黒い家 [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,884
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: machan78♪
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

黒い家 [DVD]

5つ星のうち 2.9 7件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,024
価格: ¥ 1,884 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,140 (38%)
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 1,884より 中古品の出品:1¥ 2,300より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 黒い家 [DVD]
  • +
  • CURE [DVD]
総額: ¥3,884
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 内野聖陽, 大竹しのぶ, 西村雅彦
  • 監督: 森田芳光
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日 2015/11/27
  • 時間: 118 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.9 7件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00WHE0S68
  • JAN: 4988111290793
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 59,355位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

この人間には心がない——。
現代人の心の闇をえぐり出す、リアル・サイコ・サスペンス。

若槻慎二は生命保険会社の北陸支社で保険金の支払査定に忙殺されていた。
ある日、顧客の菰田の家に呼び出され、期せずして子供の首吊り死体の第一発見者になってしまう。以来、菰田とその妻・幸子から執拗に保険金を請求されるが、彼らの不信な態度から他殺を確信していた若槻は、独自調査に乗り出す。
信じられない悪夢が待ち受けていることも知らずに……。

特典●特報 ●劇場予告編 ●TV-SPOT  ●スペシャルプレビュー(インタビュー)  ●メイキング~黒い家の裏庭~  ●主題歌:m-flo 「chronopsycology」ミュージッククリップ ●「黒い家」菰田家マップ オーディオコメンタリー

監督:森田芳光 原作:貴志祐介 脚本:大森寿美男

出演:内野聖陽 大竹しのぶ 西村雅彦

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

日本ホラー小説大賞を受賞した貴志祐介の同名小説を森田芳光監督が映画化。顧客・菰田の家に呼び出された生命保険会社の若槻は、そこで子どもの首吊り死体を発見する。以来、信じられない悪夢と恐怖が振り掛かり…。“角川シネマコレクション11月度”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 Atropos トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/1/31
かなり低評価だけど、邦画の中では珍しいサイコホラーをやってくれた事は評価。

ストーリー自体がリアル路線で、出演者のキャラクターや演技も突飛なので引いている人もいるみたいだけど、幽霊や怪物よりも「人間の狂気」こそがもっとも怖いという部分はよく描けている。特に大竹しのぶの女優根性には脱帽。

★満点を付けられるほどの傑作でもないし万人向けでもないが、サイコホラーとしての恐怖感は出ているので★ひとつというほどの駄作でもなし。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
本作品『黒い家』は邦画の数少ないサイコ・サスペンス・ホラー映画の傑作です(同じ森田監督の『刑法第三十九条』も秀作品です)。物語は…昭和生命保険会社に勤める若槻(内野聖陽)が、担当する事になった客・菰田幸子(大竹しのぶ)とその亭主(西村雅彦)。この夫婦…普通の客ではなかった。金の為なら我が子も殺し、更に金が欲しけりゃ亭主の両腕をも切断して、邪魔になる人間達は片っ端から殺すという…サイコパス(反社会的性格異常者)の夫婦だったのです。この客を担当する事になった保険屋・若槻が、菰田夫婦に精神的に追い詰められて逝き、最後には菰田幸子に命をも狙われ‘生き地獄,を味わう事になる!!…という超危険な物語なんです。本作品の最大の見所は、大竹しのぶ&西村雅彦のブッ飛び過ぎの怪演と、心理的に崩壊寸前の極限状態を熱演する内野聖陽の芝居に尽きます。STORY的にも、森田芳光監督らしい‘ハラハラドキドキ感,を魅せてくれます。この映画の恐ろしさは観なきゃ分かりませんね!。監督・森田芳光×内野聖陽×大竹しのぶ=?…知りたい人は本作品『黒い家』をご覧あれ!。観て損はしない作品ですよ!(兎に角、大竹しのぶの演技が凄すぎる)。☆追記‥監督・森田芳光が鬼籍に入ってしまった事が非常に残念です。今頃は、天国で森田監督は松田優作と芝居の話しでもしているのかなあ〜。以上です…お粗末でした。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
1999年公開作でしょ。
いくらなんでも、聞き取りにくいセリフ。

昨今の日本映画、役者の殆どがセリフの通りが悪い。
これも監督がOkしてんだから仕方ないにしろ、
監督自身の器量による甘さによるものだろう。
例を挙げれば三池崇史の監督みたいなの
断言して言える。
昭和の時代の日本映画、バイタリティー溢れるセリフ回しと
妥当な演出、演技が画面を通じて伝わってきた。
今ではそういうものは関係ない流れなんだろう。

で、この映画の演出、セリフ回しもそうだとは言わないが
とにかく音声が低い。
これではセリフの通りが悪い欠陥演出映画と同類である。
監督が意図したことなんだろうか?
キチっとした音声ならもっと作品に入り込めた。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yuri 投稿日 2016/10/17
原作に比べると全然怖くないし、もはやホラーではなくコメディになっている。
西村雅彦さん目当てで見たのでいいのですが、菰田しげのりの演技は完全にコントでした(笑)
主人公のキャラも原作よりずっと気弱になっていて「おやおや?」と思いましたが、内野さんの演技はむなかたコーチの役しか見たことなかった私はギャップ萌えしました。かわいかったです。
菰田幸子も、原作ではかわいそうなくらい汚らしいおばさんとして描かれていましたが、映画では色気のあるキレイめななおばちゃんになっていました。
しかも主人公とまさかのキスシーンが…!内野さんと大竹しのぶさんのキスシーンは大変艶っぽかったです。これは一見の価値あり。
原作の雰囲気は皆無と言えますが、私は純粋に楽しめました。監督は原作ファンからの反感はもちろん覚悟の上だったでしょう。度胸あると思います。
ただひとつ、私が気に入らなかった点は、金石教授と主人公がスナックで人格障害の談義をするシーンです。人格障害についてことこまかに教授が説明してくれるので興味深かったシーンだけに、映画の演出は腹が立ちました。
やかましい音楽にのせて裸同然のお姉ちゃんが踊っているカットをなぜ挟む必要がある?
あそこはまあまあ大事なシーンだと思うので、茶化さないでほしかったです。金石教授もあそこまでテン
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告