Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 480
Kindle Unlimitedのロゴ
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[嶺里ボー]の龍馬はん
Kindle App Ad

龍馬はん Kindle版

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
¥ 480

商品の説明

内容紹介

慶応3年11月15日(1867年12月10日)、近江屋で坂本龍馬と中岡慎太郎が暗殺の当日、真っ先に斬り殺された元力士・藤吉。

その藤吉の眼を通して映し出された、天衣無縫で威風堂々とした坂本龍馬を中心に、新撰組副隊長・土方歳三の苦悩と抵抗、「龍馬を斬った男」と言われる佐々木只三郎、今井治郎の武士としての気概など、幕末の志士達の、巡り合わせが織り成す生命力溢れる物語は、現実味が薄くて、古ぼけた幕末史ではない、たった150年前に、間違いなく生きていた人々を鮮やかに、そして爽やかに捉えています。

そして、現代語られる龍馬暗殺を根本から、そして正面から問い直す問題作であり、藤吉の作る料理”ぶぶ漬け”を、つい試したくなってしまう、グルメも含んだ異色作。

その上、”ええじゃないか”で沸き立つ幕末の町民達や、藤吉のいいなずけ・お民とのほのかで豊かな愛情、幼い丁稚・吉松の夢など、様々なドラマが、生き生きと描き出された娯楽作。

他にも明治維新の立役者、岡本八郎こと由利公正、長岡謙吉、岡本健三郎などが脇を固め、新政府綱領八策を思案する龍馬の面白エピソードや、”あるべき経済”を思案する龍馬の先見性など、多岐に渡って繰り広げられる話題作。

つまりこの小説、歴史モノにして、青春モノにして、グルメ、チャンバラ、ラブストーリー・・、ここでは語り尽くせない、様々な面白さがいっぱい詰まった爽快異色フィクション幕末ストーリーなんです。

倒幕、維新の立役者・坂本龍馬の陰で、ひっそりと20年の命を閉じた藤吉にスポットを当てた、ボーならではのユニークで豪快な作品を、折しも坂本龍馬没後150年、2017年の今、もう一度当時を見直し、幕末の20歳を身近に感じてみませんか?

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 567 KB
  • 紙の本の長さ: 158 ページ
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B0759Y32YM
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 39,384位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2017年10月22日
形式: Kindle版
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
click to open popover

注文した商品はどこ?

配送と返品について

ヘルプデスク