黄金を抱いて翔べ スタンダード・エディション [D... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,800
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: select store (商品説明文を良くお読みください)
カートに入れる
¥ 1,980
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: タマクオンライン
カートに入れる
¥ 2,100
通常配送無料 詳細
発売元: ☆カラフルスターズ☆Online
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

黄金を抱いて翔べ スタンダード・エディション [DVD]

5つ星のうち 4.0 55件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,212
価格: ¥ 1,680 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,532 (60%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、EC工房が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 黄金を抱いて翔べ スタンダード・エディション [DVD]
  • +
  • メイキング・オブ 黄金を抱いて翔べ [DVD]
総額: ¥3,260
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 妻夫木聡, 浅野忠信, 桐谷健太, 溝端淳平, チャンミン
  • 監督: 井筒和幸
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: エイベックス・ピクチャーズ
  • 発売日 2013/04/02
  • 時間: 129 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 55件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00B17HZX6
  • JAN: 4907953032682
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 57,515位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

日本推理サスペンス大賞を受賞したベストセラー作家・高村薫の最高峰ミステリーが、井筒和幸監督のもと豪華キャストでついに映画化。
“黄金"に人生を賭けた男たちを描くフィルム・ノワールの傑作が誕生!!

☆原作は『マークスの山』『レディ・ジョーカー』などで知られるベストセラー作家・高村薫のデビュー作である『黄金を抱いて翔べ』。小説に惚れ込んだ井筒監督によってついに映画化。

☆『ガキ帝国』『岸和田少年愚連隊 BOYS BE AMBITIOUS』『パッチギ!』などで多くの映画賞を獲得。様々な社会派エンターテインメント作品を作り続けている井筒和幸監督が、長年に渡り構想を練りあげた本作でハードボイルドな男たちの“究極の賭け"を描き出し、邦画史上最高峰のフィルム・ノワールを創りあげた!!

☆主演には『悪人』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞し、日本映画界を牽引する妻夫木聡。そして浅野忠信、桐谷健太、溝端淳平、“東方神起"のメンバーとして絶大な人気を誇るチャンミン、西田敏行ら、演技力と個性的な魅力を兼ね備えたスターたちが、抜群のチームワークを発揮して、大胆不敵な計画に挑む。

【ストーリー】
過激派や犯罪者相手の調達屋をしている幸田は、大学時代の友人・北川から、大阪市の住田銀行本店地下にあるという240億円相当の金塊強奪計画をもちかけられる。
北川が幸田とともにメンバーに選んだのは、システムエンジニアの野田、爆破工作のエキスパートで元・国家スパイの裏の顔を持つモモ、北川の弟・春樹、元・エレベーター技師でチームの相談役でもあるジイちゃん。
だが、計画が進むにつれて彼らの周囲で謎の事件が次々と発生。次第に見え始める彼らの過去、裏切り、陰謀…。それぞれの思惑が交錯するなか、計画は思いもよらぬ方向へと進んでゆく。
大阪の街を舞台に繰り広げられる、想像を超えた命賭けの金塊強奪作戦。大胆不敵な計画の裏に隠された<衝撃の真実>とは―。

【キャスト】
妻夫木聡、浅野忠信、桐谷健太、溝端淳平、チャンミン(東方神起)、西田敏行

【スタッフ】
原作:高村薫 『黄金を抱いて翔べ』(新潮文庫刊)、監督:井筒和幸、主題歌:安室奈美恵 「Damage」(avex trax)、脚本:吉田康弘・井筒和幸

【特典映像】
予告編集

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

妻夫木聡、浅野忠信、桐谷健太、東方神起のチャンミンほか、豪華キャストが共演したサスペンスエンタテインメント。過激派や犯罪者を相手に調達屋をしている幸田は、大学時代の友人から240億円相当の金塊強奪計画を持ち掛けられ…。監督は井筒和幸。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
犯行動機がわからない。何故金が必要なのか。浅野忠信は妻も子供もいて、幸せそうな生活を送っている。そりゃ日常生活には色々不満もあるだろうが、こんな危険を冒してまで金塊が必要な理由がわからない。

また、妻夫木聡とチャンミンの関係性もわからない。過去に何があったのか。また、妻夫木が越してきたアパートの目の前にチャンミンのアパートがあるが、これはたまたまか? だとしたら相当な確率だ。そしてラストで妻夫木と西田敏行の関係も明かされるが、これこそどんな偶然だ。こうなる必然性や伏線があれば良かったのに、いきなり「親子です」だと「え、急に何?」という感じ。西田敏行が自殺する理由もわからない。

肝心の銀行強盗だが、計画が粗過ぎ。陽動作戦として別の場所を爆破してその隙に、という狙いは良いが、それでももう少し警察も対応するだろう。それ以前のダイナマイト強奪だって大事件だ。警察も本気で調べる。それに警備員がバカ。というより浅野忠信がチート。殴れば誰でも気絶。

その後はとにかく爆破に次ぐ爆破。ようやく本丸の金庫に辿り着くと、そこではバールで作業開始。こんな力任せで良いのか? それでも金庫は開く。しかし、開いた時の描写がただ金庫を映しているだけなので、「遂に!」「これが金塊か!」といったカタルシスが無い。もっとアップから引いていくとかBGMに凝
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
私事ですが、井筒監督の作品で、好きな部分は人間臭いところです。

今回も華麗に綺麗に作品は描かれていません。じっくり観賞すべき映画です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
原作者の高村先生は、単行本から文庫版へと出版するたびに改訂されるのですが(時には版を重ねる場合もされる事もあるそうですが)
そのため、今回井筒監督の映画化にあたり、ラストに関して原作と違うと思われる方も多いようです。
が、実は原作通りのラストであり、同じ表現になっています。

この映画の場合の原作は、現在では絶版状態の(再販は難しいと思われます)『小説新潮版』先生のまさにデビュー時に投稿された小説をもとに映画化されているからです。
※この件は新潮社出版の『黄金を抱いて翔べ』公式ナビゲーションBOOkにも井筒監督と高村先生の対談ページに記載されております。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、一応補足させて頂きます。

ちなみに、小説新潮版のラスト=映画のラストと同様の表現、文章=単行本版(絶版)=文庫版(現在発売中)は読み手側の解釈次第としてラストは描かれているように思います。

もうすこし補足しますと、映画冒頭でのモモと兄との対峙シーンは『小説新潮版』でもきちんと描かれております。小説新潮版でも同じように冒頭そのシーンから始まります。
その時だけ唯一モモの心理面が表現されていました…(その時モモはどう考えて兄と対峙していたのか、過去への思いなど)単行本版、文庫版ではざっ
...続きを読む ›
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
妻夫木聡は『悪人』を超えるベストアクトではないだろうか。とくに父の正体を知ったときの慟哭は圧巻だった。ユーロビートの残響が聴こえるK-POPが苦手でもモモ=チョウ・リョファン役のチャンミン(東方神起)はステキ!と思ってしまう。実年齢が妻夫木聡32歳(しかも童顔)・浅野忠信39歳(しかも老け顔)で同級生っていうのが無理があるけど、妻夫木+浅野の「剛」の関係と妻夫木+チャンミンの同性愛的な「柔」の絡みは見どころだ。

金塊奪取は計画に多くの時間が割かれ、しかも6人の誰にも携帯電話を持たせないなど、監督が【アナログ路線】を狙ったため、サスペンス映画ながらまったりとしたタッチだ。山場の銀行への進入もドッカンドッカンと爆弾一点張りだし、金庫破りでは幸田(妻夫木聡)の“必殺仕事人”的な開錠テクと北川(浅野忠信)の腕力が頼りだし、何より、金庫を見てぶったまげた。何百億という金塊が眠るメガバンクの金庫が、それかよ! しかし、実行シーンでは元エレベーター技師のジイちゃん(西田敏行)が渋くて実にいい仕事を見せてくれる。

いまや全員が主役を張れる6人が、妻夫木の迫真の演技に引っ張られ、映画の中盤から後半にかけて、犯行グループの一員というより、映画を創り上げる仲間として結束を固め、男だらけのアンサンブルが響き合う。いつもなら新米俳優を荒修業できらめかせる井筒監督だ
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー