中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

黒い花びら 単行本 – 2001/1

5つ星のうち 4.5 12件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 756 ¥ 299

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

水原弘が生涯のほとんどをついやしたのは、“破壊へ向けての生活無頼”と“歌うこと”の二つだった―。昭和歌謡界黄金時代を疾風の如く駆け抜けた、無頼の歌手・水原弘の壮絶な生涯。酒、博打、借金に満ちた破天荒な歌手生活とは?関係者からの綿密な取材を重ねつつ、波瀾万丈の人生を描く感動のノンフィクション。 --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

内容(「MARC」データベースより)

昭和歌謡界黄金時代を、疾風怒涛の如く駆け抜けた無頼の歌手・水原弘。酒・遊び・借金が三位一体となった「破滅へ向けての生活無頼」と「歌うこと」に費やした生涯を、関係者達の証言から浮き彫りにし描くノンフィクション。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 202ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (2001/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4309013945
  • ISBN-13: 978-4309013947
  • 発売日: 2001/01
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 490,708位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 本書は、水原弘が駆け抜けた時代に掲載された週刊誌の記事や関係者の声を拾い、丹念にこの"酔いどれ歌手"の人生を追っている。ページをめくりながら読者の頭によぎるのは、「お酒を少し控えたらこんなみじめな死に方しなくてよかったのに」、「見栄張りすぎて金を浪費して」といった、呆れにも近い思いだろう。だが著者は、水原が周辺の人々から拍手を送られながら道徳的に生きるような「昼の論理」ではなく、「歌うこと」と「破滅へ向けての生活無頼」に生涯のほとんどを費やす「夜の論理」を生き抜いたのだと説明し、「昼の論理」の側から何を言っても「夜の論理を生きた水原弘には通用しない」という。
 「水原弘は、自分のステージの上における"無頼"のイメージに、ステージを降りた後も責任をとった芸人だった……(中略)さまざまな歌手や役者がいるが、ステージやスクリーンでは恰好よく"無頼"のイメージをただよわせながら、そのフィクションの衣を脱げばほとんどサラリーマン感覚、世間的な気遣いをめぐらして蓄財に励んでいるタイプがほとんどだろう。水原弘は、それに反発して、ステージ上での気取った"無頼"を、日常の中でも演じて見せつづけた。」
 関係者は言う。「水原弘の時代にも、そんなタイプは数えるほどしかいなかったけど、今はもう絶滅しましたね……」と。
 著者は水原弘の軌跡を辿りながら、"無頼"の凄味を実感できたのがうれしかったと「あとがき」で書いている。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
私は「黒い花びら」も「君こそわが命」も知ってはいるし
水原弘が歌う姿をテレビでも見てはいるけれど
いかんせん幼すぎて、ただ「目つきの怖いお兄さん」
という印象しかなかった。
その水原弘の本を何故読みたいと思ったかというと
氷川きよしくんが「黒い花びら」をアルバムに収録し
毎日のように聞いているうちに、こんなすごい歌だったの?
と感じ始めていたから。そして不遇の時代から
「君こそわがいのち」への奇跡の復活の仕掛け人が
きよしくんの所属事務所の長良じゅんさんと聞いていて
どんなドラマがあったのか知りたかったからだ。
作者は水原弘と同じ時代を生きているので、とても熱い思いがあり
物見遊山で手に取った私のような読者でもぐいぐいと
ひきこまれ一気に読破してしまった。
日本人が活き活きとし、侠気、人情がまだ元気な時代
だったからこそ誕生した歌手という印象をもった。
あのテレビ画面を通してみた凄みのような意味も理解した。
名曲といわれる曲には様々なドラマがあるだろうが
歌以上にドラマティックな人生を生きた水原弘を思うと
なんとも切ない気持ちになる。歌い継がれる名曲を
持つことができたことは歌手として
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
保存用と読書用と持ち運び用(文庫)に三冊購入しました。おミズの大ファンですが、
如何せんおミズの活躍した時代に生まれていなかったので、この本で少しでもおミズの
人となりを知ることができ、よかったです。
セリフが幾つか出てきますが、こんな風に話していたのかなんて想像するのもまた
楽しいです。
日劇時代から頭角を現し、やがて無頼を気取ったことから借金がかさみ、体を壊して
しまった過程もよく分かりました。
周囲にもう少しおミズの体を第一に考えてくれる人があったなら、このような最後には
ならなかったと私は思います。

今の時代には合わない人だったかもしれないけど、本当に素晴らしい人。生きていた
らな・・と思わずにはいられません。厳密に言うところの犯罪を犯したわけでもないのに
おミズの後世の評価って低すぎますよね。賭博で損した時は、しばらく追放になっていたとか。
今なんか、覚せい剤やった人でもしばらくすると平然とテレビに出ている。
この差は時代背景なんでしょうね・・

人に褒められるような生き方ではなかったかもしれないけど、私はそれも併せておミズだと
思うので人生まるごとのファンです。誰にも真似のできない真似しちゃいけない生
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
ほぼ全編を通じ、おミズのダークな側面にばかりスポットライトを当てているため、個人的には少々、読んでて滅入りました。
ちなみにおミズには、和服姿でアースを持ったホーロー看板が、全国至るところに掲げられたり、子供たちと「へんな女」を楽しく歌ったり、紅白に7年連続で出場したりといった、明るい第二の絶頂期があり、むしろ成功の安定度においては、若い頃を上回っていたにも拘らず、著者の村松は、その間、あたかもおミズが失敗ばかりしていたかのような、浅はかな書き方しかしていません。
その意味では、村松の世界観の狭さと、それに伴う筆力の不足が、偏ったおミズ像を現出させてしまった、凡作の域を出ていないようにも感じられました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック