通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
麻雀放浪記〈1〉青春篇 (文春文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

麻雀放浪記〈1〉青春篇 (文春文庫) 文庫 – 2007/10/1

5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 724
¥ 724 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 麻雀放浪記〈1〉青春篇 (文春文庫)
  • +
  • 麻雀放浪記〈2〉風雲篇 (文春文庫)
  • +
  • 麻雀放浪記〈3〉激闘篇 (文春文庫)
総額: ¥2,215
ポイントの合計: 70pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

終戦直後、焼け野原の上野のドヤ街で「ドサ健」と出会い、一気に博打にのめりこんだ主人公の「坊や哲」。チンチロリンや麻雀の技、いかさまの腕を磨いた哲が「出目徳」や「女衒の達」「上州虎」ら仕事師と渡り合い、生き残りをかけて激闘する阿佐田哲也のピカレスクロマンの最高傑作。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

阿佐田/哲也
本名・色川武大、昭和4(1929)年、東京に生まれる。東京市立第三中学校中退。36年に「黒い布」で中央公論新人賞、52年に「怪しい来客簿」で泉鏡花文学賞、53年に「離婚」で直木賞、57年に「百」で川端康成文学賞、平成元年に「狂人日記」で読売文学賞をそれぞれ受賞。阿佐田哲也の筆名でも「麻雀放浪記」など著書多数。平成元年4月死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 369ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2007/10/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167323044
  • ISBN-13: 978-4167323042
  • 発売日: 2007/10/1
  • 梱包サイズ: 15.2 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 165,304位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
6
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(6)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
久々に人間ドラマを読みました。とりあえず読んどきたい一冊です
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
筆者は色川武大名義による「離婚」で直木賞を受賞しています。もちろんそちらも文学賞にふさわしい傑作に違いないのですが、戦後大衆文学史にひときわ異彩を放つ本書(1~4巻ひっくるめて)がより直木賞にふさわしいと私は思います。私が初めて読んだのは、オヤジの本棚に置いてあった双葉新書ですが、大人たちがする麻雀に興味を覚えかけたガキにとって本書はまさしくバイブルと化したのです。
もっとも、本書の真の凄みに気づかされるのは、数十年を経て再度読み返してみたときでした。
牌図だけを目で追っていた子どもには、阿佐田文学はまだまだ十年早かったというわけです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 サイコロ賭博のチンチロリンを皮切りに、博打という切り口で人生を語った最高傑作のひとつです。角川文庫で若い頃何度も何度も読みました。今回文春文庫で出版されたので懐かしくて買いました。やはり最高です。ドサ健、出目徳と決着を付けるシーンは人間の存続をかけたギリギリの姿勢が伝わってきます。博打の技術というものは「ツキ」や「運」を呼び込む技術だという事が豊富な例で語られます。

 底本は1992年に福武書店から刊行された「色川武大 阿佐田哲也全集」に拠るという事ですが、違いは感じませんでした。解説は、将棋界の先崎学氏です。先崎氏は「私のまわりの人間は・・・必ず読んでいた」と言い切ります。やはり勝負の世界という事で本物同士、相通じるところがあるのかも知れません。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告