通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
黒船特許の正体-Apple、Amazon、Goog... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙に小傷があります。 アマゾン専用在庫のため、品切れはございません。 24時間対応のAmazon配送センターより厚手包装で万全に梱包し、迅速に発送いたします。 【お急ぎ便、代引き、コンビ二受取対応】 商品不備等があった場合、返金等の対応をしますので評価の前にご連絡をください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

黒船特許の正体-Apple、Amazon、Googleの知財戦略を読み解く- (OnDeck Books(Next Publishing)) オンデマンド (ペーパーバック) – 2012/6/11

5つ星のうち 3.4 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
オンデマンド (ペーパーバック)
"もう一度試してください。"
¥ 1,111
¥ 1,111 ¥ 481

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 黒船特許の正体-Apple、Amazon、Googleの知財戦略を読み解く- (OnDeck Books(Next Publishing))
  • +
  • なぜ、日本の知財は儲からない パテント強国アメリカ 秘密の知財戦略 Why Isn't the Japanese Intellectual Property Business Profitable?
総額: ¥3,271
ポイントの合計: 20pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

出版社からのコメント

企業間提携方法を模索する企業担当者や起業を考えるアントレプレナー必見。従来、特許は侵害行為から身を守る手段だったが、最近は購入した特許を使ってライバル企業を訴える特許訴訟が新たなビジネスモデルとなり、あらゆる企業が特許訴訟の被告となる脅威に直面している。そこで本書は、Apple、Amazon、Googleの3社が、どのような知財戦略をとっているのかを推測し、出願されている特許の事例から3社のビジネス展開を読み解く。知財を制する企業がビジネスを制する!

著者について

松倉 秀実(マツクラ ヒデミ) 1955年東京生まれ。弁理士。秀和特許事務所パートナー。慶應義塾大学総合政策学部特任教授。多摩美術大学非常勤講師、獨協大学法科大学院非常勤講師、ビジネス著作権検定委員も歴任するが病気のためいずれも2012年3月で退任。主たる専門分野は、ネットワーク関連特許、著作権、マーケティング。学生ベンチャーから大企業まで十社を超える企業に対して、知的財産経営のコンサルタントを行う。電子機器評論家としてZAURUS等のガジェットの評価記事をはじめ最近ではユーザ視点のスマートホンの評価記事等が多数ある。著書は「よくわからんインターネット時代の法律入門」、「iPad知的生産の方法 ビジネスフィールドでの検証」(いずれもインプレスジャパン刊)ほか多数。


登録情報

  • オンデマンド (ペーパーバック): 72ページ
  • 出版社: インプレスR&D (2012/6/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 486478003X
  • ISBN-13: 978-4864780032
  • 発売日: 2012/6/11
  • 商品パッケージの寸法: 5.8 x 14.8 x 21 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 539,723位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: オンデマンド (ペーパーバック)
「知財を制する者はビジネスを制す」という副題に引かれて購入。

本書によれば、アップルは確かに、多くの知財を出しているし、活用している。
しかし、少なくとも本書からはアマゾンとグーグルは、そうとはとても思えず、??となった。
(アマゾンは虎の子の「ワンクリック」の部分は日本で特許になっていない。)

もしも説得力良く説明するならば、海外でどういう戦略を取ってきたかを懇切に説明する必要があるだろう。
意欲的な企画であることは認めるが、日本の特許をぺらっとめくって多少の解説をほどこしただけで、多少の知識があればすぐにわかることだし、ネットでも同様の分析はいくらでもある。
ページ同様に内容も薄い。
中身は分析というよりは感想文に近い。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: オンデマンド (ペーパーバック) Amazonで購入
この本は電子書籍と紙の同時発行。もともとは、impressの電子“雑誌”である「OnDeck」に連載された記事を、EPUB3とプリント・オンデマンド(注文に応じて即座に印刷・製本)の形で発刊したものです。そんな発行形態からして新しい、松倉弁理士らしい新時代の書籍!です。

誰でも毎日のように使っているアップル、グーグル、アマゾンの機器やサービス。日本国内には、彼らに匹敵する商品やさーびすはまだ存在しません。誰もが知りたい、この3社のビジネスモデルの強みを、著者お得意の知財分析から読み解くという、専門的かつ知らなかった情報たっぷりの本です。

ぶっちゃけ薄い本です。70ページで、電子版だと680円、紙だと1080円。私が買ったのは紙ですが、印刷や製本は市販の書籍と同じ高品質だし、下手なメルマガや「この記事の続きが読みたかったらxxx円」と比較して高いと感じないのは、内容が濃いからでしょうね。

具体的には、各社のビジネスの根幹と思われる特許出願の内容、その査定や変更の経緯をたどって、戦略とその修正の経緯を読み解きます。同じ特許庁に対する出願である限り、特殊なやり方は通用しないことから、特許戦略というもののあり方自体は、専門家がきちんと読み解けばそれほど実体とかい離しないのではないかと思われます。この本、今後新ビジネスを始めよ
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: オンデマンド (ペーパーバック) Amazonで購入
Apple、Amazon、Google。
インターネットの特性をうまく活かしてのし上がってきた大企業。

それら企業は特有のビジネスモデルだけで光り輝いているのではなく、
そのビジネスモデルを陰で支える知的財産権で守られていることを解き明かす良書。

特許制度に関する若干の基礎知識があれば、楽しく興味深く一気に読み通せる。

IT企業のエンジニア、知財参謀、経営者、そこに飛び込もうとしている学生などにお勧めしたい。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: オンデマンド (ペーパーバック) Amazonで購入
Apple、Google、Amazonがどんな特許を持っているか知らない人にはわかりやすくまとまっていて丁度良い内容だと思います。読み物として気軽に読めます。

ただ取り扱っている特許の数も中身の解説も軽く紹介している程度なので、詳細をじっくり知りたいとか、IT系の特許にある程度知識のある人には物足りないです。手っ取り早くざっとおさらいするという意味ではありかもしれません。

特許番号はしっかり掲載されているので、続きは自分で調べるのが正しい使い道だと思います。

第二弾がでることを期待します。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Doctor X 投稿日 2013/2/19
形式: Kindle版 Amazonで購入
期待に反して中身が薄かったように思う。次回作に期待しましょうか。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック