¥ 3,800 + ¥ 350 関東への配送料
残り1点 ご注文はお早めに 販売元: くじら亭

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

麻雀放浪記 [DVD]

5つ星のうち 4.8 43件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 3,800
OFF: ¥ 1,276 (25%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、くじら亭 が販売、発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。
新品の出品:2¥ 3,800より 中古品の出品:10¥ 1,870より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオ麻雀放浪記¥ 0で観る

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 麻雀放浪記 [DVD]
  • +
  • 麻雀放浪記〈1〉青春篇 (文春文庫)
総額: ¥4,524
ポイントの合計: 23pt (1%)
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 真田広之, 大竹しのぶ, 鹿賀丈史, 名古屋章
  • 監督: 和田誠
  • 形式: Black & White, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パイオニアLDC
  • 発売日 2001/04/25
  • 時間: 109 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 43件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005HXX6
  • EAN: 4997766600352
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 88,653位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   敗戦直後の東京を舞台に、ギャンブラーの世界に憧れを抱く哲ら若者たち。彼らのさまよう姿を描いた、阿佐田哲也の同名小説が原作である。人気イラストレーターであり、大の映画マニアとしても知られる和田誠が初監督した、日本にはめずらしいギャンブル映画の秀作だ。
   時代の雰囲気を巧みに醸しだすモノクロ画面、オープニングの『東京の花売り娘』以外、音楽を廃した清閑さ、そしてなによりも1カット1カット、こと細かく丹念につづられていく真摯な演出は、各方面で絶賛された。それまでアクションスターとして活躍していた主演の真田広之にとって、転機になった作品でもある。また、主人公の先輩である出目徳を好演した高品格は、その年の助演男優賞を独占した。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

阿佐田哲也原作のベストセラーをもとに、終戦直後の東京を舞台にギャンブラーの世界に生きる少年の姿を描いた作品。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
大傑作というより『中』傑作だと思う。
そしてそれは恐らく、この映画を大仰な作りにしたくはないという和田誠さんのコンセプトだったのではないか。
その粋が、随所にセンスを光らせている。

真田広之の舌足らずな喋り方や、大竹しのぶのかまととな演技に失笑を覚える向きはあるだろう。
だが居並ぶ俳優陣のいぶし銀の切れ味が脚本の良さに加味して冴える。
高品格や加賀丈史が良いのはもちろんだが、何と言っても女衒(ぜげん)役の加藤健一が秀逸だ。
鼻の形やきりりとした眉、抑えた芝居のかっこ良さ。
個人的には一番感服した。

そして、邦画ではもう体験しにくい鬼気迫る臨場感にも触れることが出来る。
(↓以下3行は具体的な描写になるかもしれないので、ご鑑賞前の方ご注意を)
小料理屋でのドサ健の無茶苦茶な啖呵、その際大竹しのぶが目に宿す一瞬の狂気。
或いは預かった『品物』に対する女衒の所作…。
自転車をこぐとき、軽く頭を上下させるドサ健の姿にも何故か安堵を覚えた。

この作品は大黒澤の娯楽主義をも連想させる、つまりは世界レベルに照らしても間違いなく『傑作!』の部類に入る、痛快博打活劇だと記しておきたい。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
戦後日本の博打打ちという裏の側面を描いた作品。
余計なBGMなどつけず、雰囲気がとてもいいです。
冒頭から、ボロ家で百姓達が集まってチンチロリンやって日銭で一喜一憂する光景に心打たれました。
主人公のキャラが弱いですが、その分博打という裏世界でも感情移入しやすく、
また周りの登場人物が惹き立っているのが印象的です。

私自身、雀荘には数えられる程度には赴いたことがあるのですが、
現代の雀荘にも、当時の風習が若干受け継がれてる面も
あるんだなと感じられただけでも嬉しかったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
本映画も大変すばらしい(他の人のレビューを参考のこと)のですが、
他の人に上手く語られてしまって、言うことがありません。
しかし、映像特典はすばらしいです。撮影日記では、監督・イラストレーターの和田誠さんの撮影日記を細かく紹介していますし、
撮影風景もスナップ的に取っています(その中には、故、阿佐田哲也氏もいます)。
また、当時のパンフレットの紹介もあり、その中の活字が読め、映画の雰囲気を盛りたてます。
DVD「麻雀放浪記」を見た後、映像特典も必ずごらんになることをおすすめします。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
素晴らしい作品。
ただただ、そういわざるを得ません。

登場人物は、現代の日本においては、全人格を否定されてもおかしくない人ばかり。
女衒に博打打、登場人物は全てそう。

しかし、戦後の日本には確実に存在したであろう、この人々を、
真摯に描いたこの作品は、華美な演出もなく淡々と人間模様と博打(麻雀)を交互に見せることによって、
博打ですら人生の一部であるかのように、思い入れ深く描いています。

高品格さんの演技もですが、卓を囲む4人のなんともいえない雰囲気。
最初は積むことすらままならなかった哲が、最後の勝負では出目徳さえも欺いてしまう。

そしていまや語り草の「九連宝燈」。

最後の最後まで博打に生きた人々を描いた傑作。
決して誰にでも勧められる作品ではないが、見る人を選ぶ作品かもしれません。
それでも素晴らしい映画であることに変わりはない。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
タイトルどおり「博打こそ人生」ですが
「博打」を100%肯定しているのではありません。
自分が言いたいのは
「全てを賭けれるくらい自分自身を常に鍛錬する事の重要さ」です。
そんな人間は美しい、結果はどうあっても。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
焼け跡も痛々しい敗戦直後の東京を舞台に、主人公坊や哲が博打の世界を通して成長していく様を描いた好作品。この作品の魅力は阿佐田哲也の原作の良さは言うまでもないが、出演してる役者達の素晴らしさに尽きる。特に出目徳役の高品格の演技は最高である。モノクロの日本映画ということでウェットで人情的なものを期待すると痛い目に遭うので注意が必要。何しろこの映画に登場する人物は「いい人」がいないのだから。ただ騙しても裏切ってもそれが当たり前の世界で本人達には罪悪感が無くカラッとしているので何だか憎めない。「死んだ奴は負けだ」というドサ健の言う通り、自殺者が3万人を越える今だからこそ見るべき、日本人がギラギラしていた時代の生の賛歌。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック