Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,296
ポイント : 130pt (10%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[江田 健二, 一般社団法人エネルギー情報センター]の3時間でわかるこれからの電力業界 ―マーケティング編―5つのトレンドワードで見る電力ビジネスの未来 (NextPublishing)
Kindle App Ad

3時間でわかるこれからの電力業界 ―マーケティング編―5つのトレンドワードで見る電力ビジネスの未来 (NextPublishing) Kindle版

5つ星のうち 4.8 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,296

紙の本の長さ: 224ページ

商品の説明

内容紹介

●今とこれからの「電力業界ガイドブック」
電力自由化以降の電力業界を解説した業界ガイドが、多くの電力会社さんのご協力のもとに遂に完成しました。

今、電力業界(特に売電をになう「電力小売業界」)は急速に変化・多様化しつつあり、これから一気に市場・ビジネスが広がっていくと予想されています。

本書はこの業界への就職・転職を目指す方の先導役として役立つ業界ガイドとして編集しました。
(もちろん、電力会社の方が業界の動きを押さえるために使うこともできます)

●今とこれからの業界の動きをカバー
最低限知っておくべき電力業界の基本に加え、これからの電力小売業界を考えるための5つの鍵となるトレンドワード「新規事業開発(メガプレイヤー・異業種の参入)」「地域・地方」「IT・デジタル(IoT)」「コミュニティ」「エコ&ソーシャル」について分かりやすく解説し、具体的な事例を取り上げています。
続く最終章では、はずしては業界を考えられない「10電力を含むビッグプレイヤー」の動きも押さえています。

●豊富な企業データを収録(77社の最新状況を詳細解説+巻末には300社以上の企業リスト)
業界で活躍する企業について、そのビジネスドメイン・電力販売対象・サービスの特徴/強みを豊富に解説しています。気になる電力会社のチェックにお使いいただけます。

「電力業界をざっくり知りたい」「特に電力業界の未来を知りたい」という方のための電力小売業界ガイド決定版としてお届けします。


【目次】

■PART1 電力業界入門
1 電力業界の現在と近未来
2 これだけはおさえておきたい「電力業界の基本」
3 数字で見る電力業界

■PART2 5つのビジネストレンド
ビジネストレンド1「電力×新規事業開発」大手異業種企業の新規参入
*インタビュー(株式会社東急パワーサプライ 代表取締役社長 村井健二氏)
ビジネストレンド2「電力×地域・地方」 地域特化型エネルギー事業
ビジネストレンド3「電力×IT・デジタル」 エネルギービジネスへのIT活用
*インタビュー(株式会社エナリス 代表取締役会長 村上憲郎氏)
ビジネストレンド4「電力×コミュニティ」ファン囲い込み&コラボ型電力プラン
ビジネストレンド5「電力×エコ&ソーシャル」社会・環境貢献型電力事業

■PART3 既存電力会社の動き
1 「既存10電力会社」のこれまでとこれから
2 10年以上の歴史をもつ「老舗新電力会社」

■巻末資料 地域順電力小売企業リスト

出版社からのコメント

(「はじめに」より)
電力会社と言われると、皆さんの多くは北海道電力、東京電力、九州電力などいわゆる大手10電力会社を思い浮かべるのではないでしょうか。こうした既存大手電力会社はこれまで多くの学生や若者、特に地方の学生にとって人気の高い就職先の一つでした。これら大手電力会社は、県庁や市役所といった公務員職、また銀行など長年の実績がある安定した企業同様、魅力的な就職先としてその地位を保ってきたからです。
こうした既存の大手電力会社は、一部のやや保守的かつ安定志向の学生や若者にとってはこれまで通り人気企業であり続けるでしょう。しかし近年、就職先としての電力会社、電力業界のイメージや位置づけが大きく変わりつつあります。
その変化の要因は様々ですが、一つ言えるのは「電力業界、電力事業という産業に大変革の時代が訪れている」ということです。具体的に言うと、電力業界全体の構造、会社の種類、仕事の内容に大きな変化が起こっており、ビジネスモデルも多様化し、当然そこで求められる人材も多様化しつつあるのです。

本書は、今急速に変化、多様化しつつある電力業界、特にこれから一気に市場が広がり、ビジネスモデルも多様化していくと思われる「電力小売業界」にスポットを当て、この業界への就職・転職をめざす方の先導役として役立つ業界ガイドブックをめざして編集しました。
おそらく、電力小売業界の最新トレンドと企業情報を網羅した初めてのガイドブックとなる本書は、実際に電力業界への就職・転職をめざしている方だけでなく、新たな拡がりをみせようとしている電力ビジネスの今と未来を把握したいと考えているビジネスパーソンの皆さんの期待にも十分に応えられる内容となっています。

電力業界のみならず日本と世界の産業およびビジネスは今、テクノロジーの急速な発達・普及とともに激動の時代に突入しています。そんな中、電力・エネルギー業界もかつて経験したことのない変革期を迎えており、そこには多くのビジネスチャンスが生まれています。そのビジネスチャンス、新たな可能性が広がる世界にフロンティアスピリットを持って挑みたいと考えている皆さんに、本書はきっとこれからの働き方を考えるヒントを提供することができると自負しております。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 70337 KB
  • 出版社: good.book (2016/11/11)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01N3L1X4O
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 8,202位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 panhead 投稿日 2017/4/26
形式: オンデマンド (ペーパーバック) Amazonで購入
過渡期なのでしょうがないですが、2020年以降がどうなるかはよくわからないままでした。後、個人向けの話が中心で、超高圧契約の話はほとんどありませんでした。ここは個別交渉の世界なので無理なのかもしれませんが・・・
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: オンデマンド (ペーパーバック) Amazonで購入
電力業界版の四季報として購入。
各社の概要が1冊に纏まっているので、1冊持っておくと便利。
ただし、深くはないので、その点は要注意。

コラムや特集記事も切り口が独自で面白かったです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: オンデマンド (ペーパーバック) Amazonで購入
改めて電力業界の現状を俯瞰したいと思い購入。
ビジネストレンドの分類とともに各社の戦略が垣間見え、充実した内容になっている。
これから電力業界に携わる方はもちろん、電力会社に対して商品を販売しているメーカーなどが(直近の)顧客ターゲットを検討する際にも有益。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: オンデマンド (ペーパーバック)
本書は電力業界の就職やビジネスを考えている人向けのものとなっていますが、巷で話題の電力自由化について詳しく知りたい人、または電力サービス選びの参考にしたい人にもオススメ出来るものとなっています。

PART1からPART3までの3部構成になっています。

PART1では電力業界についてグラフや図を交えて1から基本的なことを解説しています。

PART2では5つのトレンドワードから電力業界を読み解いていきます。電力の自由化に伴って、新規参入をした企業の様々な電力サービスのビジネススタイルについて1つ1つ詳しく解説してくれます。1つ目に異業種の企業、そして実際に事業を手がけている企業の方とのインタビュー記事を掲載しています。2つ目に地域密着特化の企業。3つ目にIT・デジタルを積極的に活用している企業、そして実際に事業を手掛けている企業の方とのインタビュー記事を掲載しています。4つ目に様々なコミュニティ(例プロ野球球団のファンなど)を有効活用し1つの電力プランとするもの。5つ目に環境に配慮し、環境価値があるものを1つの電力プランとしていくもの。それぞれの利点や企業選びのポイント、代表的な企業の詳細が書かれていて比較しやすくなっています。

PART3では既存10電力会社や老舗新電力会社の動きをわかりやすく書い
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: オンデマンド (ペーパーバック)
2016年4月から電気小売り全面自由化が開始されたから電力業界の市場規模が拡大し、今まで無かった新電力ビジネスモデルが現れ始めています。
これからの電力業界の動きやビジネストレンドをかなり分かりやすく説明しており、チャート、図、インタビュー、会社の紹介などを取り入れているところが転職やビジネスのためなる内容で良いと思いました。 
本自体は全体的に電力業界入門、ビジネストレンド、既存電力会社の動きといった三つのパートに分かれていますけどビジネストレンドの内容が本の大半を占めています。
確かに3時間でさらっと読めますけど、転職やビジネスに使うとしたらちゃんとチャートや図をじっくり勉強した方が内容をより一段深く理解すると思います。

電力業界に興味のある方に是非おすすめしたいです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover