Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 907

¥ 605の割引 (40%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[DUKE。]の1勝4敗でもしっかり儲ける新高値ブレイク投資術
Kindle App Ad

1勝4敗でもしっかり儲ける新高値ブレイク投資術 Kindle版

5つ星のうち 3.9 60件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 907
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 1,112

紙の本の長さ: 221ページ

商品の説明

内容紹介

普通の会社員の個人投資家が、2016年の厳しいマーケットでも
たった3カ月で1億円儲けた買い方、売り方をすべて教えます!

著者は、日中フルタイムで働く普通の会社員です。いわゆるサラリーマン投資家です。
勤めている会社も金融系ではなく、まったく株とは無縁のメーカーの社員です。

夜遅くまで働くことも多いので、
株式投資にあてられる時間は、帰宅後のわずかな時間と週末だけ。
会社の勤務中は、当たり前ですが株の売買はできません。

そのような環境でも、株式投資で「億」の資産を稼いでいます。
兼業投資家に適した投資のやり方があるのです。

最大のポイントは、「株は新高値で買え」というものです。

一般的に、株式投資は「安値で買って、高値で売る」と言われていますが、
著者の投資術は、「新高値をつけた銘柄を買って、さらに高値で売る」という、
米国の著名投資家ウィリアム・オニールの投資法をもとにしたものです。

チャートを利用して成長株を探し出して、
会社のビッグチェンジ(新製品、新業態、新事業、新経営陣による大変革など)の波、
ひいては、株価の大波に乗るというやり方です。

この投資術は、デイトレのようにパソコンに張り付く必要はありません。
毎日、30 分程度の作業で、2倍、3倍、ときには10倍以上に大化けする銘柄を探します。
作業は、帰宅後のわずかな時間を利用してできますし、
中長期的な投資なので、仕事をしている兼業投資家に適した投資術です。

本書には、この投資術の仕組みから、大化け銘柄の見つけ方、買いと売りのタイミング、
そして、1勝4敗でも勝てる損切りのルールやポジションサイズ・マネジメントまで、
著者の経験をもとに、勝つ投資家、負けない投資家になるための攻め方と守り方が
書いてあります。

株式投資の新常識「新高値で買って、さらに高値で売る!」が、
あなたを勝つ投資家、負けない投資家に変えます!


【主な内容】
はじめに

第1章 サラリーマン投資家でも資産1億円

第2章 株は新高値で買え!
──新高値ブレイク投資術のキホン①

第3章 ビッグチェンジを探せ!
──新高値ブレイク投資術のキホン②

第4章 ここを押さえておけば勝率が上がる
──新高値ブレイク投資術の実践①

第5章 私の買い方、売り方を教えます
──新高値ブレイク投資術の実践②

第6章 どんな相場でも勝つ投資、負けない投資

おわりに

出版社からのコメント

著名個人投資家DUKE。氏の初の著書。メーカー勤務の"普通の会社員"である著者が「億」の資産を築いた投資法をコンパクトにまとめた好著だ。本書は銘柄選択手法の分かりやすい説明に加え、エントリーポイントや建玉、ロスカットの基準、仕切り、資金管理に至るまでが丁寧に解説されており、極めて"まじめな"投資本となっている。

●新高値の裏に「ビッグチェンジ」あり
新高値ブレイク投資術は、新高値をつけた銘柄を買い、さらに高値で売却する投資法だ。タイトルだけを見るとテクニカル的な手法の印象を受けるが、実際はファンダメンタルズも重視したテクノファンダメンタルズ投資と言って良い。新高値をつけるような銘柄は、株価が力強く上昇する固有の要因を持っており、高値からさらに上昇していく可能性が強い。DUKE。氏はこの視点から銘柄選択を行い、高値を更新するに至った背景を調査。これにより「ビッグチェンジ」が起きている銘柄を次々に発掘していったという。

具体的には「妖怪ウォッチ」大ヒットの恩恵で2014年に株価が倍以上に上昇したハピネット <7552> 、「モンスターストライク」で復活を遂げたミクシィ <2121> [東証M]、「パズル&ドラゴンズ」で株価100倍を達成したガンホー・オンライン・エンターテイメント <3765> などを例に、株価が保ち合いをブレイクして高値をつけたタイミングで投資することの威力が説明されている。「新高値ブレイク投資術」はこうした銘柄の大幅上昇を始める時の初動を捉えることができ、大きな資産を築くことが可能なのだ。

しかし、サラリーマン投資家にとって、銘柄の発掘や調査に割ける時間は限られている。そこでDUKE。氏が勧めるのが株探の利用だ。株価注意報コーナー内の「本日、年初来高値を更新した銘柄」を用い、新値株の中からニュースや業績、チャートなど複数の視点によって、大きな利益につながる「ビッグチェンジ」銘柄を絞り込んでいる。このあたりの詳細な内容は、実際に本書を読むことで参考にしていただきたい。

●試行錯誤の末に編み出された投資法
さて、DUKE。氏も投資を開始してすぐに成功したわけではない。多くの投資家と同様、初めの数年は何度もの失敗を繰り返し、現在の投資法にたどり着いている。とくに2006年のライブドアショックから2008年のリーマン・ショックに至る下げ相場ではそれまでの上昇相場で得ていた資産を大きく目減りさせ、振り出しに戻ってしまったという。

並の人物であればここで株式投資から足を洗うところだが、DUKE。氏はここから再度株式投資について徹底的に勉強し直し、幾つかの投資本を元に「新高値ブレイク投資術」に至った。参考にした投資本にはウィリアム・オニールやマーク・ミネルヴィニといった名著「マーケットの魔術師」シリーズで紹介された投資家の著書のほか、ニコラス・ダーバスなどが挙げられている。

そして、ここから新高値ブレイク投資術とともに、資金管理の方法論も身に着けている。

●ロスカット、ポジションサイズ、資金管理の重要性
DUKE。氏が成功した手法は成長株への順張りだが、実際の相場の世界は逆張りで成功する投資家もいれば割安株投資でうまくいく投資家もいる。DUKE。氏自身も、デイトレードやスイングトレード、バリュー投資やイベント投資など様々な投資法を実際に試し、その中から「新高値ブレイク投資術」にたどり着き、自分にフィットした投資法を見つけることが大事だと言っている。

しかし、投資法は様々だが、生き残る投資家が共通して備えているものもある。厳格なロスカット基準や、総資金に占める1銘柄への投資割合の基準など、適切な資金管理がそれだ。

本書の第5章では玉を建てる際の分割やロスカット基準の決め方、ポジションサイズを守らなければならない理由が明記されている。投資家も初心者のうちは派手な儲け話に目が行きやすく、どの銘柄を買っていくら儲かったなどという話に流されやすい。銘柄選択が当たれば確かに儲かるのだが、相場には山と谷がつきもので、百戦百勝の投資家などはいない。間違ったポジションや過度に膨らましたレバレッジにより、99回の利益で積み重ねた投資資金を1回の損失ですべて吹き飛ばすこともありえるのがマーケットというものだ。

だからこそ投資家が本当に身につけなければならないのは投資資金を守りぬく厳格な資金管理となる。

本書は単に買いをあおるだけでなく、当てが外れた際のロスカットの行い方やポジションサイズの決め方、利益確定の方法なども解説されており、それゆえ多くの方に安心して紹介できる内容となっている。銘柄選択の方法について書かれた本は多いが、資金管理について書かれた本は少ない。

DUKE。氏は第5章の冒頭で「これからお話することは、この本のなかで最も重要なところです」と断り、それからポジションサイズ・マネジメントこそが投資家を守る命綱だと書く。これこそが本書が、単なる一投資手法の紹介に終わらず、株式投資で生き残ろうと真剣に考えている読者に向けて誠実に書かれた本と言える理由になっている。

(株探[書評]2016/07/01)


登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 17066 KB
  • 紙の本の長さ: 188 ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2016/7/1)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01HNY1FCM
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 60件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 3,660位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
著者の投資法をよく伝えた良書です。個人的には、実践するのは難しいという印象ですが、ある程度本書のような知識が蓄積されれば実践可能とも思われます。まだ、株式投資の本は、2冊目なので、実行段階ではありませんが、次の下落相場後の上昇相場には間に合えばなあと思います。著者も、リーマンショック前から株式投資を始め、その後のアベノミクス景気で大きく資産を増やしたのは、本書を読んでよくわかります。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
毎日30分だけのリサ-チで1億儲けたというのは、出版社の煽りが入りすぎですが(笑)。新高値を付けた銘柄(まず、テクニカル的にUPトレンド)に着目し、ファンダメンタルズ分析を行いその上昇トレンドが継続するかを見極めたのちに株を購入するという手法です。それ以外にも、DUKEさんの実践しているリスクマネジメント法も書いてあって自分にはとても参考になりました。去年の12月くらいから、色々試しています。まだ、株価が倍になったと言う様な銘柄は出ていませんが、手法を参考にして購入した銘柄は、以前の自分の保有銘柄より株価の伸びが早いなというのは実感しています。こりゃ間違えたかなと思って売った銘柄も最近になって株価がはね上がってたりするのがあるので、10%の損切りラインに抵触した銘柄は除いても、2ヶ月くらいは保有銘柄を経過観察する必要があるのかな?という感じです。基本的に、ファンダメンタルズ分析が得意な方が参考にするのが一番合っているのかなと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
私は兼業FXトレーダーです。
株の知識が疎い自分にとっては勉強になる書籍でした。

さっそく検証させていただきましたが、
FXトレーダーである私にとってはブレイクアウトの騙しなどは回避できますが、
全くの初心者やテクニカルになれていない株トレーダーの方々は、
損切り祭りになることでしょう。
最低限のトレンドフォローやブレイクアウトの勉強が必要だと思います。
勉強とはもちろん実弾でのトレードです。
書籍はあくまでヒントです。
そこからは自分のお金を使ってたくさん失敗をして、
一つ一つ肌で感じ取るしかないと思います。

テクニカル分析に慣れている自分にとっては
株のファンダメンタルがそれに当たると思います。

よってこの書籍通りにやって誰でもすぐに勝てるわけではないが、
血を流しながら学んでいけば勝てるようになるかもしれない本だと思います。
また、リアルな相場はランダムすぎるので、あくまでも最初は少額からのトレードをおすすめします。
読んでマネをすれば勝てるなどという、そんなにうまい話しはないですから。
99%損をすると思って始めることをおすすめします。
コメント 92人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
この投資法に沿って実践して退場寸前にまで損失が膨らみました。
『利確は50%以上を狙い損切りを10%以内で行えば1勝4敗でも勝てる』という理論ですが、そもそも10%下落することなく上げ続ける銘柄はほとんどなく、机上の空論でしかありません。
著者が提唱する理論に当てはまる瞬間のみを切り取ったデータで裏付けを出している点は、読者を納得させるという意味では上手いと思います。
著者が本当に利益を出しているとするならば、その投資法のうち、初心者受けのいい上澄みだけを書いて、核になる部分には触れていないのでしょう。
本当に利益を出している投資家は、自身の投資法をわざわざ不特定多数に公開しないということを改めて認識させられた一冊でした。
4 コメント 161人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この方法に合致する株を見つけることが最近難しくなってきているのでは。。。
読むことで即イージーモードとはならないでしょう。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
タイトル通りだが、新高値を付けた銘柄は何でもいいわけではなくて、将来性などをきっちり投資家として判断できるかがポイント。
その部分はほとんど書いていなく、こうやれば誰でもできるということはないから、これを読んで億トレーダーになれる人はまずいないと思います。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 匿名 VINE メンバー 投稿日 2017/7/11
形式: Kindle版 Amazonで購入
数多の投資本が出版されているが良書と呼ばれるものはほんの一握りだ。
その中で「1勝4敗でもしっかり儲ける新高値ブレイク投資術」は良書に位置付けられる数少ない一冊と言える。
投資法としても非常にシンプルなので初心者の人にも理解しやすい。
ただしこの本に書かれている手法はアベノミクスの様な一方通行の上昇相場でのみ機能するので注意が必要だ。
今この手法でトレードをしても思い通りの値動きにならず損切りの繰り返しで苦労するだろう。
しかし、バブル相場はサイクルでいずれやってくる。
来たるその日までにこの本を読んで常に牙を研ぐことを怠らなければ財産を築くことも夢では無いだろう。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover