この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

麻雀放浪記 [DVD]

5つ星のうち 4.8 57件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:4¥ 8,535より 中古品の出品:1¥ 3,281より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオ麻雀放浪記¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。



登録情報

  • 出演: 真田広之, 大竹しのぶ, 鹿賀丈史, 高品格
  • 監督: 和田誠
  • 形式: Black & White, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 角川ヘラルド映画
  • 発売日 2006/10/20
  • 時間: 109 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 57件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000IU3A3G
  • JAN: 4988111282873
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 162,670位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

真田広之主演、阿佐田哲也原作の映画が低価格で登場。敗戦直後の上野を舞台に、麻雀師たちとの勝負を通し人生を学んでいく少年の姿を描く。"[期間限定特価]日本映画 今だけ 30%OFF"。

内容(「Oricon」データベースより)

日本映画選りすぐりのベストセラー作品が廉価版で登場!終戦直後、上野の通称“チンチロ部落”を舞台に、17歳の少年・哲也が雀ゴロ“坊や哲”の異名をとるまでの物語。真田広之、大竹しのぶ、鹿賀丈史、高品格ほか出演。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
戦後日本の博打打ちという裏の側面を描いた作品。
余計なBGMなどつけず、雰囲気がとてもいいです。
冒頭から、ボロ家で百姓達が集まってチンチロリンやって日銭で一喜一憂する光景に心打たれました。
主人公のキャラが弱いですが、その分博打という裏世界でも感情移入しやすく、
また周りの登場人物が惹き立っているのが印象的です。

私自身、雀荘には数えられる程度には赴いたことがあるのですが、
現代の雀荘にも、当時の風習が若干受け継がれてる面も
あるんだなと感じられただけでも嬉しかったです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
子供の頃、真田広之のファンのおかんが観てた映画。
子供心に白黒だし、なんか意味がわかんなかった記憶。
当時のおかんくらいの年齢に自分がなって改めて観てみると実に味わい深い。
こんな映画だったんだなぁ。

今ならいろんな団体から訴えられそうなシーンも多々。

名古屋章さん、ウンナンやるやらのマモーミモーとかダチョウのリーダーのモノマネとか。
天本英世さん、平成教育委員会の名パネラー。真田さんとは怪盗ルビーでも共演してましたよね。
ただただ懐かしい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
30年ぶりに見たがやはり高品格演じる出目徳の圧倒的存在感が異彩を放つ。
この作品で助演男優賞を総なめにし、高品格の代表作となった。
ラストの高品格の打ち捨てられるシーンは子供ながらに衝撃を受けずっと記憶にこびりついていた。
(何故か私の記憶では雨のシーンだと思っていたが雨は降っていなかった。)
外道、極道、入り乱れる世界であるにもかかわらず
博徒ならではの律儀さが興味深い。
博徒には博徒の掟があり、それを破ればその世界では生きてはいけないということか。
一見登場する女に厳しい世界のようでありながらも、女に対しての救いが絶妙の匙加減で描かれている妙技。
真田の一人だけずれた演技が奇妙なことに見ている私たちに一番の親近感をもたせる怪我の功名が素晴らしい。
もしかしてワザと下手な演技をしていたのであれば恐るべし真田であるのだが・・・
細やかな小道具の演出からもいろいろな背景が読み取れる。
白いマフラー、ヒロポン、酒に足される謎の液体・・・・戦後昭和感満載である。

誰も異議の唱えようのない、日本映画史に残る麻雀映画の金字塔です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
この映画に限っていえばひたすらに描くのは「弱肉強食」です。

戦後という、日本が強者に食われた弱者である(あくまで文脈的な話です)という設定からまず登場人物は全て弱者です。
最初に出会うのは片腕で金もないおっさん。(しかも傷痍軍人ってわけでもない)
最初の賭場ではすぐに見破られる程度のインチキをしているオカマという圧倒的弱者。
これを打ち倒すことでサクセスストーリー……とはいかず、主人公もまた、経験の少ない賭博者というカモにされ
その後も進駐軍と日本人、男と女、女と男……さまざまな場面でひたすら弱者をフォーカスし、印象づけてきます。
主人公は世渡りはなんとか出来るものの、一つも強者の階段は上がれないままストーリーは進行します。

そして後半、最初に主人公をカモにした男・ドサ健が一財産築いているということで挑戦するところで
もう一つの主題が立ち上がります。それが博打打ちのプライドです。
博打打ちのプライドはそのまま、最初に描いた主題と重なり、「弱者のプライド」につながります。
ここからは群像劇です。全てが「弱者」まみれの中で、そしてそれをお互いわかりあっている中で、何故勝つものと負けるものがいるのか
一人は言います、「一度転げ落ちたら這い上がるのに何年もか
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
 登場人物は全て非道なギャンブラーばかりなのにロマンチックな白黒映像によって、なんともコミカルでかわいらしい人たちに見えてしまう映像マジック。白黒画面って見にくくてデメリットが大きいですけど、最初から引き込まれてしまう見事な映像ですね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す