日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

15年後のラブソング(字幕版)

 (22)1時間37分2020G
それなりの仕事があり、長年一緒に暮らすパートナーがいる、周囲から見たら「安定」という言葉がふさわしい生活に、別に不満があるわけではないけれど、なんとなくモヤモヤする・・・そんな日々を送るイギリス人女性アニーのもと、一通のメールが舞い込んだ。送り主は、90年代に表舞台から姿を消した伝説のロック・シンガー、タッカー・クロウ。腐れ縁の恋人ダンカンが心酔するミュージシャンだった――。今生きている日常が嫌いなわけではないけれど、この人生を望んでいたわけじゃない。なんとなく惰性で続いてきた日常を、変えるきっかけを掴めないまま、気づいたら月日がたっていただけ……。どうにか新しい一歩を踏み出そうとする彼らが選んだ大人のハッピーエンドとは――?(C)2018 LAMF JN, Ltd. All rights reserved.
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

提供
ハピネット
レーティング
G(年齢制限なし)
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち4.2

22件のグローバルレーティング

  1. 43%のレビュー結果:星5つ
  2. 36%のレビュー結果:星4つ
  3. 21%のレビュー結果:星3つ
  4. 0%のレビュー結果:星2つ
  5. 0%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

山B2021/10/11に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
もやってる女子の癒しに
確認済みの購入
ローズバーン演じる40歳前の田舎に住んでる女性が主人公。
同棲している彼とは、子供を作らないと決めているけどモヤモヤしてる人生を送ってる。
似たような境遇にある女性を勇気づけるとても癒しになる映画でした。
ローズバーンってコメディもシリアスも幅広く演じて最高な女優さん、ますます好きになりました。
対するイーサンホークもいい味出してる。
自分は若い頃イーサンホークってただのつまらないイケメンだと思ってたけど、その時の自分は間違ってた。
イーサンホークは歳を重ねるごとに良い。
そしてこの映画のラストも良い!
とにかく観て欲しい映画です。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
中大兄皇子2021/10/10に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
人生の後悔と前進
確認済みの購入
このまま大きな変化なく人生が過ぎていくのかなあと感じている人に見てほしい。

停滞した中年の生活を恋愛要素を絡めて表現しているので、出会いこそドラマチックだが、燃え上がるような恋愛が繰り広げられるような作品ではない。
しかし、心に沁みる余韻を与えてくれる最高の作品の一つである。

大人になると過去の比重が多くなり、足が止まりがちだが、未来は自分の足で切り開けるというのを説教臭くなく伝えてくれている。

妙に印象に残ったのは、タッカー(元ミュージシャン)とダンカン(その熱狂的ファン)の言い争いのシーン。
ダンカンの「作り手が駄作だと思っていても、傑作だと感じ感動したファンが作り手に感謝するのはファンの勝手」という理論は非常に良かった。他人の大切なものはたとえその製作者でも貶すことはできない。
TCY2021/10/03に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
タッカー・クロウという生き方
架空の伝説的?ミュージシャンをめぐり
陶酔する熱狂的ファンとその彼女アニー、
クロウやアニーの周りの人がおりなす
出会いと別れが象徴的描かれた秀作であった。

アニーがビーチでダンカンにタッカー・クロウを紹介するシーンは本当におもしろく
イーサン・ホーク本人が歌うJuliet, Nakedのアルバムは確かにカッコいい。
病院でのカオスなシーンはタッカー・クロウを象徴する素晴らしいシーンであった。

またザ・キンクスの「ウォータールー・サンセット」が効果的に使われていた印象。

1年後のラストシーンは、クロウに報告していたメールの内容、
ダンカンの新作アルバムへの酷評から
アニーはダンカンとやり直したと考えられるであろう。

最後に邦題の15年〜とはアニーが無駄にしたと語っていた年数であり
決してラブソングとは結びついていない気がするのだがどうなのだろうか。
石井 明2021/04/06に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
英国と米国も思ったより近い。
途中セリフでザ・キンクスの名が出た時にオッと思い「ウォータルー・サンセット]('67年)がここで聴けるとは思わなかった。
一寸特別な中年男女のファミリー・ドラマで小説が原作の面白い映画。
~団塊爺。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
hahahaha2021/10/11に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
キャスティング失敗でイライラ
キャスティング、3人目がダメ。
内容もよく、なかなかいい作品だと思ったけど、
何度も元彼?が出てくるたびに頭にきた。
イライラさせられる。
嫌なオーラ出しまくり。一人で作品潰している。
どうして、この人にしたのかなぁ。
途中で何度も観るのをやめようと思った。
ポンコツジジイ2021/01/03に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
クリーンヒット!
確認済みの購入
正月三が日、ファウル、ボテボテのゴロ、ライトフラばかり!しかし三日になって、ずばりクリーンヒット!でした。
すべてのレビューを表示