通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
黒子のバスケ 1 (ジャンプコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 0 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【中古】当日から翌日発送の年中無休スピード出荷。マケプレお急ぎ便がご利用頂けます。※一部の商品、地域へはご利用頂けません。商品により追跡番号なしのユウメールもしくは宅配便等で発送致します。代引・コンビニ決済対応。オンラインにて併売しており在庫は随時更新していますが稀に在庫切れの場合がありますので予めご了承下さい。その際のキャンセルのご連絡もすぐにさせて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

黒子のバスケ 1 (ジャンプコミックス) コミック – 2009/4/3

5つ星のうち 3.5 105件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 黒子のバスケ 1 (ジャンプコミックス)
  • +
  • 黒子のバスケ 2 (ジャンプコミックス)
  • +
  • 黒子のバスケ 3 (ジャンプコミックス)
総額: ¥1,296
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • コミック: 200ページ
  • 出版社: 集英社 (2009/4/3)
  • ISBN-10: 4088746945
  • ISBN-13: 978-4088746944
  • 発売日: 2009/4/3
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 105件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
率直に言うと私には合いませんでした。
スラムダンク、あひるの空といったバスケ部漫画を期待してる人はがっかりするかと思います。
この作品はバスケをモチーフとしたジャンプ伝統のバトル漫画と考えたほうがしっくり来ます。
テニスの王子様やキャプテン翼の流れですね。
バスケをやってた人、バスケットというスポーツが好きな人にとっては
あまりに非現実的で幼稚な設定に違和感を強く感じると思いますが、
特に思い入れのない人にとっては面白く読めるんじゃないでしょうか。
1 コメント 77人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
とりあえず1巻だけ読んだ感想です。

作者が全力スタートと自分で言ってるだけあって、話の展開がめちゃくちゃ速いです。
主人公がバスケ部に入部して、練習風景は全く無くいきなり強豪校と練習試合。
黒子の「パス回しにに特化した能力」と火神の「アメリカ帰りの得点能力」だけを頼みに、「キセキの世代の選手」のいるチームに挑みます。

話の展開(1巻では海常高校との試合)に必要な事以外、キャラの紹介等一切の説明を省いてます。
読み終えて気が付けば主将以外のレギュラーの二年生の名前も不明のまま(出て来たっけ・・?)
無駄の省き方が上手いと言うか、とにかく話を進めて先を読ませようって目論見が見事に上手くいってる感じです。
展開が速いけど、話の重要点が明白なので分かりやすく、先が気になって一気に読んでしまいました。
正統派スポーツマンガって一生懸命練習して皆で力を合わせて勝ちに行くものですが、このマンガの場合は主人公が最初から高い能力を持っていて、相手も特技を持ってるので、何というかバトルマンガを読んでるかのようなドキドキを味わえました。

主人公黒子の、存在感が薄いってことを利用した特技が面白くて引き込まれます。
「キセキの世代」っていう明白な敵の存在も分かりやすくていい
...続きを読む ›
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
テニプリと同じ系統だろう…と手出しはしていなかったのですが、1〜5巻無料ということで読んでみました…が。

これは面白くない。さっぱり面白くない。
先程テニプリの話題も出しましたが、後半はただのなんでもアリのただの腐女子向け漫画になってしまいましたが、前半(10巻辺り?氷帝戦辺りまで)は本当に面白かったので。
読み始めた当初はテニスのルールすら分からなかった私が、どんどんのめり込んでいきました。

そんな感覚を期待して読んだのですが…
バスケのルールもさっぱり。キャラクターにも魅力を感じない。黒子の設定は面白いと思いますが、本当にそれだけ。それ以外に魅力は見出せませんでした。

個人的にではありますが、これが世間で爆発的人気を得ているのが理解出来ません。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
スポーツ漫画に「プレーを描く」ことを求める方からは、おそらく評価が低いであろう作品だと言うことは最初に述べておきます。
だけど、奇抜な設定の反面、スポーツの本質を非常にストレートに突いた作品だと思います。
スポーツの中に流れる人間関係や精神性を重視してスポーツものを読む方には非常にお勧めできます。
ただし、「キセキの世代」や現実味の薄いプレースタイルなどの、いわゆる「ファンタジー性」を容認できるor捨象できることが条件ですが。
これらの設定自体は、スポーツの精神性というテーマを描くだけでは欠ける可能性のあるエンタメ性を盛り込むと言う点で評価できるんですけどね。

影の薄い主人公――他のプレイヤーを立てることにその存在意義がある主人公・黒子。
ここで出て来るのは、チームスポーツにおける個人主義の否定です。
このテーマだけであっても、ベッタベタに描いて、それなりの作品になる、それだけのいいテーマの象徴と言える主人公です。

けれど、ここ最近、作者は「他者依存の否定」についても盛り込んで来ているように思います。
チームメートとの関係、勝利、自己実現・・・スポーツが持つあらゆる要素のバランスはどこにあるのか。
いかにも漫画チックな設定の中で、作者が本当に描きたいのは、スポ
...続きを読む ›
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック