通常配送無料 詳細
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
黙殺 報じられない“無頼系独立候補”たちの戦い がカートに入りました
& 配送料無料
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 2ページの角折れ跡が御座いますが他は、非常に綺麗な状態です。中古品にはなりますが、使用感の薄い商品になります。 アルコール洗浄液で簡易清掃の後、防水封筒で発送致します。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


黙殺 報じられない“無頼系独立候補”たちの戦い (日本語) 単行本 – 2017/11/24

5つ星のうち3.6 20個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥1,760
¥1,760 ¥660
お届け日: 明日 詳細を見る
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 黙殺 報じられない“無頼系独立候補”たちの戦い
  • +
  • 女帝 小池百合子
総額: ¥3,410
ポイントの合計: 35pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

メディア掲載レビューほか

政治エリートから黙殺される「泡沫候補」を追いかける理由

政治家が嘯(うそぶ)く「希望」にうんざりした一年だった。衆院選の投票率は戦後で二番目に低かった。ある民放局では開票特番にかける予算と人員を減らした。

もはやオワコンになりつつある選挙という仕組みが国民の希望を失望に変えている。本書はそんな悪循環を食い止めようと、その出発点を愚直に探った。

著者の畠山理仁(44)は二十年間、政治家を主な取材対象としてきた。ただし、彼にとっての現場とは赤絨毯の敷かれた永田町ではない。大物御用達の料亭やクラブがひしめく繁華街でもない。選挙中にあらゆるストリートで繰り広げられる街頭演説の会場だ。

しかも、畠山が追いかけてきたのは誰もが知っている政治家ではない。政党や組織の後ろ盾も受けずに徒手空拳で立候補した無名の新人。新聞やテレビの記者たちには「泡沫候補」と揶揄され、政治エリートから黙殺されてきた候補者たちの主張に耳を傾けてきた。

畠山は彼ら彼女らを「無頼系独立候補」と呼ぶ。政治報道の表現としてはちょっと大げさな感じもするが、オリジナルの造語が作れるのは取材対象の生き様にとことん向き合った証しだ。

奇抜な衣装を纏(まと)い、絶叫しながら乱舞する候補者たちがキワモノ扱いされる現実を真正面から受け止めつつ、そう演出せざるを得ない選挙制度の欠陥を炙り出す。それでいて、いつも浮かばれない無頼系をほどよい力加減で突き放す。

そんな荒業を難なくやってのけるのは、世間の侮蔑にもめげずに自説を訴え、何度負けても同じ挑戦を続けてしまう不器用な姿勢が、著者自身の境遇と重なるからだろう。だから、マスメディアの編集幹部が唾棄するような「お金にならないテーマ」でも、実に二十年もの間ひたむきに追えた。

人生百年時代のこんにち、フリーランスの立場で永田町を主戦場とする物書きはオールドメディア出身のお歴々ばかり。還暦を超えたおじさまがセピア色の武勇伝を振りかざし、誰もが知っている若き選良までもがその御宣託を崇め奉る。

一方、30~40代で政界をうろつく無頼系独立ライターは片手で余るほどしかいない。私奴もその一人だ。畠山ほどの筆力があっても記者会見にすら入れない無念さはもちろん、原稿料の明細から晩飯のおかずまで手に取るようにわかる。だから思う。言論界の冷たさがこの大作を生んだ、と。

愉快な新規参入者が現れる選挙のほうが、ジャーナリズムよりもよっぽど大らかで多彩な世界じゃないか。畠山の分身たちの奮闘記を読み終えたら、政治への希望がちょっぴり湧いた。

評者:常井 健一

(週刊文春 2017年12月28日号掲載)

内容(「BOOK」データベースより)

選挙の魔力に取り憑かれた泡沫候補(=無頼系独立候補)たちの「独自の戦い」を追い続けた20年間の記録。2017年第15回開高健ノンフィクション賞受賞作。

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.6
星5つ中の3.6
評価の数 20
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

2017年12月16日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年1月23日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年4月13日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
VINEメンバー
2017年11月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
30人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年2月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年4月3日に日本でレビュー済み
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年12月24日に日本でレビュー済み
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアー
2018年5月18日に日本でレビュー済み
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告