この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

黛敏郎:涅槃交響曲 Limited Edition

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:3¥ 9,128より 中古品の出品:12¥ 598より
【1,500円OFF】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now


キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 演奏: 東京都交響楽団
  • 指揮: 岩城宏之
  • 作曲: 黛敏郎
  • CD (2002/6/21)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Limited Edition
  • レーベル: 日本コロムビア
  • 収録時間: 75 分
  • ASIN: B000066ILB
  • JAN: 4988001902621
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 171,200位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. 「涅槃」交響曲 I-カンパノロジ-I
  2. 「涅槃」交響曲 II-首楞厳神咒
  3. 「涅槃」交響曲 III-カンパノロジ-II
  4. 「涅槃」交響曲 IV-魔訶梵
  5. 「涅槃」交響曲 V-カンパノロジ-III
  6. 「涅槃」交響曲 VI-フィナーレ
  7. 奈良法相宗薬師寺 聲明「薬師悔過」 I-散華(散華頭:松久保伽秀)
  8. 奈良法相宗薬師寺 聲明「薬師悔過」 II-梵音(梵音頭:村上太胤)
  9. 奈良法相宗薬師寺 聲明「薬師悔過」 III-錫杖(錫杖頭:安田暎胤)
  10. 奈良法相宗薬師寺 聲明「薬師悔過」 IV-請呪願
  11. 奈良法相宗薬師寺 聲明「薬師悔過」 V-称名悔過(前段-時導師:松久保伽秀)
  12. 奈良法相宗薬師寺 聲明「薬師悔過」 VI-称名悔過(後段-時導師:松久保伽秀)
  13. 奈良法相宗薬師寺 聲明「薬師悔過」 VII-唱名号
  14. 奈良法相宗薬師寺 聲明「薬師悔過」 VIII-祈請(時導師:松久保伽秀)
  15. 奈良法相宗薬師寺 聲明「薬師悔過」 IX-大懺悔
  16. 奈良法相宗薬師寺 聲明「薬師悔過」 X-牛玉加持行道

商品の説明

内容(「CDジャーナル」データベースより)

デンオンやスプラフォンなどの代表的名盤が1050円で楽しめる《クレスト1000》シリーズ。大センセーションを巻き起こした天才・黛敏郎の意欲作「涅槃交響曲」を盟友・岩城宏之が指揮する。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
涅槃交響曲には岩城宏之指揮のN響による名演がある。カンパノロジー部のどろどろした物凄い音の厚みが魅力だが、いずれもライブ録音のため会場の咳が気になる。このCDは同じ岩城による最近のデジタル録音盤であるが、どろどろ感の迫力は残しつつかなり明快な演奏になっていて聴きやすい。その上作曲家の黛敏郎が亡くなる2年前に、自ら監修をして録音したといういわく付きの演奏だから、作曲意図を最も良く表した演奏と言えるのではないか。その意味で涅槃交響曲の原典とも言えるCDであろう。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
友人から「これいいよ。」って勧められたのがこのCD 黛敏郎の名前くらいは知っていましたが なかなか聞く機会がありませんでした、感想は「以外と解りやすいな」でした、音楽史的には、ストックハウゼンからの流れで 後のビートルズにも影響を与えている、電子音楽と言われているジャンルです、
コンピューターで鐘の音をサンプリングしたり、経文を取り入れるなどして
まさにARTです、
明かりを消して 目を閉じて聞いて見てください、あなただけの宇宙がそこにひろがります
キングクリムゾンのエピタフを思い出しました(個人的に)
現代音楽を聴いて見たい、アナタ、入門盤としてお勧めです、
解りやすくて冒険心いっぱいの この音楽をぜひ!
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2004/10/10
形式: CD
このCDには、黛敏郎の「涅槃交響曲」と奈良法相薬師寺の声明が収められています。黛敏郎は、ミュージック・コンクレートから電子音楽に進み、そして日本の梵鐘に魅せられました。それを”音楽”で著わした第一弾がこの”涅槃”です。仏教の経文がオーケストラと交わりながら音楽を構成するこの曲は、西洋のクラシックとは完全に趣を異にします。初めて聞いたときはショックを受けると思いますが、きっとそこに純粋な”音楽”が感じられるでしょうし、日本という個性にこだわり続けた黛氏が偲ばれると思います。初演は1958年ですので、黛敏郎がいかに前衛的で革命的な作曲家であったかが理解できると思います。クラシック・ファン以外でもプログレシッブ・ロックなどお好きな方にはお勧めです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
黛敏郎氏の代表曲。後作の「ノヴェンバー・ステップ」ばかりが有名だが、これも名曲です。
仏教からヒントを得て、その東洋神秘的な精神を音楽化したのだから、当時としては大変なセンセーションであった事は想像に難く無い。オーケストラと男性の独唱、合唱から構成されている。鐘の響きと、重ねた音のずらし方、不協和音、男性の重い声、どれも印象的である。
これを聴いてから、少し難しメの『曼陀羅交響曲』をどうぞ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告