中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。bb5512_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

齋藤孝のアイデア革命 単行本 – 2004/2/6

5つ星のうち 4.1 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,382 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 心理学| ビジネス向けの自己啓発から引き寄せの法則など、幅広いジャンルの本をラインアップ。心理学の本ページへ。

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ベストセラー著者齋藤孝はどうやってアイデア発想しているのか?誰でも発想が湧き出るようになる齋藤式アイデア発想法

内容(「BOOK」データベースより)

誰でも、いくらでもアイデアを生み出せる。アイデアが出ないのは、やり方を知らないだけだった。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 171ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2004/2/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478750076
  • ISBN-13: 978-4478750070
  • 発売日: 2004/2/6
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 946,340位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
日常の仕事のなかで、アイデアをひねり出さねばいけない事態にたびたび遭遇する。
この本の著者は、アイデアは、天才のひらめきで生まれるのではなく、論理の積み重ねで生まれると主張している。
本書では、アイデアを論理的に積み重ねるための”技”を、「空欄を埋めよ型の問題提起」、「身体感覚」、「スケール型発想」、「デフォルメ」、そして「会議方法」に分類して具体例を用いて説明していてわかりやすい。
また、本書の語り口は、とても人間味があり、読んでいて元気が出てくる。どんどんアイデアを出してやろうという気になってくる。そうした意味で、ときおり再読してみたくなる良書である。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
アイデアを出すにあたってどのような心構えを持てばよいか?

過去にこの系統の本を読んだことがあるが、その本の場合は
その人の方法論ばかりを紹介するもので、アイデアを出すために
普段から試行錯誤をしていない人にとっては掴み所のない方法論だった。

斉藤氏の本では、多くの企業の事例を紹介しているため
このアイデアの元でこの商品が開発された、と理解できるので
著者の世界に入り込みやすい。

斉藤氏はありえないスピードで出版しているのだが、
この本からも感じられるのは彼が積み重ねてきた知識を言語化する
だけで一冊の本になるということであり、改めて分析してみると、そこには意外と独創性はない。独創性がないというのが決して悪いことではなく、インプットすること、真似る、ということがこのような賢人を生み出す原動力にもなるのだと感心するということである。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 アイデアは誰にでも出せる!
・・・というのが著者の主張です。アイデアを出すために
アイデアの出し方・考え方をわかりやすく
具体的な例と方法で紹介した本です。
 y=f(x)の考え方、会議はアイデアを出す場だ!など
はじめて読むひとにとっては驚きの数々でしょう。
何かネタ・アイデアが欲しいという方には役立つかも知れません。
 ただ、内容の大半が具体例を紹介するために「新製品のカタログ」
と化している部分が否めません。
それに、本書はアイデアを提供しているだけで実行に移された分はないです。
「言いっぱなし」は結構楽なんですけどね。。。
また会議運営法やビジネスの人間関係なら「会議革命」や
「まずこのセリフを・・・ビジネスハンドブック」(講談社)
のほうが内容が包括的で優れていると思います。
いわばこれは「会議革命」で提案された「アイデア論」を発展させた
本と言えます。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
最近著作を連発して出版している齋藤氏。短期間大量生産だけに、内容は大したことないんだろ
うな~、と一気に飛ばし読みしようと思ったら...正直びっくりしました。私自身、発想法や心理学的見地からの創造性研究について書かれた書物、論文を多数読みこなしてきましたが、その中でもかなり上位に食い込む内容です。特に秀逸なのが第1章。そこで展開される、Y=f(x)という考え方。つまり、xという商品にfという変数を組み合わせることで、Yというアイデアが出現するというコンセプト。素晴らしい。極言すれば、x=エンピツにf=消しゴムという変数を掛け合わせれば、消しゴム付きエンピツができてしまう、そういう思考過程を形式知化したのがこのY=f(x)という公式なわけです。第1章では、この公式に基づいた変数fの具体例が詳細に記載されています。アイデアと公式、一件矛盾しているように見える両者ですが、実は矛盾しない。アイデアを出そう、創造性を豊かにしよう、と謳っている本が溢れるほど存在するのも、それぞれの著者自身が自分自身のアイデア創出の公式を持っているから。そう考える時、このY=f(x)というのは自分のアイデア創出の公式を創造するための雛形に成り得ます。私はこの公式にさらに変化を加え自分のものとするため、マズローのチャックリストやクリティカルシンキングの技法を取り入れ、応用しています。このように、Y=f(
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
世に出ているヒット商品はなぜ売れているのか?
そのヒントがつまった一冊です。
アイディアは天才だけが生み出すものじゃなくて、
法則さえわかれば、誰にも生むことができるもの。
アイディアとは何かという疑問から、アイディアを効率的に出す会議の進め方まで
わかりやすく説明されています。

アイディアの出し方がわからなくなったり、
これ以上出ない!という時にまた手にとる本になりそうです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告