この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

黴 (岩波文庫) 文庫 – 1993/11

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 553

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • 文庫: 222ページ
  • 出版社: 岩波書店 (1993/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 400310224X
  • ISBN-13: 978-4003102244
  • 発売日: 1993/11
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 473,039位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
 大学の社会人講座で昨年からお世話になっている先生が、好きな作家として挙げられたのが徳田秋声でした。
 それでさっそく読んでみたのですが・・・
 旧仮名遣い、知らない漢字、知らない熟語・・・実はとても読むのに苦労しました。ただ、1文1文、ゆっくり時間をかけて読まなければならないことが「苦痛でない」という不思議な魅力がありました。
 なぜだろう・・・
 おそらくは、作者自身もゆっくり時間をかけて書いた作品であること、だから言葉そのものがとても丁寧に扱われていることが感覚的に伝わってくるからだろうと思います。
 内容ですか?知らぬ間に、下宿にいる娘さんといい仲になって子どもができちゃったり、なのに「まあなんとかなるから」とあっけらかんとしている娘の母親がいたり、引越しした家が実は殺人事件のあった家だったり・・・と、冷静に考えたらかなり驚きの日常が、淡々と書かれています。でも美化もせず、説教臭さもなく、そこがまたよろしいかと思いました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
硯友社時代からの息の長い秋声の枯れた文業(この際代作問題など関係ない)。
笹村とお銀の別れそうでなかなか別れられない、男女の機微、
諦観あふれる筆致があじわえればこの作品は忘れられない思い出になるでしょう。
でも書評子の一押しは未完に終わりましたが「縮図」かな。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック