通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
黒い太陽のおはなし 日食の科学と神話 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ふーらい堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■外観:カバーに多少キズ、3cm程の破れあり■本文:特に大きなダメージ(ヨゴレ、書き込み、切り抜き、破れ等)なく良好(見落としがあるかもしれませんがご容赦下さい)■発送方法:クロネコメール便(郵便受け投函)■遅くともご注文の翌日までには出荷致します。※土日、祝日も出荷致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

黒い太陽のおはなし 日食の科学と神話 単行本 – 2009/7/8

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 200

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

月が太陽を隠す世紀の天文ショー「日食」。日食が起こるの仕組みのやさしく詳しい科学的説明と、日食を題材に創られた日本、アイヌ、インドの神話の紹介を交えながら、日食の魅力を丸ごと伝える一冊。

著者からのコメント

日食絵本、満を持しての発売です!
文は寮美千子。絵は、佐竹美保さん。はじめてのコラボレです。
いわゆる「科学のお勉強絵本」にしたくないという、編集者すぎまる氏の執念もあり、コロナの図像も、写真ではなく、佐竹さんの手描きです。
そして、その参考となったのは、天文&日食友だちの川合慶一さんでした。彼は、世界各地の日食に出かけ、そのたびに、日食の最中にコロナをスケッチする、という神業を行っている人。これが、どんな写真より、肉眼で見た日食の感じを伝えてくれるのです。参考資料にさせていただきました。

本書の特徴は、ともかく「わかりやすい」。
日食の科学的原理が、科学が苦手な人にもわかるよう、書いてあります。

また「神話」が収録されているのも、ほかにはない特徴。
古事記の、天の岩戸の神話、
アイヌの、太陽を食べる魔物の神話、
インドの、ラーフという魔物の話の3話。
同じ日食神話なのに、発想がまったく違う、というのも興味深い。
それぞれの神話の絵を描きわけてくださった佐竹さんは、さすがです。

さらに!
皆既日食の現場で何が起きるのか、どんな感じなのか。その疑似体験も、絵本のなかでできてしまう!皆既日食3戦3勝の寮美千子の体験談でもあります。
科学・神話・実体験のすべての角度から日食を描く初の試み!
監修は、西はりま天文台の黒田武彦先生。
本文以外の細かい日食用語などは、編集のすぎまる氏の力作。
みんなで力を合わせてつくった本です。

2035年までの、日本と世界で見られる日食の案内つき。
これ一冊あれば、子どもに日食の説明を求められても、ちゃんと答えられます!今回の日食が終わっても、基礎教養として役立つ絵本です。
だれかに読んでもらうなら低学年から、自分で読むなら高学年から、大人まで楽しめる一冊。
みなさま、ぜひ!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 48ページ
  • 出版社: 小学館 (2009/7/8)
  • ISBN-10: 4097263811
  • ISBN-13: 978-4097263814
  • 発売日: 2009/7/8
  • 商品パッケージの寸法: 30 x 21.4 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 319,118位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 この一冊があると、皆既日食の事がよくわかります。
皆既日食の時は、地上はどうであるか、科学的な内容から、
先人は皆既日食を見て、どのように感じたかの神話、
将来、皆既日食はどこで見れるか迄。
子供から大人まで楽しめる皆既日食の必須参考書です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
日食は美しいらしい。絵本の黒い太陽から出るコロナのイラストは、静かに丁寧に書き込まれた観察記録なのだが、それがなんとも繊細で神秘的。自然現象としての日食だけでなく、日食をめぐる神話も紹介している。私はアイヌの話が特に好きだ。日食は世界中で昔から人の心に影響を与えてきたのだろう。寮美千子の文章も太陽のみに焦点を当てず、夜の闇とは違うらしい日食独特の周りの空気まで伝えていて美しい。科学絵本でありながら、説明の文章の美しさにまで気を配って作られているのが良い。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 皆既日食の科学絵本です。文を寮が、絵を佐竹が描いていて、なかなか魅力的な組み合わせです。
 読んでみると、寮は科学と神話を過不足なく融合して科学絵本+創作絵本の趣き。
 佐竹も、まず表紙からして今風の「科学」らしい描き方ではなく、科学が子どもの間でまだかっこよかった頃の、つまりはそこに物語が感じられた頃の雰囲気をたたえています。
 で、中には写真がゼロ。というのもこのコンビの姿勢が良く出ていておもしろいですね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
地球から見て、太陽が月に隠れる皆既日食。
なかなか起こらない理由が解り、長年の胸の’つかえ’が取れるような爽快感がありました。
それと、神話と日食との関連ですが改めて美しい絵とともにロマンをかきたてられ、同時に当時の人々の自然に対する”畏怖の念”を感じた次第です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告