中古品の出品:5¥ 1,597より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

黒い家 [DVD]

5つ星のうち 2.9 105件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:5¥ 1,597より

この商品には新しいモデルがあります:

黒い家 [DVD]
¥ 1,854
(5)
在庫あり。

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオ黒い家¥ 0で観る

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 内田聖陽, 大竹しのぶ, 西村雅彦, 田中美里, 石橋蓮司
  • 監督: 森田芳光
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 角川エンタテインメント
  • 発売日 2008/09/05
  • 時間: 148 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.9 105件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001A15IIW
  • EAN: 4988111285508
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 140,736位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

この人間には心がない―。
日本ホラー小説大賞を受賞した貴志祐介の同名小説を、森田芳光監督が映画化。

【映像特典】
・メイキング~黒い家の裏庭~
・インタビュー
・劇場予告、TVスポット、特報
・『黒い家』菰田家マップ
・主題歌:m-flo「chronopsycology」ミュージッククリップ
計約30分

※特典内容、仕様などは変更になる場合もございます。予めご了承ください。

【ストーリー】
若槻慎二は生命保険会社の北陸支社で保険金の支払い査定に忙殺されていた。
ある日、顧客・菰田の家に呼び出され、期せずして子供の首吊り死体の第一発見者になってしまう。
以来菰田とその妻・幸子から執拗な保険金請求されるが、彼らの不振な態度から他殺を確信していた若槻は、独自調査に乗り出す。信じられない悪夢が待ち受けていることも知らずに・・・。

【出演】
内田聖陽
大竹しのぶ
西村雅彦
田中美里
石橋蓮司

【スタッフ】
監督:森田芳光
撮影:北信康
原作:貴志祐介「黒い家」(第4回日本ホラー小説大賞受賞)角川ホラー文庫刊


(C)1999「黒い家」製作委員会

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

韓国で再映画化もされた貴志祐介の同名小説を森田芳光監督が映画化したオリジナル版。生命保険会社に勤める若槻は、ある日、顧客・菰田の家に呼び出され、そこで子供の首吊り死体を発見する。警察は自殺と判断するが、若槻は両親の態度に不審感を抱く。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
原作とは違い、アンニョイな雰囲気の作品になっていると思った。ホラーの割には微妙に
笑えるシーンが多かったと思う。しかし、主人公が情けなくなりすぎてたり、肝心の兄の
存在が消えてたり、心理学助教授の金石まであきらかな変な人になってたり、恵の精神的
な強さみせるシーンが無かったり、異常性を示すシーンが笑える方向に向いてたり、必要
なのか分からないエロ描写があったり・・・、と原作どおりにしろとは言わないが不満は
多かった。
コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
サイコものが好きである
突き抜けたものは特に好きである
この映画は突き抜けている

突き抜けすぎてコメディとまで言われてしまっているのは、良いことだと思う
やりすぎると笑いになるのは、お笑いの基本でもある

だからこそ、こんなにも激しい描写でも見れるのである
目を背けず見ていられるのである

一見、普通な文章かと思っていた方が、よくよく見ると感情が読み取れない
そう
真のサイコパスだったのである

ただ一つ不満なのは、この人は単純にお金がほしいだけでやってのけているのかと思ったら
急に終盤のほうで殺すこと自体が日常になってしまっていること
だからこそサイコなのだろうが
映画的演出に感じ残念
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Nanashi 投稿日 2012/12/1
形式: DVD
評価が割れてる事もあり今まで避けてきた作品。

まず過小評価ではないかな?と思います

大竹しのぶの怪演・残酷描写・展開共に昨今のホラー映画より良く出来ているし 見所が多い。
原作未読の為、比較はできませんが邦画の中では良い出来だと思います

怖かった!
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
1999年の森田芳光監督作である黒い家は、大竹しのぶらが主演したサイコサスペンス映画。
保険営業マンがある家庭の死亡事件と関わったことで、1人の女に追い込まれていく姿を、恐怖演出とコメディ演出を織り交ぜて描いていく。

原作は未読であるが、おそらく原作ファンや原作が良いと思った人が本作に失望する理由もよく分かる。
本作はサイコサスペンス映画であるとともに、ブラックなコメディ要素が非常に強い。
怯えた主人公が生活していく様を基本的には俯瞰したショットで映すのだが、
実際に幸子と対面する場面では、臨場感溢れる主観ショットに切り替わり、恐怖感を煽ってくる。

途中で挟まれる水泳シーンや、西村雅彦演じる男と会話しているところに聞こえる不快音など、気味が悪くなるシーンが多い。
とはいえ、森田監督の悪ふざけが、作品全体の雰囲気を壊してしまう部分もあった。(犯罪心理学教授のシーンなど)
変化球タイプの森田監督ではなく、本格的な直球演出タイプの監督が描いた黒い家も観てみたいと思った。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
貴志祐介の原作は超が付くほど素晴らしい出来だっただけに期待していたが、
森田芳光監督によって映像化されたこの映画は、原作の良さをほとんどぶちこわしにしてしまっている。
森田監督のいつもの独りよがりのマスターベーション的(「こんな演出が
出来る僕って独創的で才能あるでしょ?」的)映像には正直ウンザリです。
森田監督の駄作映画よりも、原作本の方を読まれることを強くお勧めします。
コメント 79人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
邦画には珍しいサイコパスを題材にした映画で、大竹しのぶさんがハマり役でした。

西村雅彦さんの、関わりたくない感じの人物もとても良かったです。

あるシーンは、羊たちの沈黙を彷彿とさせる、ドキドキ感で、その後の展開も楽しめました。

私は大好きです。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/8/26
形式: DVD
原作を先に読んですごく面白かったので、それなりに期待して
みたのに、ひどすぎで閉口です。
※これより先はネタバレになるのでこれから診る人は見ないでほしいです。
まず細かい説明が全然足りない。
原作の主人公はそれなりに切れ者でしっかりした人物像で描かれていたのに
なぜ映画は、あんなにおどおどしてるのか不明。
また葛西だってかっぷくがよくてかなり頼りがいのある上司だったのに
あんなハゲ親父でまたこれもおどおどしてて頼り無い感じの役柄。
どんな解釈をしてああいう風に演技指導したのか問い詰めたい。
小一時間問い詰めたい。
それに保険サービスの三好だって、元ヤ●ザのこわものだったはずなのに
どうみても普通のサラリーマンじゃねーか!!
そんな恐ろしい男ですら殺されてるってのが原作でひきたっていたのに
普通のリーマンじゃ殺されても普通じゃねーか!
あと菰田の家に主人公が乗り込むとき、主人公はバイクで菰田幸子は
ちゃりんこだったから到着時間の違いによるかけひきがはらはらだったのに
映画は普通に車にのって帰ってきやがった。。。。
どういう意思であんな設定にしたのか?
問い詰めたい。小一時間問い詰めたい。
最後に。
...続きを読む ›
コメント 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック