通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
黄昏乙女×アムネジア(4) (ガンガンコミックスJ... がカートに入りました
+ ¥ 0 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【中古】当日から翌日発送の年中無休スピード出荷。マケプレお急ぎ便がご利用頂けます。※一部の商品、地域へはご利用頂けません。商品により追跡番号なしのユウメールもしくは宅配便等で発送致します。代引・コンビニ決済対応。オンラインにて併売しており在庫は随時更新していますが稀に在庫切れの場合がありますので予めご了承下さい。その際のキャンセルのご連絡もすぐにさせて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
5点すべてのイメージを見る

黄昏乙女×アムネジア(4) (ガンガンコミックスJOKER) コミック – 2011/1/22

5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 617
¥ 617 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 黄昏乙女×アムネジア(4) (ガンガンコミックスJOKER)
  • +
  • 黄昏乙女×アムネジア(5) (ガンガンコミックスJOKER)
  • +
  • 黄昏乙女×アムネジア 3 (ガンガンコミックスJOKER)
総額: ¥1,851
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「まとめ買い・セット本」
マンガ・絵本・小説・文庫セットなど、新品・中古本をまとめ買いできる。最大10%ポイント還元も。 まとめ買い・セット本

登録情報

  • コミック: 202ページ
  • 出版社: スクウェア・エニックス (2011/1/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4757531281
  • ISBN-13: 978-4757531284
  • 発売日: 2011/1/22
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
前巻で徐々に存在感を増していっていた「影夕子さん」
その正体が明らかになっていきます。
具体的なことはネタバレになってしまうので避けますが
前半の怪談の夕子さんに不の感情を全て押し付けて
自分は綺麗でいようとする人間の話から
影夕子の正体へと繋がっていきます。
全体的に今までよりもシリアスな展開ですが
この物語のターニングポイントになる巻でしょう。

あまりにもこの4巻は話が良くまとまっていたので読み終えて最終巻かと
心配してしまいましたが巻末にちゃんと5巻予告ページがありほっとしました。
今後も長く続いてほしい作品の一つです。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
恐ろしい表情の幽霊が実は自分の過去の記憶そのもの、“影夕子”だと察知した夕子さんは、過去の謎解きを自分でしようと奔走します。
そのころ、ある生徒達が三角関係のもつれを解いて仲直りする時に、自分のした悪いことを全て幽霊の夕子さんのせいだと押し付けてしまうのを見た貞一が、それは卑怯だとなじったことで、夕子さんは自分も過去に同様な「押し付け」をしたと推定します。それを貞一に感づかれ、嫌われるのではないかと、一気に不安定になった夕子さんは、貞一を攻撃してしまう。一旦距離を置いた貞一ですが、夕子さんが貞一との記憶を封印して忘れてしまったことを知って、・・・。まさに健忘、アムネジアです。
夕子さんの抱えるブラックな面が初めて見え、貞一との仲良し関係に陰がさしますが、逆にそれによって貞一は夕子さんへの強い想いを自覚します。
怪談で、ラブコメで、さらに心理劇に展開したストーリー。面白くなってきました。見逃せない第4巻ということで★5つ。
まだまだ子どもの貞一の背中を押し、夕子さんのもとに突き飛ばすのが、自分も貞一が好きな霧江なのが可哀想です。夕子さんがセクシーで奔放で魅力的でバラの香りとすれば、霧江は真っ直ぐで誠実で強気で怖がりで可愛らしくミントの香りかな。霧江ファンも増えそうです。
余裕の無い様子とか、夕子さんの表情がますます豊かに表現され、絵の確かさにも舌を巻きます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
影がはっきりと姿を見せた3巻程の衝撃は少ないですが、
この巻で夕子がどういう存在なのか明らかになっていきます。
めいびい先生の絵は独特ですが描く女の子が色っぽくそれでいて可愛いです。
怖いけど美少女…上手く言えませんが、相当技術スキル高いですね。
めいびい先生の作品はこれ以外に拝見した事がないので、満開乙女の購入を考えてます。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック