通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
黄色い本 (KCデラックス アフタヌーン) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 概ね良好です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

黄色い本 (KCデラックス アフタヌーン) コミック – 2002/2/20

5つ星のうち 4.4 41件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 50

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 黄色い本 (KCデラックス アフタヌーン)
  • +
  • 棒がいっぽん (Mag comics)
  • +
  • 絶対安全剃刀―高野文子作品集
総額: ¥2,996
ポイントの合計: 92pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

商品説明

   寡作ながら時代のはやりすたりに流されない漫画を描き続ける、高野文子の4冊目の短編集。モダンで柔軟な絵柄と、ユーモラスかつ静謐(せいひつ)な描写と、高度で緻密な演出。これらが絶妙なバランスで同居する彼女の漫画の中には、さまざまな驚きと発見が隠されている。

   たとえばロジェ・マルタン・デュ・ガール著『チボー家の人々』を題材にした表題作は、読書の醍醐味そのものを再発見させてくれる。主人公の女学生は、流れていく日々の生活の中で『チボー家の人々』をゆっくりと読破する。極端に言えばただそれだけの物語。しかし、だからこそ『黄色い本』には、本を読む習慣のある人間にとってたまらない感動が詰まっている。いい本に出合い、その世界の中に没入して読みふけり、ある種のせつなさと共に読み終える。この一連の流れの中で抱く読者の複雑な気持ちが、さりげないあの手この手によって見事に再現されてゆく様の、なんとみずみずしく美しいことか。

   ほかに収録されているのは、縁の不思議を絶妙に描く2つの短編と、オリジナルとは視点を切り替えて描かれた冬野さほの短編漫画のカバー。どの内容も、一度読んだだけではとても味わいきれないほど奥が深い。よく理解できない箇所があっても、描写を手がかりに想像を駆使しつつ読み込めば、見えてくるものがある。そして、ああ、そうだったのか!と一度感動したら、また何度もじっくり読み返したくなる好循環。まさに一生ものの1冊。(横山雅啓)

著者について

高野 文子
1957年11月12日生まれ。新潟県新潟市出身。新潟県立新潟江南高等学校衛生看護科、東京都立公衆衛生看護専門学校卒業。1979年、「JUNE」掲載の『絶対安全剃刀』でデビュー。1982年、同作品で第11回日本漫画家協会賞・優秀賞受賞。2003年には、『黄色い本 ジャック・チボーという名の友人』で第7回手塚治虫文化賞・マンガ大賞受賞。


登録情報

  • コミック: 154ページ
  • 出版社: 講談社 (2002/2/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063344886
  • ISBN-13: 978-4063344882
  • 発売日: 2002/2/20
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 41件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 jasmine4 投稿日 2002/5/12
形式: コミック
 寡作ながら、色あせない作品を発表し続ける新潟県出身の高野文子さん。表題作「黄色い本」は新潟弁満載(たぶん、北蒲原郡五泉・安田あたりの言葉だと思います)で、ほかの地方の人が読んでわかるのかな?と思う言い回しもあります。主人公が就職を決意したメリヤスが、実際にこの地方では盛んで、このような細かいディテールに毎度ながら感心させられます。
 どこかの書評に「主人公は家に居場所がなく、読書に逃避し就職を決意」と書いてあったのですが、読んでみると、主人公がジャック・チボーに寄せる思いは思春期特有の甘い疎外感で、けして現代の家庭のような親子の断絶ではない。むしろ主人公の父は、娘とその愛書「チボー家の人々」を暖かく、そしてシャイな新潟県人らしく無骨に受け入れてます。主人公の心の動きはまさに「親離れ」しようとする思春期の少女の発達段階を示していると言えるのではないでしょうか。「黄色い本」は、題材となった「チボー家の人々」と同様、ながく読み継がれていく作品だと思います。
1 コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 「黄色い本」は周囲の友人が就職や進学に頭を悩ます中、そうしたことにほとんど関心を持たずに延々と読書を続ける少女の姿を描いた作品です。
 主人公、田家実地子は『チボー家の人々』という、かなり量の多い本を黙々と読んでいくうちに文字通り「飲みこまれ」、作中の人物に囲まれて発言する風景を夢想し、時には物語の主役ジャックとの会話すらも行います。彼女を取り巻く現実の状況は移り変わっていきますが、それ以上に『チボー家』で変化し行く情勢のほうが彼女にとっては重く感じられるのです。
 結末が近づいていく中で『チボー家』との日々はついに終盤にかかり、実地子はジャックのことを長年連れ添った友人であるかのように回想します。
 「ジャック 家出をしたあなたがマルセイユの街を泣きそうになりながら歩いていたとき わたしがそのすぐ後を歩いていたのを知っていましたか?」
 孤独の身で誰にも会うことなく歩いていたジャックの姿を知っているのは、『チボー家』の読者だけです。そして映画などと違い、一人で能動的に読み続けることを前提とする本は、読む者にごく個人的な体験を植えつけます。こうした「登場人物をずっと知っているのは読んでいた自分だけ」という感覚は、本にのめり込む愉しみを知っているには必ずや共感していただけるかと思います。ネタ晴らしになるので深くは書きませんが、私は最後の場面(
...続きを読む ›
コメント 73人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Mlle C 投稿日 2006/12/17
形式: コミック
漫画を読んで、こんなに鳥肌が立ったのは、震え上がったのは初めてです。

バイトの休憩中に『黄色い本』を読んで、その後なかなか仕事に集中できなかったのを覚えています。

本を読むってこういうことだ

そう教えてくれました。

実地子がジャックに対して抱いていた思いを、私は実地子に対して抱いてしまいました。

実地子の台詞で『革命ができません』ていうのがあるんですけど、私もまさにそんな気持ちで、本を読むことで革命を起こしたような気になることもしばしば。

でも実地子のいいところは、本に現実逃避していないところ。かな。

一方で私は、完全に現実逃避に本を『使っちゃって』いるので…

数え切れないほど読み返しましたが、何度読んでもいいんです。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/4/5
形式: コミック
1度読んで、ふーんこんなもんかって思ってはいけない。
2度3度4度5度、読めば読むほど、ディテールの鮮やかさが浮かびあがる。まさに逸品。
漫画なんてどうせと思っている人―ぜひ読みなさい。
頭がぼーっとするまで読書続けたことがある人―ぜひ読みなさい。
青年時に持った社会に対する理想主義を未だ忘れられない人―ぜひ読みなさい。
ここには僕らの愛する世界があります。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
読書の喜び、物語の中の登場人物たちと過ごすかけがえのない至福の時間を
描いた表題作の、これ、なんて素晴らしい作品なんだろう。どれどれ、
そこそこ楽しませてくれるかな…くらいの気持ちで読み始めました。
そうしたら、主人公の実地子(みちこ)が本を読む姿に、話の登場人物たち
と言葉を交わしたりする姿にどんどん共感を覚えていって、読み終えて、
これは凄い作品だああああと感動してました。胸の中がじんじんしびれて、
あふれてくるものがあって、目頭が熱くなりました。
表題作「黄色い本――ジャック・チボーという名の友人――」。
就職を控えた田家(たい)実地子が、学校の図書室から借りた
『チボー家の人々』(山内義雄訳 白水社)全5巻の物語を読み、
浸る姿が描かれています。学校に向かうバスの中で、家でする
手伝いの合間に、寝る前の灯りの下で、実地子はひたすら
黄色い本を読んでいくんですね。登場人物たちが語る言葉に
耳を傾け、話の中に入って共に呼吸するようにして読んでいく。
そのかけがえのないひととき、読書する喜びが生き生きと
描き出されているところが素晴らしかった。
「学生時代、そう言えばこんなふうに本にのめり込むようにして
読んでい
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック