中古品
¥ 400
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品(2004年5月 初版第1刷発行)になります。 表紙、裏表紙に使用による多少のスリ傷、汚れがあります。又、経年によるヤケが若干ありますが、中身はキレイな状態だと思います。年数経過の書籍にしては状態は良好だと思います。中古品に理解のある方、ご検討の程よろしくおねがいします。(希少品扱いの場合 定価よりも高額設定の場合有り) ★お探しの方ご検討下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

龍宮殿(1) (IKKI COMIX) コミック – 2004/3/30

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 78

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • コミック: 262ページ
  • 出版社: 小学館 (2004/3/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091884415
  • ISBN-13: 978-4091884411
  • 発売日: 2004/3/30
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
この松永さんの作品はコレが初めて。
しかしながら、ハマってしまう。
コレは何なんだろう?率直な感想で言うと。
ちょっと触るとすぐに壊れてしまいそうな……そんな印象も受ける。
肝心の内容はと言うと、ウサギ、ある理由があってウサギの姿をした人間の兄弟が、とある女の子に出会い、その子に連れられ龍宮殿へと連れて行かれる。そこは正におとぎ話の龍宮城であった。
そうすると、僕たちは元の世界に戻る時にはお爺さんになってしまう。そう思い、二人は脱出を試みるのだが……
一言では言い切れない世界がそこにはある。
ホント、イッキコミックスといった感じもするけど。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
おもしろい。絵も抜群に巧い。
全3巻なので丁度いい長さ。ダレずに読める。
ただ世界観が独特で一般受けしないでしょう。
特に1巻の始まりのシュールさは他人に勧めがたい。私は好きだけど。
それでも2巻の未来編のワクワク感は、かなりのもの。
ここだけを漫画にしたら売れたんじゃないかしら。

絵が巧いせいか、漫画を巧く描こうとしてソンしてる気がします。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
この作品はテーマ、構成、キャラクターが全て巧く創られてる。
バクネヤングは圧倒的なエネルギーでセンスの塊みたいな作品だが、イマイチ構成が弱い印象だった。最初の盛り上がりに対して中間の弛みが、この作品の緊張感を下げている。
龍宮殿はその点構成が抜群で、最初からラストの感動的なシーンまで一切無駄がない。そのお陰でテーマが生き、最後のシーンまで一貫性のある作品に仕上がっている。
松永さんの特徴である暴力とセクシャルを含みつつ、過度に描写をせずに描ききっているのはさすが。(子供を食べるカニバリズムや、お客との子供をもつ風俗嬢なども話の軸としてあるが、生々しい直接的な描写は出てきてない。)
最後に、現在苦労している松永さんが、また陽の目をあびることを切実に願っている。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
オリジナリティのある作風だけど、
あえて例えるなら昔の手塚治虫チックな。
レトロかわいくて(決して古くさいという意味でない)、繊細で、でもドキッとする程残酷でグロクて、暴力的で、切なくて、、
話も色々な運命が絡まり合って決して飽きさせない。

3巻という長さもちょうどいいと思います。
漫画ってダラダラ長く続けばいいってもんじゃない。
これくらいでスッキリ読める長さの求める読者もいるんです。

絵もとてもうまいです。
最近はとにかく描き込んである漫画が多いけど
ただ描き込めば、リアルに描けばいいというような感じのが多いが、
この漫画は龍の鱗とか描き込んであるけど抜けるとこは抜けていて
すっきりしてて見やすいとこがセンスあると思います。

松永先生、つかまっちゃってて出て来たみたいで
よかったですねえ〜〜〜
繊細ゆえに世の中のマイナスの気を吸収しやすいのかしら?
まぁ、安全な方法でw発散させて
作品描いていって欲しいですね〜〜
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック