通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中身、小口等も綺麗です。ご覧いただき誠に有難うございます。当店では商品状態が良好な商品を販売しております。※帯に付きましては広告扱いとさせて頂きますのでご了承ください。◆商品説明◆中古品、小口のヤケ、汚れも少なく綺麗な商品です※アルコールにて簡易クリーニング致しました。書込みはチェックしておりますが、万が一見落としが有りましたらご了承ください。状態の良いものを販売しておりますが、あくまで中古品となりますので、ご理解の程お願い致します。タバコのにおいまではチェックしてませんので、アレルギーのある方はご注意下さい。丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

黒い本 単行本 – 2016/3/19

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2016/3/19
"もう一度試してください。"
¥ 3,888
¥ 3,888 ¥ 2,733
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 黒い本
  • +
  • 僕の違和感〈上〉
  • +
  • 僕の違和感〈下〉
総額: ¥8,640
ポイントの合計: 131pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ノーベル賞作家オルハン・パムクの最高傑作、ついに完訳。
文明の交差路、イスタンブールの街で、突如行方をくらました妻を追うガーリップを、いとこの新聞記者ジェラールのコラムが導く。
ミステリーの形式を踏襲しながら、多彩な語りをコラージュさせて描く、パムク個人のイスタンブール百科事典であり、イスタンブールの『千夜一夜物語』。
○「推理小説という概念を覆す、めくるめく作品」(『インディペンデント』日曜版)
○「暗く幻想的な創作物の壮麗なる飛翔」(『ワシントン・ポスト』パトリック・マグラス)
○「驚異的な小説だ。エーコ、カルヴィーノ、ボルヘス、マルケスの最良の作品に匹敵する」(『オブザーバー』)

-----

第I部
第1章 ガーリップがリュヤーを初めて見た頃のこと
第2章 海峡が干上がるとき
第3章 リュヤーによろしく
第4章 アラジンの店
第5章 子供っぽさだ、こんなの
第6章 ベディー親方の子供たち
第7章 カフ山の文字たち
第8章 三銃士
第9章 誰かが僕をつけている
第10章 眼
第11章 我々の記憶は映画館で失われた
第12章 接吻
第13章 ほら、誰が来た
第14章 我々は皆、彼を待っている
第15章 雪の夜の愛の物語
第16章 自分にならなくてはならぬ
第17章 私が誰だかわかった?
第18章 アパルトマンの暗がり
第19章 街のサイン

第II部
第1章 亡霊の家
第2章 眠れないのか?
第3章 誰がシャムス・タブリーズを殺したか?
第4章 物語れぬ者たちの物語
第5章 顔の謎々
第6章 司殺者と泣き顔
第7章 文字の神秘と神秘の喪失
第8章 チェスの持久戦
第9章 神秘の発見
第10章 主人公は僕だったみたいだ
第11章 我が兄弟よ
第12章 鏡に入った物語
第13章 精神病なんかじゃない、ただあんたの忠実な読者なんだ
第14章 神秘の絵
第15章 語り手じゃなくて、物語だ
第16章 皇子の物語
第17章 だけど、これを書いたのは僕

エピグラフ出典一覧
訳者あとがき

出版社からのコメント

――イスタンブールの真っ暗な怪しい細径、街灯、文字、見知らぬ外壁、どす黒い目をした身の毛もよだつ表情のアパルトマン、閉められた暗いカーテン、モスクの中庭のなかに迷い込み、この暗黒と死の啓示まみれのあらゆる徘徊により、僕は別人になる――
イスタンブールの弁護士ガーリップは、幼なじみで、伯父の娘で、友人でもあり恋人でもあったリュヤーを最愛の妻とするが、ある冬の日、妻が忽然と姿を消す。同時に、リュヤーの異母兄で人気コラムニストであるジェラールも行方不明となるが、彼の連載コラムはその後も新聞に掲載され続ける。
二人が共にいると直感したガーリップは、妻を捜し求めてイスタンブールの街へ出る。この街にまつわる奇想天外な逸話を綴るジェラールのコラムによって、路地へ、市場へ、地下へ、娼館へ、あるいはナイトクラブへと導かれるなかで、西欧化によって喪われた都市の歴史と個人の記憶が交錯し、やがてガーリップのアイデンティティも溶解していく――。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 592ページ
  • 出版社: 藤原書店 (2016/3/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4865780629
  • ISBN-13: 978-4865780628
  • 発売日: 2016/3/19
  • 梱包サイズ: 19.6 x 13.3 x 3.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 499,744位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

ベスト1000レビュアー2016年4月12日
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。404kc digno c