通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
黄金豹 (少年探偵) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

黄金豹 (少年探偵) 単行本 – 2005/2

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 138

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 黄金豹 (少年探偵)
  • +
  • 海底の魔術師 (少年探偵)
  • +
  • 灰色の巨人 (少年探偵)
総額: ¥1,944
ポイントの合計: 38pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

夜の闇を切りさくかのように、屋根から屋根を走る金色の大きな影。月の光をあびて、全身キラキラとかがやく黄金の豹が町に姿をあらわした。銀座の宝石商をおそい、次から次へと宝石を食べはじめる豹、ぱっと身をひるがえして逃げさると、煙のように消えてしまう、まぼろしの怪獣は、いったいなにもの。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

江戸川/乱歩
明治27(1894)年10月21日、三重県名張町(現名張市)に生まれる。本名、平井太郎。早稲田大学在学中から、英米の推理小説を片っぱしから読む。卒業後、貿易会社、古本商、新聞記者などたくさんの職業を経験する。大正12(1923)年に『二銭銅貨』を「新青年」に発表。筆名の江戸川乱歩は、推理小説の始祖エドガー・アラン・ポーから取っている。その後、数多くの推理小説を精力的に書く。昭和11(1936)年「少年倶楽部」の求めに応じて書いた『怪人二十面相』がたいへんな人気を博し『少年探偵団』『妖怪博士』など少年少女に向けた作品を発表する。昭和40(1965)年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 173ページ
  • 出版社: ポプラ社; 文庫版 (2005/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4591084248
  • ISBN-13: 978-4591084243
  • 発売日: 2005/02
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 13.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 350,344位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
本作は(本作「も」と言うべきか),大都会の真ん中に豹が出現するという,奇想天外な状況から始まります。
このモチーフは乱歩好みの「人獣」パターンで,『人間豹』を想起する方も多いことでしょう。
この「豹」の正体はもちろん二十面相なのですが,読者はそんなことにはうすうす気づいているにもかかわらず,それでもその後の展開に期待せざるをえないほど,物語に引き込まれることでしょう。

ストーリー展開は,二十面相と明智・小林少年の知恵比べになるというパターンはいつも通りです。まさにこれが,「少年探偵団シリーズ」の醍醐味の一つと言ってよいでしょう。
そのような中で少々目を惹くのは,明智がシャーロック・ホームズばりの人物観察を行う場面があることです。
(少年読者には気づきにくい箇所かもしれませんが,背景の知識があると,より深くかつ広範に物語を楽しむことができると思います。さらに付言すると,ホームズシリーズの『バスカヴィル家の犬』の影響を受けているのではないかとおぼしき箇所もあります。もっとも,これはマニア向けの話ですが。)

本作は,二十面相と明智・小林少年の息詰まるような駆け引きに加えて,幻想的・非現実的な舞台設定―猫屋敷・猫むすめ・猫夫人など―が加わることによって,一層妖しい魅力を醸し出しています。
それでも
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック