中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装またはエアクッション包装でお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

黄昏色の詠使いIX ソフィア、詠と絆と涙を抱いて (富士見ファンタジア文庫) 文庫 – 2009/3/19

5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ミクヴァ鱗片をめぐる闘いは続いていた。鱗片を懸けて、ファウマと対峙するカインツ。一方、ネイトはクルーエルを守ろうと、シャオと向き合うのだが!? 大切な人と一緒にいたいと願う、詠う召喚ファンタジー

内容(「BOOK」データベースより)

「クルーエルがいなくなった時、あなたは一人で何ができる?」夜の競闘宮でシャオから問いかけられ、ネイトは立ちつくす。凱旋都市エンジュの永い夜は続いていた。“名詠式が存在する理想の世界”を目指し、繰り返されるミクヴァ鱗片を巡る戦い。鱗片の行方によって“残酷な純粋知性”―クルーエルの運命が、決まる。彼女が、世界から消えてしまうかもしれない―その事実を突きつけられ、ネイトは自分の中の想いを自覚する。「何にかえても、クルーエルさんを守る。だって彼女は僕の―」大切な人を見つけて、少年は決意を抱く。“君のもとへ続く詠。それを探す”召喚ファンタジー、物語はついに“世界”の核心へ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 327ページ
  • 出版社: 富士見書房 (2009/3/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4829133813
  • ISBN-13: 978-4829133811
  • 発売日: 2009/3/19
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 765,604位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
黄昏色の詠使いの9巻です。

黄昏色の詠使いという物語を象徴する、透きとおった切なさと愛しさにあふれた巻でした。
この巻では特にネイトの成長に心打たれます。母から学んだ名詠式とは別の、自分だけの名詠式とはいったい何色の詠なのか。次巻への歩みを予感させつつ、9巻最大のテーマでもあったと思います。
そんなネイトの、第二楽章のラストシーンでもあるクルーエルとの「迎えの約束」、そしてアマリリスとの別れは、私にとって黄昏における最も印象的なシーンとなりました。

またカインツとファウマの「詠えない名詠士」にまつわるエピソード、第一楽章の敵であるあの「敗者」の再登場など、物語を支えるキャラクター達の大事な場面がぎゅっと詰まったお話でもありました。

後書きによると、次の10巻が最終楽章にして最後の物語であるとのこと。
ネイトとクルーエルが最後にどんな結末を迎えるのか。二人が幸せな未来を描けるエンディングであることを信じ、最後まで見届けたいと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
次でいよいよ完結とあって、物語も大詰め…な雰囲気はびしばしなのですが、
今回の見せ場はファウマとカインツがさらってしまったのか、
ネイトとクルーエルの見せ場はかなり控え目。
内面葛藤も重要なシーンではあるんですが、「詠う」場面が欲しかったなと。

本筋のネイトとクルーエルもさることながら、
黄の特異点と灰色名詠の師弟、エイダとアルヴィル、シャオと真精などなど、
物語をどう完結させてくれるのか、次に期待です。というところで☆3つ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 後野まつり VINE メンバー 投稿日 2010/5/4
形式: 文庫
第2章が終わりました。まさに一気に駆け抜けた感じがします。登場人物が絞り込まれており情景描写がリアルに伝わってきました。前巻と同じように多場面の同時進行でしたが、それぞれのキャラクタの特性を生かした場面展開となっているので読み応えがありました。ボスを倒したら大ボスがみたいな安易な展開ではなく、かといってアフターストーリーでもない第3章へと繋がっていくのは主人公を応援して切ない思いをしている読者としては楽しみな限りです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 ファウマやエイダのエピソードなど、名詠の秘密に関する問題から少し外れた部分の描写が多く、実はクルーエルとネイトに関するお話の進みはゆっくり。この巻だけ見ると、まるでエイダが主役のような印象も受ける。
 破壊を回避するための緊急避難的決断を下したクルーエルと、それに対するネイトの行動は、次巻に持ち越された。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
第二楽章のラストです。
何を書いてもネタバレになりそうなので内容には詳しく触れないように書きます。
全巻ではファウマ対ネシリスなどバトルのウェイトが大きかったのですが、今回も序盤はバトルです。
一段落ついてから、一気にラストに向け動いたといった感じでしょうか。

とうとう次でラストになります。
「黄昏色の詠使い ] 夜明け色の詠使い」を楽しみに待つとしましょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告