この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 900MP3アルバムを購入

黛敏郎:シンフォニック・ムード/バレエ音楽「舞楽」/曼荼羅交響曲/ルンバ・ラプソディ

5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー

仕様
価格
新品 中古品
CD 1枚組
¥ 1,244 ¥ 486

キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • オーケストラ: ニュージーランド交響楽団
  • 指揮: 湯浅卓雄
  • 作曲: 黛敏郎
  • CD (2005/3/1)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: Naxos
  • ASIN: B0007INZCA
  • JAN: 4945604576932
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 173,681位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

*日本作曲家選輯*
片山杜秀氏による日本語解説書付き

世界初録音を含む、世界に羽ばたいた"反逆児"の素顔
作曲家としての駆け出し時代、パリに留学するも、欧州に学ぶ物なしとしてすぐに帰国するなど、黛敏郎は反逆児的な存在でした。芥川也寸志と同様、メディアでの活躍で知名度は高くとも、肝心の音楽は、一部の超有名作を除いて十分には紹介されてきませんでした。世界初録音2曲を含む当盤で、我々はその素顔を知ることになります。ガムラン、東アジア、両界曼荼羅、ラテンに題材を得て、一見国籍不明でも、音を聴けば確かに日本人ならではの美意識が一貫して感じとれます。一切の先入観無しに、純粋に楽しめる音の饗宴が、ここにあります。武満よりも先に欧米で演奏された黛の芸術、その再評価は、21世紀の課題となるでしょう。

録音・編集(24bit): 2004年8月 ニュージーランド、ウェリントン、ロワー・ハット・タウン・ホール

毎日新聞「今月の私の3枚」推薦盤
レコード芸術 特選盤

メディア掲載レビューほか

曼荼羅交響曲、《舞楽》に、初録音の《シンフォニック・ムード》と《ルンバ・ラプソディ》を加えたもの。黛の音楽の確かさ、楽しさ、そして同時代性を、あらためて教えられた。
--礒山雅 (毎日新聞 2005.3.23)

黛敏郎作品の素晴らしいCD。ナクソスの日本作曲家選輯の1枚で、2曲の世界初録音を含む。湯浅卓雄指揮のNZ響が精緻、精細、かつダイナミックな音と響きで快演を聴かせる。多彩で目眩くような音色とリズムの夢幻的饗宴は黛音楽ならではの世界で、改めて彼の天才と革新的芸術性を認識させられる。そしてまた、黛の鋭い感性によるイメージがつむいだ音の綾の全てを空間の音響美に変換した優れた録音も高く評価したい。それだけに再生の質の高さが要求される優秀録音だ。
--菅野沖彦 (STEREOSOUND 2005 no.155)

演奏と録音の首尾だけをとれば今月の本棚でも最高の1枚だ。(中略)ニュージーランド響は毎度ながら管も弦も水準が高く、この作曲家のメチエの底流をなすフランス的な色彩感と明晰な線の流れを際立たせつつ、旋律素材となる雅楽の音律や東洋音階を何の思い入れも含みもなくストレートに鳴らしていく。 --木幡一誠 (パイパーズ 2005.5)


6件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

6件中1 - 6件目のレビューを表示

2016年1月14日
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年5月2日
Amazonで購入
2016年4月15日
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアー
2018年6月29日
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年8月12日
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2005年3月19日
41人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告