の世話人・宮本節子さんが、どのように声をかけられて、
どのような状況を作られて、どのような心情で断り切れなくなって...出演してしまったことを後悔して、
悩み抜いて憔悴しきって助けを求めてくるのかを教えてくれながら、「彼女たち」の弱さについても語
ってくれます。

 「契約した私も悪い」...こうした強い(強すぎる)自責感は、このテーマだけではなく、相談の内容
によってよく聞かれる言葉です。背景には、納得のいかなさや理不尽さに怒りを感じながらもそうした
感情のもっていき先がないとき、相手の強さに圧倒されてしまったとき、エネルギーが枯れ果ててしま
って、外に向かう気力がわいてこないとき...行き場を失った感情はぶつけやすい自分自身に向かってし
まいます。状況をコントロールできない無力感を味わいながら、こころのエネルギーの消耗はさらに進
んでいきます。そうした「彼女たち」をどのようにサポートするか、してきたかを丁寧に語ってくれま
す。

 契約したプロダクションに「辞めたい」と訴えて、こじれてしまってどうしてよいかわからなくなっ
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
『AV出演を強要された彼女たち』(宮本節子著、ちくま新書)を読んで、怒りが込み上げてきました。

「アダルトビデオのプロダクションやその関連のスカウトマンが、若い女性たちの、タレントになりたいアイドルになりたいという願望、あるいはお金が欲しいという気持ちに巧みにつけ込んで、契約書にサインをさせて、徐々にアダルトビデオ撮影に応じるように持ち込んでいく」。こうしてアダルトビデオに出演されられてしまった女性たちから寄せられたSOS事例が紹介されています。

有名になりたいとか高収入を得たいといった気持ちの隙を衝かれて、思いもかけなかった泥沼の深みにはまってしまい、なかなか逃げ出せない悲惨な実態が明らかにされていきます。

続いて、彼女たちはなぜ契約書にサインしてしまったのか、なぜそこから抜け出せないのかという疑問に対する答えが分析されていきます。

最後に、彼女たちをどのように支援したらよいのかが検討されています。

タレントやアイドルになりたいと思っている女性、スカウトマンから声をかけられた女性、契約書にサインしてしまった女性、アダルトビデオ制作のシステムに否応なく組み入れられてしまった女性――は、先ず本書を手にしてほしいと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover