Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 730

¥ 58の割引 (7%)

ポイント : 133pt (18%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[橘玲]の(日本人)
Kindle App Ad

(日本人) Kindle版

5つ星のうち 4.3 57件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 730
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 75
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 788 ¥ 224

商品の説明

内容紹介

「日本人」が考える「日本人」のイメージはすべて間違っている。それはすべて西欧社会が作ったものだからだ。「日本人的なもの」とは、よくいわれる〝世間〟(ムラ社会)ではなく、〝世俗〟(神を信じずに功利的に生きる)の方にある。実は西欧人以上に日本人は、合理的な考え方を好む民族なのだ。従来の論をすべて覆した全く新しい日本人論!

内容(「BOOK」データベースより)

「日本人」が考える「日本人」のイメージはすべて間違っている。それはすべて西欧社会が作ったものだからだ。「日本人的なもの」とは、よくいわれる“世間”(ムラ社会)ではなく、“世俗”(神を信じずに功利的に生きる)の方にある。実は西欧人以上に日本人は、合理的な考え方を好む民族なのだ。従来の論をすべて覆した全く新しい日本人論!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 9387 KB
  • 紙の本の長さ: 286 ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2014/8/7)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00MG9UH06
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 57件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 13,284位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 銀原好将 投稿日 2016/6/15
形式: 文庫
ヒトが持つ共通性から世界の人々が持つ特徴を差し引けば、日本人の独自性がわかるとし、それを浮き上がらせてある本。本書は3部構成になっていて、Part 1では、イングルハートの価値マップ(世界価値観調査)を利用して、日本人の「世俗指数」が極めて高く、「自分らしく」生きたいことを主張している。Part 2では日本の政治と経済に着目し、官僚支配の国家であることと、終身雇用などが独自であることを展開しています。Part 3では、先進国の政治や経済が閉塞した環境にあること、日本がこれからどのような世界に向かっていくべきかを簡単にまとめてあります。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 著者の本は,深い熟考と調査によって書かれており,読んでいてとても参考になる。私が参考になったのは,次の通りである。
・タイには「契約」という概念がなく,日本人もタイ人も「ものごとの白黒をはっきりさせることを好まない」。
・統治の倫理は,40億年前の生命誕生からつづく進化の歴史のなかで育まれてきた。それに対してメソポタミアや黄河流域に都市文明が興って交易が始まったのは紀元前3000年~紀元前2000年頃だから,市場の倫理にはまだ5000年程度の歴史しかない。統治の倫理はヒトの遺伝子にあらかじめプログラム(プレインストール)された本能であるのに対し,市場の倫理は学習によって身につける文化だ。
・政治空間はベタな人間関係の世界で,貨幣空間はひととひとがお金でつながるフラットな世界だった。だから貨幣空間が政治空間を侵食すると,家族や学校などの共同体が崩壊して,愛情や友情が失われてしまう。これが,私たちが「お金は汚い」と直感的に嫌う理由だ。
・家族や仲間,故郷といった大切な価値を蝕んでいく不気味な使徒に対して,それがいかに古風でバカバカしく見えようとも,私たちは武士道という“最終兵器”でたたかうしかない。このシンプルな構図を提示したことで,『国家の品格』は日本人のこころをとらえたのだ。
・市場原理主義(グローバリズム)▶貨幣空間が政治空間を
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
話の根拠が幅広く、思わず納得させられそうになる。
但し極めてシンプルな問題であっても残念な論理による結論が書かれている点も散見され、著者の勘違いが散りばめられている可能性も高そうである。
例えば「確率世界と複雑系世界」と題するテーマの箇所では「私たちの遺伝子にプレインストールされているプログラムは、確率世界や複雑系世界に対応できるようにできていないから、確率的な出来事(宝くじ)や複雑系の病気(がん)を無意識のうちに因果論で解釈してしまう」と書いているが、これは認知の力の問題である。
関わる要素すべてを認知する能力はどんな動物も持ち合わせておらず、すべてを把握するには、遺伝子と脳を読み取り個人の行動やリスクを予測でき、世界の空気の動きを分子レベルで把握して風の動きと気温の変化を予測でき、世界の海の動きを分子レベルで把握して海流と海水温を予測でき・・・と続く無限とも言える情報収集に加え、それらをリアルタイムに解析して関連付ける能力が不可欠であり、遺伝子以前の問題である。
しかもシンプルな確率論は認知可能であって、弱さが因果論に引きつけられているに過ぎない。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
多岐に亘る視点から見た「日本人論」となっていますが、私は、個々の話に面白さを感じてしまいます。

例えば、
1.社会は「政治空間」と「貨幣空間」から構成され、
政治空間は家族や恋人、友人や知人などの人間関係でできた共同体
貨幣空間は他人同士がモノとお金のやり取りでつながる世界
となっており、政治空間に貨幣空間を持ち込むと、つまり人間関係(愛情など)にお金を持ち込むと人間関係は簡単に破綻する、との話は大雑把な話ですが、納得するものがあります。
また、貨幣空間が世界を侵食すると最後には家族や恋人の最小の愛情空間しか残らなくなる、とし、筆者は市場原理主義がなかなか受け入れられない理由をこの視点から説明しています。

2.東洋と西洋の文化の相違として
アメリカで育った人は、基本戦略として「自分を目立たせる」方に進み
日本で育った人(人種でなく育ち)は、基本戦略として「他人と同じ行動」をとる
というのもいくつかの心理実験の結果を示して説明され、なかなか面白く感じました。
タイ人と日本人の人付き合いの仕方の類似点など非常に面白いものだと感じます。
(確かに私も東南アジアの人たちには親近感がわきます。)

3.政治哲学に関して、フランスの
...続きを読む ›
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover