通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 至高の銀行・証券... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 経年による日焼けやいたみ、使用感ありますが、中のページは概ね良好です。書き込みはありません。十分な検品をしてから出荷をしていますが、まれにチェック漏れによる書込や欠品がある場合がございます。その際はご連絡頂ければ返金などの対応を致しますので、ご連絡をください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 至高の銀行・証券会社編 単行本 – 2008/7/26

5つ星のうち 3.7 12件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 至高の銀行・証券会社編
  • +
  • 黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 究極の資産運用編
  • +
  • 黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 (講談社+α文庫)
総額: ¥5,009
ポイントの合計: 152pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『会社四季報 2017年 2集春号』特集
業界担当記者が独自取材・独自分析で上場企業の業績を先読み。「会社四季報」で、好調会社や有望銘柄を探す。 『会社四季報 2017年 2集春号』特集はこちら。

商品の説明

内容紹介

本書は「海外投資を楽しむ会」創設10周年企画として、これまでつちかってきた海外投資のノウハウをまとめた決定版です。多くの日本の個人投資家が利用している12の海外の金融機関を取り上げています。(Introduction

内容(「BOOK」データベースより)

日本人が使いやすい13の銀行・証券会社を厳選。英語が苦手でも、少額からでも海外講座が持てる!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 253ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2008/7/26)
  • ISBN-10: 447800661X
  • ISBN-13: 978-4478006610
  • 発売日: 2008/7/26
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 165,703位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
 日本人が使いやすいであろう海外の銀行や証券会社の紹介が中心。パンフレット的な内容になっています。
実際に海外の銀行や証券会社に口座を開く際の参考になる本だと思います。しかし海外の金融機関のシステムや仕組みは
日々変化しており情報が古いと思います。2011年現在、HSBC香港にはパワーバンテージ口座はなくアドバンス口座だった
りBank of Hawaiiの外国人向けの支店ができたとか、口座の預入金額に関する項目が変わってたりetcと新しくなっている
ところが多々あります。*(海外投資を楽しむ会では情報を更新したPDF形式の本が販売されています。)

 載っている金融機関を活用する場合は自分で調べながら手さぐりで最新情報を自分で入手して活用しないといけません。
つまり本は参考程度にして後は自分で直接、金融機関に問い合わせる必要があるということです。この本で全ての情報が
完結するというわけではありません。

 しかし、オールカラーで個人的には内容は古くなりましたが参考になる変わらない部分も多く海外の銀行や証券会社を活用
したいと考えている人なら一通り目を通しておくと参考になるし面白いと思います。こんなのがあるのか!ふーんと眺める
だけでも興味のある人には得るものはあると思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ベストセラーになった「黄金の扉を開ける賢者の海外投資術」の金融機関活用の実践編。海外の銀行及び証券会社取引の方法を概観の上、日本人が利用可能な銀行、証券会社を13機関選定し、各々の概要から具体的な口座開設方法、取引方法を図も交えて解説。内容的には「投資術」というより、金融機関選定と取引方法のコンパクトな参考書の域を超えておらず、前著対比やや失望する読者が多いのではなかろうか。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
戦前、日本には「お屋敷町」というのがどこにでもあった。帝国大学を卒業し、功なり名を遂げた人たちが住んだのが「お屋敷町」で、そこは庶民が暮らす場所とは別世界だった。戦前のお屋敷町の元住民だったであろう林望の母親は、戦後林家が一時的に墨田区に借家住まいしたとき、周囲の子供らを「町っこ」と蔑み、自分の子供が周囲の下町の子供たちと遊ぶのを禁じたという。今なら「あいつらと一緒になって遊ぶな。馬鹿がうつる」とでもいうところか。ことほど左様に、日本にはつい最近まで厳然たる階級が存在し、格差が存在したのである。

そのお屋敷町が、ものの見事に日本中から消滅した。なぜか。苛斂誅求なる相続税のせいである。田中角栄の旧邸宅をみよ。相続が払えきれない真紀子夫妻は地所を切り売りし、かつての豪邸は見る影もない。「三代で財産はパー」というのが日本の相続税なのである。こんな厳しい平等主義志向の相続税がある限り、日本では「格差社会」「階級社会」は起こり得ないのである。欧州やアジア、アメリカにある逆立ちしてもかなわないような階級の壁は出来るはずがないのである。みんなドングリの背比べ。これが「超平等国家日本」の現実なのである。

ところが、ところがである。これに抜け道があった。日本で作った財産をそっくり海外に移してしまうという奥の手が。海外には相続税がそもそも存在しない国がある。
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
日本では、電車は時刻どおりに来る。
電気や水道も簡単には止まらない。
郵便も正確に届くし、お金を送れば指定した口座にはいる。
日本にいると気づきませんが、こんな物事が正確に行われる国は他にありません。

資金を海外から回収するとき、日本人の名前は難しいので
LとI,MとN、DとOが間違えられ入金されないなんてよくあること。
口座番号の間違い、ユーロがいつのまにかドルになっている。
なんでこんなに間違いが多いのか。
そんな時は海外の金融機関に電話かメールで照会しなければなりません。
(私は英語が下手なのでとても困りました。)

この本は、金融機関の紹介と手続き等がメインなので通読する意味はなさそうです。
英語で難しい交渉ができる人以外は、海外の金融機関を使わない方が無難です。
それが現実の世界だと思います。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー