¥660
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
龍馬奔る 少年篇 (ハルキ文庫) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

龍馬奔る 少年篇 (ハルキ文庫) (日本語) 文庫 – 2015/8/7

5つ星のうち2.7 2個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本 ¥1,760 ¥1
文庫
¥660
¥660 ¥1
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 龍馬奔る 少年篇 (ハルキ文庫)
  • +
  • ジョン・マン1 波濤編 (講談社文庫)
  • +
  • ジョン・マン2 大洋編 (講談社文庫)
総額: ¥1,980
ポイントの合計: 31pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

天保六年十一月十五日、土佐城下の坂本家では、一貫の目方があって、背中まで金色の毛がびっしり生えた男児が誕生した。龍馬と名付けられたその子は、両親や姉など周りの人びとの深い愛情を受け、たくましく育っていった。そして弘化二年、十一歳の龍馬を、母・幸は、「鯨組に世話になりなさい」と一人、旅に出したのだった……。一方、土佐の山里では、二年半遅れで生まれた中岡慎太郎が大庄屋の跡とりとしてふさわしい少年に成長していた。土佐出身の著者が渾身の力をこめて描く、「龍馬伝」の幕開け、遂に文庫化。

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち2.7
星5つ中の2.7
評価の数 2
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
68%
星2つ
32%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2012年1月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2013年11月21日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告