再入荷見込みが立っていないため、現在ご注文を承っておりません。

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

13人連続暴行魔 (レンタル専用版) [DVD]

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

再入荷見込みが立っていないため、現在ご注文を承っておりません。 在庫状況について

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら
この商品をチェックした人は、これらの取り扱い商品もチェックしています

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 荒木クミ子, 阿部薫
  • 監督: 若松孝二
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ブロウアウトジャパン
  • 発売日 2004/10/29
  • 時間: 60 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00031Y84K
  • JAN: 4533104303082
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 117,452位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

『巨匠たちのポルノグラフィー』 【Great masters' pornography】
現在、さまざまなジャンルで活躍している監督たちが、かつて撮っていた珠玉の作品群をDVDで復活!!若かりし頃、自分の表現したい映像をポルノという舞台で表わした作品。

倒産して人影もない町工場で19才の少年が改造ピストルを作りあげた時、ひとりの凶暴な連続暴行殺人犯が生まれた。ひたすら殺戮とレイプを繰り返す少年の姿に当時の世相が不気味に浮かび上がる、若松孝二、若き日の衝撃作!

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『寝取られ宗介』『エロティックな関係』の若松孝二監督が、若かりし頃に手掛けたエロス作品をDVD化。倒産して人影もない町工場で改造ピストルを作り上げた19歳の少年。以来、彼は狂暴な連続暴行殺人犯となり、殺戮とレイプを繰り返す。R-18作品。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
新東宝映画である。つまりポルノ映画。
鬱屈した青年が、改造ピストルを作り、次々にレイプ、殺人を犯す。
盲目の少女をレイプしたが彼女だけ殺さない..心が少しだけ変化する。
最後は....
本編は60分。1978年の作品。
内容的には、あまり心にくるものはなかったが、関心はやはり本作の音楽を手がけた阿部薫だ。
ギター、打楽器、ハーモニカ、アルトなどによるプレイ。
「アカシヤ...」も演っている。
ラストの「赤とんぼ」は少しだけグッっときた。
78年というと、フリージャズも70年代初頭ほど熱くはなかったはず。
若松孝二は、ずっとフリージャズを引きずっていたのだろうか。
それとも、単に阿部薫に対する思い入れが大きかっただけなのだろうか?
この映画の数カ月後に阿部薫は鬼籍に入る。
葬儀を仕切ったのは若松孝二だという。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 MINUIT 投稿日 2007/1/13
Amazonで購入
この作品の素材は、アメリカで実際に起こった殺人事件である。
だが、この映画は寧ろテロリズムに関する作品として捉えたほうがいいと思う。
金も無く、身分も無く、風采の上がらない一青年が、社会に対して叛逆を企てるのだ。
無論ピンク映画なので、狙われるのは団地妻や婦警といった女性ばかりだが、本質は「アルジェの闘い」などにおける爆弾闘争に近いと思う。
興味深いのが、女性画家の登場する場面である。彼女は主人公の住む町並みを「きれいだわ」と表現するが、これは難民キャンプを見て「きれいだわ」と言うようなものだ。主人公の逆鱗に触れるのは当然である。ここには製作者の風景論が織り込まれている。

この映画のテーマを、単純に「勝ち組」と「負け組」の闘いとして捉えてもいいし、パレスチナ問題とのアナロジーを考えてみてもいいだろう。若松監督の、かの地に対するこだわりを考えれば左程不自然な発想ではない筈である。
ラストの一連のシーンは、本当に凶悪なのは誰なのかということを如実に示している。「社会はクソったれだ」という、若松映画の永遠のテーマはここでも踏襲されているのである。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す