中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

鼓笛隊の襲来 単行本 – 2008/3/20

5つ星のうち 4.4 17件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 463 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

戦後最大規模の鼓笛隊が襲い来る夜を、義母とすごすことになった園子の一家。避難もせず、防音スタジオも持たないが、果たして無事にのりきることができるのか――。
表題作ほか書下ろし1編を含む全9編。眩いほどに不安定で鮮やかな世界を見せ付ける、贅沢な傑作短編集。

内容(「BOOK」データベースより)

戦後最大規模の鼓笛隊が襲い来る夜を、義母とすごすことになった園子の一家。避難もせず、防音スタジオも持たないが、果たして無事にのりきることができるのか―(「鼓笛隊の襲来」)。眩いほどに不安定で鮮やかな世界をみせつける、三崎マジック全9編。『となり町戦争』の著者、1年4ヶ月ぶり待望の新刊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 205ページ
  • 出版社: 光文社 (2008/3/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334926010
  • ISBN-13: 978-4334926014
  • 発売日: 2008/3/20
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,112,215位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
三崎さんの本をはじめて読みました。短編集ということもあってとても読みやすく、しかも、ひとつひとつの作品の完成度も高いと思いました。読み進むうちにどんどん具体的になっていく作品世界が気持ちよかった。

台風じゃなくて鼓笛隊、コンクリートじゃなくて本物のゾウのすべり台、二重人格じゃなくて覆面、引きこもりじゃなくて異次元への閉じこもり。よくしられたアイテムや状況をちょっとだけずらした発想がたまりません。すばらしい短編はすべてそうですが、作品世界を設定する感覚がすばらしい。

前提になっているのは、見えないものがあるということ(不可能性)でしょう。そして、それを見てしまう瞬間がある。つまり、不可能が可能になる瞬間がある。その瞬間の不気味さ、恐ろしさ、または感動。まったく異なる作品を書きながら、これは一貫しています。そこがまた、奇妙にやすらぐ原因なのかもしれません。一読の価値あり。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 teeakira VINE メンバー 投稿日 2009/1/15
形式: 単行本
三崎亜記の最新作。
と言っても昨秋に出ていたんだけど、
ようやく読めました。

三崎亜記らしい、
独特の観点はおもしろい!

たとえば表題作は、
鼓笛隊を台風に見立てて、
鼓笛隊が日本を襲う。
まるで、過激な台風が日本を襲うかのように、
進路予報にある町の人々は、
人々は、おびえ、逃げ惑う。
しかし、
一昔前まで、鼓笛隊は、
人間と共存をしていた。
危険なものではない。
それを聞く、人間の心の問題でもあった。
人によっては取り込まれてしまい、
自ら鼓笛隊となり、
永遠の旅を続けなければならない。
主人公の女は、
施設から連れてきた義母から、
鼓笛隊は怖くないものだ、
と聞かされる。
半信半疑のまま、
いよいよ鼓笛隊がやってくる。
敵を持つもの、油断するものは巻き込まれていく。
しかし、女の家族は、
義母の教えとともに、
あたたかい気持ちで鼓笛隊を迎える。
そして、鼓笛隊は去っていく・・・。

最後の最後まで、
愛情を感じる三崎亜記の緻密さに、
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
台風ではなく「鼓笛隊」が襲ってくる。
公園のすべり台として本物の「象」がやってくる。
自分の住む町の上空を「浮遊する町」に住む彼との遠距離恋愛。

・・・などなど、
私たちにとって当たり前になっている日常をちょっと置き換えただけで、
こんなに不思議で違和感のある世界が生まれるなんてっ!

この本の登場人物たちはこの違和感をなんとか受け入れて生きている。
それは案外、簡単なことなのかもしれない。
私達が当たり前に思っている常識なんて、
もしかしたら簡単に揺らいでしまうものなのかもしれないから・・・。

私たちの暮らすこの世界の裏側には、
もしかしたらパラレルワールドのようにこんな世界も存在しているかもしれない・・・。
いや、私達が気づいていないだけで、
この世界のどこかでひっそりとこんな不思議な出来事が起きているかも??
ありえない設定の作品集なのに、なぜかそんな風に思えました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
全部で9つの作品が収まったこの本は、私達の知覚とは一致せず混乱を生じさせる。
ただその混乱は不思議と不快なものではなく、その作品からの刺激を受け入れてしまえるのだ。
本物の象がいる公園など、仕事で遅くなった日には私も立ち寄って語り合いたいと思う。
個人的に一番印象に残ったのが、書き下ろし作品「同じ夜空を見上げて」だった。
世の中の客観的性質と相容れなくても、自分の心の中だけ納得したらいいのじゃないかと共感できたし、
聡史への区切りがついた解けた知恵の輪に
「星がとってもきれいだから、一人で見るのはもったいなくって」と、キイワードになるこの台詞の使い方が好きだ。
デビュー作「となり町戦争」より、私はこの本の方が面白く、かつ味わいも深い本だった。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー